「4列シートは眠れない」は間違いだった! カーテン&フード付き高速バス「VIPライナー」横浜→名古屋4列楽のびシート乗車 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

「4列シートは眠れない」は間違いだった! カーテン&フード付き高速バス「VIPライナー」横浜→名古屋4列楽のびシート乗車

高速バス「VIPライナー」の4列楽のびシートで、横浜→名古屋へ行ってきました。4列シートは疲れるだろうな…と覚悟していましたが、VIPライナーは快適サービスが満載でした! 車内設備やシートの乗り心地について紹介します。

ざっくり、こんな移動

  • 隣の人が気にならない! 4列シートなのに仕切りカーテン付き
  • 後ろの人に声を掛けるか問題解消! リクライニングが倒しやすい
  • 深夜のSAでも迷子になる心配なし!

横浜→名古屋の高速バス「VIPライナー」の4列楽のびシートに乗車しました。

4列楽のびシートは、普通の4列シートよりも前後の間隔が空いているので、ゆったり座れるシートです。

そしてなんといっても、VIPライナーは車内を快適に過ごせるサービスやグッズが満載!
名古屋まで約6時間半の旅の様子を紹介します。

VIPライナー
VIPライナー


横浜駅東口バスターミナルから出発!

今回は横浜駅を23時40分に出発するバスに乗車します。

東口バスターミナルは、レーンごとに乗り場が分かれている大きなバスターミナル。乗り場がわかるかな…とドキドキだったので早めに家を出ましたが、すんなり見つかり20分前には到着。

Bレーンから発車!
Bレーンから発車!
YCATの待合室
YCATの待合室

外の乗り場は寒い寒い…。
時間に余裕がある人は、近くにあるYCATの待合室で待っていた方が良さそうです。

これで迷わない! 横浜駅東口バスターミナル&YCAT(横浜シティ・エア・ターミナル)行き方ガイド! バス乗り場まで簡単アクセス


しばらく待っていると、5分前に受付が開始しました。運転手さんに名前を言うと、座席番号が伝えられます。

10番乗り場に到着!
10番乗り場に到着!
ハイビスカス? お花が描かれた外観
ハイビスカス? お花が描かれた外観


予想外? 嬉しい車内装備が満載で4列シートでも快適乗車

4列シートは疲れるだろうな…名古屋まで頑張るか! と気合を入れて乗車です。

しかし、車内に入ると、4列シートでは初めて見ましたが仕切りカーテンがあるではありませんか!
しかも通路側の席はフード付き!

車内
車内
隣の席とカーテンで仕切れます
隣の席とカーテンで仕切れます


カーテンやフードがあると周りの目が遮れられ、ある程度プライベート空間を確保できますよね。

そのほか、座席には腰あてとブランケット、窓側の席にはハンガーもありました。

腰あてとブランケットが座席の上に
腰あてとブランケットが座席の上に

また、ブランケットを2枚使いたい人のために、荷物棚にはもう1枚予備が置かれています。
冬場はコートを掛けて眠る人が多いためか、利用している人はいませんでしたが冷え性女子には嬉しいですね。

予備のブランケットは荷物棚に
予備のブランケットは荷物棚に

座席にコンセントはありませんが、フリーWi-Fiは利用可能。
「HEISEI_Free_Wi-Fi」を選択し、画面通りに進むとパスワードなしで接続できます。

フリーWi-Fiはパスワードなし
フリーWi-Fiはパスワードなし


車内アナウンスに感動! 小心者でも気兼ねなくリクライニングを使える

バスは、定刻通り発車。すぐに、車内の前方と中間にモニターが現れ、注意点などが流れます。

前方のモニター
前方のモニター

そして映像の中では、こんな一言も。

「消灯後は、リクライニングをフルに倒しておくつろぎください。」

ありがとうございます! この一言を待っていました!
後ろの人に声をかけなければ…という若干プレッシャーを感じる「リクライニング問題」が見事に解消されます。


その後、運転手さんも同じ内容をアナウンスしてくれました。

横浜駅を走り出してから30分後に消灯されましたが、乗客が一斉にシートを倒しているのがわかりました。
ここは、遠慮なく倒しましょう。


サービスエリアでの休憩は2回 迷子防止のカードがうれしい

1回目の休憩は1時頃。足柄サービスエリアでした。

足柄サービスエリア
足柄サービスエリア

深夜のサービスエリアは周りが暗く、自分が乗っていたバスがわからなくなることもありますよね?

VIPライナーでは迷子防止のため、車両の外観とナンバープレートの番号が書かれたホルダーが配布されます。これがあれば迷子になっても、半泣きになることはありません! 各自に渡される車両情報を頼りにバスを探しましょう。

迷子防止! 車内情報が入ったホルダーを配布
迷子防止! 車内情報が入ったホルダーを配布

このホルダーは、座席の網棚に入っています。


そして2回目の休憩は、3時頃に浜松サービスエリアであったようですが…、ぐっすり眠っていたため気が付かず。

アメニティに腰あてが用意された高速バスには初めて乗りましたが、こんなにラクなんですね!
長時間の乗車でも、体が痛くなることはありませんでした。

一方、少し気になったのは、お隣の通路側席に付いていたフードが上げ下げされる際に、カーテンが揺れること。

通路側にはフードあり
通路側にはフードあり

まあ、このくらいは狭い車内なので仕方ない! 全然我慢できる範囲です。


定刻6:10に名古屋VIPラウンジに到着! 化粧品などが無料で利用可

そしてバスは、横浜駅を出発して約6時間半後、6:10に名古屋VIPラウンジに到着!

降車前に運転手さんが、名古屋駅と名古屋VIPラウンジのビルへの行き方を丁寧に教えてくれました。

名古屋VIPラウンジ.JPG
名古屋VIPラウンジ

VIPライナーの利用者は、名古屋VIPラウンジのお化粧品などが無料で利用できます。
早朝ゆっくり身支度をすませて、観光へと出発です!


VIPライナー4列楽のびシートは、車内を快適に過ごすためのサービスやグッズが満載でした。

足元もゆったりで、通常の4列よりも楽ちん。安い高速バスに乗りたいけど、夜はちゃんと眠りたいという人におすすめです!


※本記事は、2018/01/02に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 5月 6月
    東京 → 愛知
    --- 2,000円
    神奈川 → 愛知
    --- 2,100円
    2,200円 1,400円
    870円 870円
    2,200円 1,400円
    700円 700円
    9,000円 6,900円
    福島 → 愛知
    --- ---
    栃木 → 愛知
    --- ---
    群馬 → 愛知
    --- 10,000円
    千葉 → 愛知
    --- 2,100円
    埼玉 → 愛知
    --- 2,200円
    静岡 → 愛知
    --- 4,740円
    1,200円 1,200円
    山梨 → 愛知
    --- 4,750円
    新潟 → 愛知
    --- 5,000円
    4,000円 2,790円
    3,300円 3,300円
    4,000円 3,000円
    2,600円 1,400円
    1,260円 1,260円
    2,000円 2,000円
    4,200円 4,200円
    奈良 → 愛知
    --- ---
    岡山 → 愛知
    --- 6,900円
    広島 → 愛知
    --- 5,890円
    香川 → 愛知
    --- 4,100円
    徳島 → 愛知
    --- 4,100円
    愛媛 → 愛知
    --- 4,100円
    高知 → 愛知
    --- 4,100円
    福岡 → 愛知
    --- 7,650円
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/18~5/24のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ