バス旅の魅力を伝える「バスタビ北海道」開始! サロベツ湿原で雄大な自然を楽しむコースを紹介 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

トピックス

バス旅の魅力を伝える「バスタビ北海道」開始! サロベツ湿原で雄大な自然を楽しむコースを紹介

北海道と北海道リレーション(株)は2017年10月より、ウェブサイト「北海道ファンマガジン」やSNSを活用してバス旅の魅力を発信する協働プロジェクト「バスタビ北海道」を始動。10月13日から、第1弾モデルコースを紹介している。

ウェブサイトやSNSで、北海道路線バスの旅を促進

北海道と北海道リレーション(株)は2017年10月より、道内路線バスを活性化させることを目的とした協働プロジェクト「バスタビ北海道」を開始した。

路線バスで地域を巡り、車窓からの風景や観光地、地元グルメなどの情報を、北海道リレーションが運営するウェブサイト「北海道ファンマガジン」で紹介するほか、北海道のブログやSNSを活用してバス旅の魅力を発信する。

バスタビ北海道⑧
バスタビ北海道 (C)北海道リレーション(株)

プロジェクトの第1弾として、沿岸バス協力のもと、豊富・留萌線(留萌市~豊富町)、サロベツ線(サロベツ湿原)を巡るバス旅を10月13日(金)から「北海道ファンマガジン」上で公開した。
以下に「北海道ファンマガジン」で公開されたモデルプランを抜粋して紹介する。

移動手段は路線バスだけ! 留萌駅からサロベツ湿原を目指す1泊2日の旅

留萌駅前から路線バスだけを使ってサロベツ原野を目指すバス旅。
このルートの見どころは、晴れていれば青い海と焼尻島・天売島・利尻島が望めること、周りに何もない広大なサロベツ原野を走ることだ。

バスタビ北海道①
旅のルート (C)北海道リレーション(株)


留萌駅〜豊富駅 4時間のバス旅は、風車群や遺構など見どころたくさん!

まずは留萌駅前バス停から豊富留萌線・豊富駅行きに乗車。4時間かけて、終点の豊富駅に向かう。
海岸線を縫うように走行するこのルートは、左手に海、右手に風力発電が点在。苫前町上平地区の風車群も見どころの一つだ。

バスタビ北海道②
風車が点在する苫前町 (C)北海道リレーション(株)

このルートの真ん中に位置する初山別村を抜けると、旧国鉄羽幌線の遺構の一つ、金駒内陸橋(きんこまないばし/かなこまないばし)を望むことができる。このほか、いくつかの廃線跡が見られる。

バスタビ北海道③
金駒内陸橋 (C)北海道リレーション(株)

北海道の雄大な自然を体感できるサロベツ湿原

終点の豊富駅で、サロベツ線・稚咲内第2行きに乗り換え。稚咲内第2を散策した後で折り返し、サロベツ湿原センターで途中下車をして、サロベツ原野の散歩するコースだ。

バスタビ北海道③
サロベツ湿原へ向かうバス (C)北海道リレーション(株)

稚咲内第2からサロベツ湿原センターに向かう道は、電柱・電線や建物がまったく見えないため、北海道の広大さを実感できるひと時。この区間の車窓は是非とも写真に収めたい。

バスは10分弱でサロベツ湿原に到着。サロベツ湿原センターの裏側には木道が整備されており、湿原を散策することができる。

バスタビ北海道⑤
雄大なサロベツ湿原 (C)北海道リレーション(株)


トナカイ観光牧場で動物と触れ合い、最後は温泉も

サロベツ湿原で北海道の自然を堪能した後は、トナカイ観光牧場へ。入場料は無料で、トナカイへの餌やり体験ができる。

バスタビ北海道⑥
トナカイ観光牧場 (C)北海道リレーション(株)

最後は、トナカイ観光牧場から豊富留萌線・豊富駅行きに乗車し、日本最北の温泉郷・豊富温泉で汗を流す。
90年の歴史を持つ豊富温泉は、油が浮かぶ油温泉といわれ、アトピー性皮膚炎の方などが長期滞在する湯治温泉として知られている。

バスタビ北海道⑦
豊富温泉 (C)北海道リレーション(株)

バスの車窓からの雄大な景色に加え、動物とのふれあいや温泉も楽しむことができる、北海道の魅力を隅々まで味わえる盛りだくさんのコースだ。

詳細は北海道ファンマガジンをチェック!


【「豊富・留萌線」と「サロベツ線」を巡るバス旅】の詳細

対象路線

沿岸バス
・「豊富・留萌線」留萌駅前~豊富駅
・「サロベツ線」豊富駅~稚咲内第2

ニュースソース

北海道ファンマガジン:移動手段は路線バスだけ!サロベツ原野を目指して女子二人旅!


※本記事は、2017/10/23に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    中のひと 

    「高速バスの旅を応援するWebメディア」を運営しています。 これまでバスを利用したことがある人もそうでない人にも 「高速バス・夜行バスで、国内旅行を楽しもう!」をモットーに お楽しみいただける、役立つ情報をさまざま企画してお届けします。 最新情報は、facebook,twitterでも配信!「いいね」「フォロー」をすれば、 更新情報もいち早くキャッチできます。是非、ご利用ください。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 1月 2月
    610円 610円
    1,800円 1,800円
    3,450円 3,290円
    860円 860円
    その他の路線を見る

    週間ランキング1/7~1/13のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ