「キャメル号」で鳥取砂丘へ! 3列独立シートの高速バスで品川バスターミナル~鳥取の旅! SA休憩の回数は? | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by 夜行バス比較なび

乗車体験記

「キャメル号」で鳥取砂丘へ! 3列独立シートの高速バスで品川バスターミナル~鳥取の旅! SA休憩の回数は?

今回乗車したのは、品川から砂丘で名を馳せる鳥取へ向かう高速バス! その名もキャメル号! はるばる砂漠の地を目指して『らくだ』で旅、いえいえ、夜行高速バス「キャメル号」に揺られて参ります!

キャメル号で鳥取砂丘へ扉3案.jpg

今回乗車したのは、品川から砂丘で名を馳せる鳥取へ向かう高速バス! その名もキャメル号!

はるばる砂漠の地を目指して『らくだ』で旅、いえいえ、夜行高速バスキャメル号に揺られて参ります!


品川駅から少し歩いた先がバスターミナル

キャメル号の出発は21時と少し早め。
消灯まで少し時間に余裕があるバスなので、乗車前に品川駅近くにある高級スーパー紀伊国屋で夜食を購入!

その後、バスターミナルに向かいました。

紀伊国屋を出てバスターミナルへ向かいます
紀伊国屋を出てバスターミナルへ向かいます
うっかり見過ごしてしまいそうな看板。直進200m
うっかり見過ごしてしまいそうな看板。直進200m
品川バスターミナルの看板はピンク
品川バスターミナルの看板はピンク
正面はこんな感じです
正面はこんな感じです

中に入りますと正面に受付があり、わからないことはここで聞けますので安心です!
広めの化粧室もあり、歯磨きやメイク落としなどもこちらでできます。

ロビーはこんな感じ
ロビーはこんな感じ


3列独立シートのキャメル号を徹底紹介!

バス車内の様子は、実際に私が乗車した日ではなく、営業所にあるバスで好きなだけ撮ってくださいとのことでしたので、京急バスの新子安営業所に伺い撮影させていただきました。

近くにいた運転手さんに「鳥取に行く3列バスはどれでしょうか〜?」と伺いましたらキャメル号の車両を紹介してくださいました! あの時の運転手さんありがとうございましたー!


普段夜行バスに乗車するときは、すぐ消灯して明るくなった頃には下車するため、細かいところまではなかなか見られないもの。
今回、隅々まで見ることができたのは楽しく、また美しく清潔に保たれている車内には感動しました。

写真で紹介していきましょう。


ばばーん!カッコイイ!バス勢ぞろい!
ばばーん!カッコイイ!バス勢ぞろい!

お水とお茶のサーバーも明るい中見ることが無いので新鮮!
お水とお茶のサーバーも明るい中見ることが無いので新鮮!
化粧室
化粧室

清潔で綺麗です
清潔で綺麗です

ゆったり3列座席
ゆったり3列座席
リクライニングのゆったり感!
リクライニングのゆったり感!
167cm5Lサイズの私でも悠々! 
167cm5Lサイズの私でも悠々! 
フットレストもふんわりいい感じです
フットレストもふんわりいい感じです

トイレ側の通路は広々。体格の大きな方は、座席指定の時にトイレ側か中央の席を指定するといいかもですね!
トイレ側の通路は広々。体格の大きな方は、座席指定の時にトイレ側か中央の席を指定するといいかもですね!

この、位置を自由に変えられる枕はありがたいです。人それぞれ好みの位置ってありますもんね。

またブランケットも、寒がりさんには必須でしょう。
私は暑がりなので、くるくるまるめて腰にいれることもあります。枕の替わりに首の下に置くことも。
ブランケット万能説。

新子安営業所の皆様、撮影にご協力ありがとうございました!


品川を出発。さっそく夜食をいただく

さて! 乗車した日に話を戻し、バスは21時の定時に品川バスターミナルを出発しました!
品川からの乗客は5人ほど。少なめですね。

紀伊国屋で夜食として購入したサンドイッチを早速いただきます!
高級スーパーの、普段みかけないサンドイッチおいしいー!
香りもさほど散らないし、音も出ないサンドイッチは車内食として優秀ですねー。

ドイツパンのサンドイッチ!おいしかった!
ドイツパンのサンドイッチ!おいしかった!

ちなみに、座席前に設置されているスリッパは、使い捨てではなく、とてもクオリティの高いものが置かれていました。
使い捨ては気軽で良いですが、ちょっと良い物ものがあると驚きもあって嬉しいですね〜。


また、イスのクッションが硬めで気持ちいい座り心地!
個人的な好みなのですが、弾力があり体が沈みこまないタイプのものが好きなんです。こちらの椅子もバッチリ好みのタイプ!


「読書灯の案内と車内の通話は必要最低限で」という車内アナウンスがあったのは新鮮でした。
実際に使わなかったとしても、どうしてもちょっと明かりが欲しいときには使うこともできる、というのは安心できますね。実際、読書灯を利用された方もおられましたが、ほんの数分で消灯されていました。

運転手さんの安全のためのお願いや、停車する場所の説明のあと、しめくくりは「長い道中、狭い車内ではありますがごゆっくりおくつろぎください」。

「旅に出るんだなあ」と、わくわく感倍増です。


駿河湾沼津SAのSFテイストな化粧室に感動!

最初の休憩地、駿河湾沼津SA。

ここの化粧室のスタイリッシュなデザインには感激! 綺麗! カッコイイ!
思わず沢山撮影しちゃいました! SF映画のセットみたいじゃないですか?

駿河湾沼津
駿河湾沼津
まるで映画のワンシーン
まるで映画のワンシーン
SF映画みたい!
SF映画みたい!
素敵〜
素敵〜

わたくしです(^^
わたくしです(^^

都内にいた頃降り出した雨は上がっていて、外は気持ちのいい空気。
ベンチなどが設置してある場所がちょっとした夜景スポットになっていて、SA自体が観光地といってもいいほど綺麗でした。


そして次の休憩は兵庫県の加西SA。
この時は雨が再び降り出し、折りたたみの傘を買いたいと思いましたが、売店では販売が無く断念(普通サイズのビニール傘はありました)。

雨の加西SA
雨の加西SA

そして6時20分頃、鳥取駅に到着。

しかし、鳥取駅前も雨天…! 最近私のバス旅は雨天続きだなあ。
さあ、まずは駅構内に向かいます! 腹ごしらえをいたしますぞ!

この後の旅の様子は、また次回ご紹介!


※本記事は、2017/11/01に公開されています。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

  • この記事を書いたライター

    海野やよい

    漫画家 女性

    ふだんは主に日記漫画や四コマ漫画を中心に活動しています。バスとりっぷでは「艦隊これくしょん」聖地巡礼シリーズをはじめとした体験漫画を描いています。「艦これ」以外もバスレポートや夜行バス旅行体験記で全国を精力的に飛び回ってレポートしていきます!

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 11月 12月
    5,850円 5,850円
    5,850円 5,850円
    2,300円 2,300円
    4,000円 4,000円
    2,300円 2,300円
    9,250円 8,000円
    2,900円 2,900円
    3,500円 3,500円
    2,000円 2,000円
    1,500円 1,500円
    8,200円 8,200円
    その他の路線を見る

    週間ランキング11/6~11/12のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナルガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、夜行バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ