熊が出るだと…? 上高地で悪夢にうなされた一泊二日の野宿体験 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by 夜行バス比較なび

スポット

熊が出るだと…? 上高地で悪夢にうなされた一泊二日の野宿体験

夏はやっぱり野宿でしょ! と思っている、野宿好きのわたくしめ。上高地でも野宿してきちゃいました~ってことを、こっそりお伝えしたいと思います(小声)。

ざっくり、こんな内容

  • あいにくの雨の上高地。しかし野宿決行!
  • 「熊が目撃されています」だと…?
  • 雨の中、何とか無事に野宿成功

野宿(上高地).png

天気が変わりやすい上高地。持ち物には雨具は必須

今回は、アルピコ交通の新宿から直行の夜行バス、「さわやか信州号」に乗って、早朝に到着。朝から夕方まで上高地を満喫。野宿をして、ゆったり翌日のバスで帰るという計画でした。

ちょうど台風が来ている時で、到着したらあいにくの雨、そしてすごい風! 大阪からの便で来た、「周辺の散策だけなら気軽にできるって聞いて来たんだけど・・・」と途方に暮れ気味の、小学生のお子さんを連れたお母さんがいました(上高地、標高が高くて天気も変わりやすいので、上下の雨具は必須でありますー)。


朝のうちは、雨に降られながら歩きまわり、水たまりにはまったりして、靴がびしょびしょに・・・。

濁流、濁流、水たまり・・・!
濁流、濁流、水たまり・・・!

1 (2).JPG
1 (3).JPG


せっかくなので北アルプス登山の玄関口・横尾までトレッキングしていると、晴れ間が見えてきて、あー、よかった。午後は川下へ向かってずんずん歩き、大正池や田代池のほうを散策しました。

遊歩道
遊歩道
大正池
大正池

夕方には、我が物顔で闊歩するサルたちを観察していました――。

川沿いはサルだらけ
川沿いはサルだらけ
 

川沿いには、ところどころ休憩できる東屋がありますが、熊が出ることもあるようです…。


強風&豪雨…。でも野宿決行!

夕方のバスで松本駅まで降りることも可能だったのですが、翌日直通バスで帰りたかったのもあって、一晩、なるべく安全そうなバスターミナル周辺の場所をお借りすることに。

熊! 熊が出る!
熊! 熊が出る!

朝からずっと歩き回っていたので、一杯飲みたい~。18時までやっているという土産物屋さんで、ぎりぎりに購入した、きんきんに冷えた缶ビールでまずはひとり乾杯。

一帯が火気厳禁だったので、自炊はあきらめて、夜ご飯は昼間に上高地観光センターの売店で奮発して買っておいたお弁当「河童のひるめし」。
河童橋をぼんやり眺めながら、さらに日本酒「河童の夢」も呑んじゃいます。

ひるめしだけど、夜ご飯。おいしい~。
ひるめしだけど、夜ご飯。おいしい~。
4 (2).JPG


そうこうしているうち・・・、また雨が降ってきた! 建物のわきに避難して眠りましたが、雨風が吹き込んでくるので、風向きによって、移動しなけりゃなりません。

強風で倒れないようにか、バスの標識はあらかじめ倒されていました
強風で倒れないようにか、バスの標識はあらかじめ倒されていました

暴風のぐをおおーって音が、まるで熊の叫びのようだ。ああ。熊、怖いなあ・・・。なんて思いながら、ぶわさぶわさと揺れる木々の音も聞き、雨風がちょいちょい顔にかかりながら眠ったためか、凶暴な熊・・・ではなくって、暴走族のバイクに囲まれ、その暴走族らが急に水鉄砲で紛争を始めるという悪夢を見て、はっと起きるはめに・・・。

まっくらなので、ヘッドランプと水を、枕元のすぐ出せるところ(靴)に入れて寝ました
まっくらなので、ヘッドランプと水を、枕元のすぐ出せるところ(靴)に入れて寝ました

あまりにも雨が吹き込んでくるので、しばらくトイレに避難。戻って、自然の脅威をしかと感じさせてもらいながら、眠りました。

 風向きに合わせて方向を変えて眠りましたが、それでもびしょびしょに
風向きに合わせて方向を変えて眠りましたが、それでもびしょびしょに

7 (2).JPG


ところで、上高地は国立公園の一部のため、通常の場所よりも野宿をすることに対して厳しめのはず。
ただ、気づけば大雨で、もはやビバーク(緊急避難的に野外で一夜を過ごすこと)のようなもの、ということで、どうかどうかご勘弁ください・・・。


ちなみに、もしも安心できる環境で叱られる心配なく眠りたい方には、近くに「小梨平キャンプ場」がありました!
ここは、すでに張ってあるテントでの簡単キャンプもできますゆえ、初心者の方も安心して泊まれそう。

その名も「森のリゾート」
その名も「森のリゾート」
  

悪夢を見たり、びしょびしょになっても、やっぱり一晩夜を過ごすと楽しいし、ゆっくりできます。上高地を満喫したい方は、(びしょびしょにならないキャンプで? )ぜひ~。

イラスト/オオノマサフミ


※本記事は、2017/08/12に公開されています。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

  • 予算1万円で楽しめる旅をたくさん書きました

    バスに乗ってどこまでも 安くても楽しい旅のすすめ

    かとうちあき

    双葉社 ISBN:9784575307368

    1,296円(税込)1,200円(税抜) 送料無料

    この記事を書いたライター

    かとうちあき

    「野宿野郎」編集長(仮) 30代 / 女性

    1980年神奈川県生まれ。野宿旅行に憧れた中学時代を経て、高校一年生でめでたく野宿デビュー。以後、順調に野宿を重ね、人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」の編集長(仮)&社長(自称)。著書は『野宿入門』(草思社文庫)と『野宿もん』(徳間書店)『バスに乗ってどこまでも』(双葉社)。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 12月 1月
    1,500円 1,000円
    2,100円 2,100円
    3,720円 3,700円
    3,720円 3,300円
    5,800円 4,860円
    2,000円 2,000円
    2,500円 2,500円
    2,100円 2,600円
    500円 500円
    4,650円 4,650円
    3,290円 3,290円
    2,420円 2,420円
    その他の路線を見る

    週間ランキング12/4~12/10のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナルガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、夜行バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ