酒蔵見学、殿馬君にタッチ、カレー味の半身唐揚げ。よくばり新潟散策 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

スポット

酒蔵見学、殿馬君にタッチ、カレー味の半身唐揚げ。よくばり新潟散策

酒どころの新潟で「今代司(いまよつかさ)」の酒蔵を見学。名所となっている水島新司マンガストリートでドカベンのキャラクターと記念撮影した後は、ひそかな新潟名物といわれるカレー味の半身唐揚げを堪能。新潟でよくばり散策をしてきました。

ざっくり、こんな観光

  • 新潟で「今代司」(いまよつかさ)の酒蔵見学をしてきた
  • 水島新司マンガストリートでドカベンのキャラクターに会えた
  • ひそかな名物?「カレー味の半身唐揚げ」を堪能してきた



新潟は朝から遊べて、見どころがいっぱい。
酒どころの新潟ですから、酒蔵見学もせねばということで、当日でも予約可能の「今代司(いまよつかさ)」へ行ってきました。

今代司の酒蔵(よくばり新潟散策)

今代司の酒蔵(よくばり新潟散策)

今代司の酒蔵(よくばり新潟散策)
趣のある蔵の中を丁寧に案内していただき、最後は日本酒の試飲も。

ふわっとよい気分です。

今代司酒造

新潟県新潟市中央区鏡が岡1番1号 Google Map
025-245-3231 9:00-17:00 無休(年末年始除く)
Webサイト


水島新司マンガストリート

そのあと、新潟駅から徒歩30分くらいのところにある古町商店街(ふるまち)へ向かいました。
ここには、「水島新司マンガストリート」があるんです。

景浦安武(あぶさん)(よくばり新潟散策)
景浦安武(あぶさん)

水原勇気(野球狂の詩)(よくばり新潟散策)
水原勇気(野球狂の詩)

岩田鉄五郎(野球狂の詩)(よくばり新潟散策)
岩田鉄五郎(野球狂の詩)

山田太郎(ドカベン)(よくばり新潟散策)
山田太郎(ドカベン)

岩鬼正美(ドカベン)(よくばり新潟散策)
岩鬼正美(ドカベン)

小さな巨人・里中智(ドカベン)(よくばり新潟散策)
小さな巨人・里中智(ドカベン)

殿馬一人(ドカベン)(よくばり新潟散策)
殿馬一人は、わたしの初恋の人 (ドカベン)

水島新司マンガストリート

新潟県新潟市中央区古町5番町(ふるまちモール5)  Google Map


カレー味の半身唐揚げ

このあと、「カレー味の半身唐揚げ」を食べに行きました。
新潟でなぜかよく食べられている、これ

せきとり本店の「カレー味の半身唐揚げ」(よくばり新潟散策)
かなりの大きさ。値段は「時価」です。

行ったのは、その元祖ともいわれている

せきとり本店(よくばり新潟散策)
せきとり本店

住宅地のなかにぽつんとあるお店は、創業50年以上というだけあって昭和っぽい雰囲気。
家族連れや呑みに来ている方達で大盛況です。
半身唐揚げにサワーを注文すると、隣の席のおじさん二人が、


「美味しいよ~」


唐揚げが運ばれてくると、口に入れる前から、


「美味しいでしょ~」


陽気に話しかけてくる。
愛されているお店のようでした。

唐揚げはあっさりしたカレー味のため、いくらでも食べられそう。お肉も柔らかくって美味しかったです。
店内の雰囲気もとても心地よくって、「バスの安い時期にまた来よう……」そう心に誓ってお店を出ました。

せきとり本店

新潟県新潟市中央区窪田町3丁目199  Google Map
025-223-5934 16:30-22:00 月曜定休
古町商店街から30分ほど歩いたところにあります。
(JR新潟駅からは新潟交通入船営業所行きバスで17分、壽小路下車、徒歩5分)
鳥専門店せきとり Webサイト
新潟うまいもの(新潟商工会議所職員おすすめサイト)
食べログ

あわせて読みたい!

新潟で「タレかつ丼」「イタリアン」を食べ、油臭い「新津温泉」に浸かる!

※この記事はかとうちあき著「バスに乗ってどこまでも 安くても楽しい旅のすすめ」の内容に写真を加えて掲載しています。


※本記事は、2015/06/25に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    予算1万円で楽しめる旅をたくさん書きました

    バスに乗ってどこまでも 安くても楽しい旅のすすめ

    かとうちあき

    双葉社 ISBN:9784575307368

    1,296円(税込)1,200円(税抜) 送料無料

    この記事を書いたライター

    かとうちあき

    「野宿野郎」編集長(仮) 30代 / 女性

    1980年神奈川県生まれ。野宿旅行に憧れた中学時代を経て、高校一年生でめでたく野宿デビュー。以後、順調に野宿を重ね、人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」の編集長(仮)&社長(自称)。著書は『野宿入門』(草思社文庫)と『野宿もん』(徳間書店)『バスに乗ってどこまでも』(双葉社)。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 3月 4月
    1,900円 2,000円
    1,900円 2,000円
    7,900円 6,110円
    7,900円 6,110円
    6,400円 5,000円
    4,900円 3,900円
    3,980円 3,980円
    2,100円 2,100円
    4,000円 4,000円
    1,900円 2,000円
    3,400円 2,600円
    3,500円 3,500円
    410円 410円
    5,000円 5,000円
    4,190円 4,190円
    その他の路線を見る

    週間ランキング3/16~3/22のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ