日本一長い距離を走る豪華高速バス! 西鉄バスの「はかた号」ビジネスシートで東京から博多へ | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by 夜行バス比較なび

乗車体験記

日本一長い距離を走る豪華高速バス! 西鉄バスの「はかた号」ビジネスシートで東京から博多へ

北海道〜沖縄 日本縦断のバス旅第3弾!「キング・オブ・深夜バス」と呼ばれる「はかた号」に乗って、東京から博多まで約14時間、約1,100キロを走り抜けます。ビジネスシートの車内装備の充実度や乗り心地など、詳しくレポート!

西鉄バス「はかた号」のチケット購入はWEB早割がお得! 4,500円も割引に

「キング・オブ・深夜バス」と呼ばれる高速バスをご存知でしょうか。

東京は新宿から福岡は博多まで約14時間、距離にしてなんと約1,100キロ。
高速バスとして日本一長い距離を運行するのが、今回乗車する西鉄バスの「はかた号」です。

チケット購入は、西鉄バスの窓口かWEB、電話による完全予約制です。

値段は時期によって違い、ビジネスシートは12,000~15,000円。
おすすめは「WEB早割」を利用することです。

販売座席数は限られていますが、30日前までに予約すれば3,000円割引、45日前までに予約すればなんと4,500円も割引になります。


今回、乗車した西鉄バスの「はかた号」
今回、乗車した西鉄バスの「はかた号」

1日約2万人が利用するバスタ新宿! ロッカーを使用する場合、どこが狙い目?

まずは、今回の出発バスターミナルである「バスタ新宿」の場所を確認しておきましょう。
JR新宿南口から甲州街道側に出ると、道路を挟んで正面に建っています。

JRで新宿に到着した場合はJR新宿新南口の改札を出ると、至る所に「高速バス・空港バス 4F」と書かれたインフォメーションがあるので、迷うことはないでしょう。

2階からバスタ新宿の出発ターミナルのある4階まで直結エスカレーターがあるのも便利です。

甲州街道沿いに建つバスタ新宿
甲州街道沿いに建つバスタ新宿
甲州街道の横断歩道を渡ると右斜め前にバスタ専用のエスカレーターがあります。
甲州街道の横断歩道を渡ると右斜め前にバスタ専用のエスカレーターがあります。
JR新宿新南口から出る場合、2階から4階まで直結のエスカレーターが便利です。
JR新宿新南口から出る場合、2階から4階まで直結のエスカレーターが便利です。
広い待合室。旅立つ人の様子を見ながら過ごす時間も好きです
広い待合室。旅立つ人の様子を見ながら過ごす時間も好きです

以前に友人が、「バスタ新宿のロッカーに荷物を預けて散策しようと思ったのに、なかなか空いてなくて……せっかく早く新宿に来たのに。コンビニもすごい行列だし」と嘆いてLINEを送ってきたことがあります。

1日約1,600便が乗り入れ、約2万人以上が利用するマンモスバスターミナルですから仕方がありません。
また、バスタ新宿のコインロッカーは2時間制の料金という点も注意が必要です。


バスタ新宿のフロアにコインロッカーは二ヵ所あるのですが競争率は高い。
バスタ新宿のフロアにコインロッカーは二ヵ所あるのですが競争率は高い。

私はバスタ新宿を利用する際は京王線、もしくは京王新線の新宿駅近辺のコインロッカーを使用しています。
土地勘がないと大変かもしれませんが、インフォメーションを見ながら行けばたどり着くはず。どの入口の近くにも結構な数があります。

それでもいっぱいだったら、コインロッカーによく案内が貼られている、”近くの空きロッカーを探してくれるQRコードのサービス”を利用します。

私は今のところ、これで空いていなかったことはないので、おすすめです。通常のコインロッカーと同じように一日単位なのでお財布にも優しい。

京王新線「新宿駅」改札近くのコインロッカー
京王新線「新宿駅」改札近くのコインロッカー
ロッカーにQRコードの案内が貼られています。
ロッカーにQRコードの案内が貼られています。

コンビニは、たしかにタイミングによっては外まで並んでいることもあります。バスタ新宿がオープンした当初はコンビニがなかったので、できただけでもありがたいんですけどね。

バスタ新宿内のコンビニ
バスタ新宿内のコンビニ

私は、バスタ新宿から200メートル程度離れた西新宿一丁目の交差点近くにあるコンビニ(ファミリーマート)を利用しています。地下街で言うと出口3(西新宿1丁目方面)を出てすぐなので、雨のときも傘いらずです。

雨に濡れずに行くことができます
雨に濡れずに行くことができます

おまけですが、ちょっとした待ち時間を過ごすスポットとして、バスタ新宿の待合室から2階直結エスカレーターを降りたところにあるペンギン広場はおススメです。すぐ近くにバスの乗車案内の電光掲示板もあります。

私のおすすめは、同じビルNEWoMan1階にある全国の特産品のセレクトショップ「AKOMEYA TOKYO」(営業時間11:00~20:00)で、土産や車内用のお菓子を購入。そして、ペンギン広場に隣接したDEAN&DELUCA(営業時間8:00~23:00)でテイクアウトのコーヒーを購入し、お菓子をつまみながらペンギン広場のデッキで過ごすこと。


今回のコーヒーのお供は新潟は越後雪室屋の「雪国ドーナツ」と高知はモンプレジールの「ミレーサンド(いちご風味)」
今回のコーヒーのお供は新潟は越後雪室屋の「雪国ドーナツ」と高知はモンプレジールの「ミレーサンド(いちご風味)」
ペンギン広場のすぐ近くにある乗車案内の電光掲示板。
ペンギン広場のすぐ近くにある乗車案内の電光掲示板。


いよいよ「はかた号」に乗車! ビジネスシートの乗り心地に感激

乗車前の話が長くなりましたが、いよいよ「はかた号」へ乗り込みます。

まずは電光掲示板で、行き先の右端に書かれたエリアと番号を確認。
色分けされ、床面にも案内表示がされるなど、かなり丁寧でわかりやすいです。


インフォメーションや乗り場案内がある4階入り口
インフォメーションや乗り場案内がある4階入り口

5分間隔で全国様々な場所へ出発していきます。
5分間隔で全国様々な場所へ出発していきます。
AエリアからDエリアまでわかれています。
AエリアからDエリアまでわかれています。
エリアによって色分けされているのでわかりやすい。
エリアによって色分けされているのでわかりやすい。
エリアと番号を確認して乗り場へ。
エリアと番号を確認して乗り場へ。


バスは出発5分程前に到着。
バスは出発5分程前に到着。

乗車したのは水曜日。きっと空いているだろうと思いきやまさかの満席。さすがキング、人気があります。

バスに乗り込むと、まず完全個室のプレミアシートが4部屋現れ、その後ろにビジネスシートが並んでいます。

バスに入るとまずプレミアシート。その後ろがビジネスシート。
バスに入るとまずプレミアシート。その後ろがビジネスシート。

高級感、ゆったり度、座り心地に感激したビジネスシート。
高級感、ゆったり度、座り心地に感激したビジネスシート。

高級感、ゆったり感、座り心地の良い豪華シートに感激です。

10年程前、東南アジアを半年ほどかけてバスで旅した際、マレーシアなどで「こんなシートのバスが日本にもあればいいのに」と思ったものですが、「はかた号」のシートは明らかにそれを超えています。日本の高速バスはかなり進化していますね。


ホットアイマスクなどのアメニティ、電源、USBポートなど装備も充実!

さすがはキング・オブ・深夜バス。アメニティやサービスも充実しています。

コンセントだけではなくUSBポートもあり2か所から電源が取れるので、スマホとモバイルバッテリーを同時に充電できるのがありがたい。

肘掛に携帯電話専用コンセント装備。
肘掛に携帯電話専用コンセント装備。
USBポートも装備されているので二つの機器を充電できます。
USBポートも装備されているので二つの機器を充電できます。

また、車内での痴漢などのトラブルに備え、肘掛の下にSOSボタンがある配慮も心強いもの。ただ、間違えて押しちゃう人もいるようなので気をつけないとね。

痴漢など乗務員に緊急を知らせるSOSボタンもあります。
痴漢など乗務員に緊急を知らせるSOSボタンもあります。


使い捨てスリッパ、ホットアイマスク、博多は天神のセントラルウェルネスクラブの割引券、そして毛布とアメニティも充実。
使い捨てスリッパ、ホットアイマスク、博多は天神のセントラルウェルネスクラブの割引券、そして毛布とアメニティも充実。
お茶も配られます。
お茶も配られます。


中央シートにも専用カーテン付き。トイレ休憩ではなく洗顔休憩も!

さて、いよいよ出発。
車内にトイレが付いている深夜バスの場合は、サービスエリアでの休憩がないこともありますが、さすがに14時間の乗車にもなると休憩時間がありました。
出発から約2時間後(約23時)に、静岡サービスエリアにて休憩します。

最初の休憩所「静岡サービスエリア」
最初の休憩所「静岡サービスエリア」

ここで歯ブラシを持って降車。トイレで歯を磨き、寝る準備をします。

その間に車内では乗務員さんがプライベートカーテンを閉めてくれていました。なんと、このバスは中央シートにも専用カーテンがあるではありませんか。よって、カーテンで完全に仕切られたプライベート空間が出来上がるのです。

静岡サービスエリアを出る時に全てカーテンが閉められます。
静岡サービスエリアを出る時に全てカーテンが閉められます。
真ん中のシートにも専用カーテンがあります。
真ん中のシートにも専用カーテンがあります。

通路が完全にカーテンで仕切られることの大きなメリットの一つが、トイレの行きやすさ。どうしても人の目が気になりますからね。

「はかた号」は車内トイレ付き。
「はかた号」は車内トイレ付き。

こうして「はかた号」は就寝タイムへ。

快適なシートに、朝まで熟睡でした。気づくとカーテンの隙間からかすかに明かりが。


朝8時過ぎ、バスは山口県へ入り、ここで2度目の休憩。なんと「トイレ休憩」ではなく、「洗顔休憩」のアナウンス。

トイレで顔を洗ったら軽くストレッチもしておきます。いくら快適なバス旅とはいえ、身体は固まっていますからね。

ついでにコンビニでコーヒーと大好きな玉子サンドの朝食も調達して車内に戻ります。

山口県佐波川サービスエリアにて洗顔タイム
山口県佐波川サービスエリアにて洗顔タイム

その後、小倉駅を経由し、博多駅、そして繁華街の天神バスターミナルへと向かっていきます。長旅がもうすぐ終わると思うと、なんだか名残惜しい。


天神バスターミナルで降車。地下鉄、西鉄に直結しているので便利。
天神バスターミナルで降車。地下鉄、西鉄に直結しているので便利。

14時間の乗車時間は、飛行機でいえば成田空港から西はスペイン、東はニューヨークまで行ける移動時間。そう考えるとかなりの時間です。

飛行機のエコノミークラスで14時間はなかなか辛い移動なので、今回それなりの覚悟をして乗車したのですが、「はかた号」のシートは、まさに飛行機のビジネスクラスに乗っている感覚に近い。おかげで身体も疲れず快適でした。

こうなると欲が出ますね。次は完全個室のプレミアシートにも乗ってみたいなぁ。


次回は「桜島号」に乗って、福岡から鹿児島へ。日本縦断の旅も、いよいよ後半戦です!

西鉄高速バス「桜島号」で福岡から鹿児島へ 「北海道〜沖縄 0泊5日で日本縦断の高速バス旅」第4弾

※本記事は、2017/11/21に公開されています。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

  • この記事を書いたライター

    イシコ

    旅行作家 

    著書は「世界一周ひとりメシ」、「世界一周ひとりメシinJAPAN」(幻冬舎文庫)、「世界一周飲み歩き」(朝日文庫)、テレビは「さらさらサラダ」(NHK)にて「イシコ旅」(不定期)など旅を通して、一人でも多くの方に優しい笑顔が生まれる表現を心掛けています。旅をしていない時は岐阜でヤギと暮らしています。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 6月 7月
    7,500円 8,800円
    3,500円 3,700円
    3,500円 3,700円
    3,500円 3,700円
    7,500円 6,800円
    6,070円 6,070円
    2,500円 2,500円
    6,900円 ---
    8,200円 8,200円
    1,000円 1,000円
    5,500円 5,500円
    5,680円 5,680円
    5,680円 5,680円
    5,680円 5,680円
    250円 250円
    1,030円 1,030円
    1,600円 1,600円
    1,500円 1,500円
    1,750円 1,750円
    1,750円 1,750円
    2,900円 2,900円
    その他の路線を見る

    週間ランキング6/11~6/17のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナルガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、夜行バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ