最新バス車両に、ハイテクシートや大型バス洗車機…etc. 最新技術が盛りだくさんの「第3回 バステクin首都圏」レポート! | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

トピックス

最新バス車両に、ハイテクシートや大型バス洗車機…etc. 最新技術が盛りだくさんの「第3回 バステクin首都圏」レポート!

「BIG WASHERⅢ」が移動しながら車体を洗浄

「BIG WASHERⅢ」が移動しながら車体を洗浄

16 / 19

< >
会場は幕張メッセの屋外展示場
一堂に集まった各社の最新車種
展示ブースの様子
プレミアム感のある本革シート
シートベルト未装着の状態だとグリップのLEDは点灯
シートベルトが装着されると消える
業界関係者もシミュレータに興味津々
タッチパネルで状況を詳細に操作できる
クレカをスライドするだけで決済可能
エンジンルームの火災状況を会場に再現
燃え上がる炎は500°Cを超える
消化剤をかけてわずか10秒足らずで鎮火
高さ3メートル以上の大型バスも包み込んでしまう「BIG WASHERⅢ」
「BIG WASHERⅢ」の操作パネル
ここから「アラッシュ」が発生
「BIG WASHERⅢ」が移動しながら車体を洗浄
バンパーなどを高圧洗浄する固定式下部洗浄システム
青空を映しこむほどピカピカの状態に!?
会場ではぽると出版の本も販売されていた

この写真の記事を読む

※本記事は、2017/11/14に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

この記事を書いたライター

鈴木翔

編集者兼ライター 30代 / 男性

面白いことが大好きな編集者兼ライター。仕事やプライベートで世界各地を旅しているのでバスは常に欠かせない交通手段。これまで最高だったバス旅は、ペルーのチチカカ湖周辺からボリビアのラパスまでの「インカの聖地ルート」。最悪だったのはラオス北部の村から世界遺産のルアンパパーンまでの「12時間耐久・山岳酷道ルート」。最近、中野区から勝どきに引っ越して、なんちゃってセレブ生活を満喫中。

このライターの記事一覧
このライターの最新記事

最安値価格情報(高速バス片道)

区間 5月 6月
4,500円 2,300円
5,400円 2,300円
2,960円 2,100円
3,000円 2,200円
東京 → 新潟
--- 2,600円
4,000円 2,900円
5,500円 4,500円
東京 → 福岡
--- 9,100円
4,500円 2,300円
4,450円 3,800円
4,500円 2,300円
2,960円 2,100円
3,500円 2,300円
新潟 → 東京
--- 2,600円
4,000円 3,000円
7,000円 4,500円
福岡 → 東京
--- 9,100円
5,980円 3,800円
その他の路線を見る

週間ランキング5/18~5/24のアクセス数ランキング

さらに表示

最新記事

人気の記事まとめ

主要バスターミナル周辺ガイド

さらに表示

個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

さらに表示

最新情報をSNSでチェック!

バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

ページトップへ