4列シートは狭い…なんてもう古い? 高速バス「アミー号」で”ダブルシート”を体験【東京→大阪】 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

4列シートは狭い…なんてもう古い? 高速バス「アミー号」で”ダブルシート”を体験【東京→大阪】

今回は、東京から有馬温泉を目指す旅。まずはバスタ新宿から、4列ゆったりシート「アミー号」(山一サービス)のダブルシートを利用し大阪へ。ダブルシートとは、ひとりで2席利用できる便利なサービス。運賃は1席あたりの約1.5倍でリーズナブル。そんなダブルシートの利便性や使い心地を紹介します!

ざっくり、こんな旅

  • 出発前のバスタ新宿トイレで、改装後の変化に感動!
  • ダブルシートは想像以上に便利で快適
  • 大阪着。そして有馬温泉行きバスに乗り換え

今回は、東京から有馬温泉を目指す旅。4列ゆったりシート「アミー号」のダブルシートを利用します。ダブルシートとは、ひとりで2席利用できる便利なサービス。
そんなダブルシートの利便性や使い心地を紹介します!

さあ出発! と、その前にバスタ新宿のトイレに感激

以前は大行列ができていたバスタ新宿の女子トイレ。改装後に初めて行って来ました!
いつ行っても行列のできていた通路に、人影はありません。 すごい! 改装の効果がトイレからもわかります!

通路。人はいません。
通路。人はいません。

トイレの中も広々! 個室数も倍増しているし、手を洗うところと、メイク用のコーナーが分けられ、落ち着いて洗面もお化粧もすることができます。
高速のSAや京都JR地下のトイレと似た感じで、使いやすく親切設計に生まれ変わっています! 利用者の要望があったのか、使いやすいトイレに生まれ変わりました。
バスの長旅の前後に、行列を我慢せず済むのはホントありがたいことです!

洗面台もきれいで便利な作りに
洗面台もきれいで便利な作りに
初めて見たピクトグラム
初めて見たピクトグラム


かなり便利! 「ダブルシート」プランって?

アミー号に特別に設定された「ダブルシート」。これはその名のとおり「シート」を「ダブル」で利用するもので、並んでいる2席をひとりで利用しちゃえるというぜいたくなプランです。

パステルグリーンが愛らしい車体のアミー号
パステルグリーンが愛らしい車体のアミー号
清潔なカバーもさわやかさを更に演出
清潔なカバーもさわやかさを更に演出

2席を利用するのに価格がお安いのは、4列シートだからこそのお値打ち企画!
普段、もう少しゆったり座りたいなとお考えの、ボリューミーな私のような大柄な方。また、荷物を手元に置いておきたい、カバンがそばにないと不安な方。ふたつの席をリザーブすることで、その願いは叶います!

足元に置くには手荷物はちょっと大きいし、がさがさかばんの中を探るのも気が引けますよね。でも、ダブルシートなら中のものを出して探し物も気兼ねなくできます。今回それがすごく便利でした!

あと、隣に人が居ないことで、4列だけどひじ掛けが両方使える、これは結構よかったです。
横幅のある私は、隣に人が居ると申し訳ない気持ちになって小さくなってなきゃ、と肩がこるんですが、気楽でした〜! ひじ掛け両方使えると、ちょうどいい広さ! と思えました。
ひじ掛けは、上げてしまうこともできるので、もっとゆったり幅を使いたい方にももちろん対応できます。

隣の席にカバンを置ける安心感!
隣の席にカバンを置ける安心感!

車内には、アミー号の名前入りのひざ掛けが座席の上に用意されています。

アミー号ネーム入りの可愛いひざ掛け
アミー号ネーム入りの可愛いひざ掛け

あとはお手拭きシートが座席前の網の中にあります。残念ながら、コンセントはありません。(各バスに充電器が用意されているので、必要な人は乗務員さんまで)
またトイレもありませんが、その分座席間のスペースが広く、本当に「ゆったり4列」です!
通路が広いのも、4列シートの恩恵と言えましょう。

4列ならではの通路の広さ。ストレスなく通れます
4列ならではの通路の広さ。ストレスなく通れます

身長167cmの私でも足元ゆったり!
身長167cmの私でも足元ゆったり!

座席のリクライニングは、ひじ掛けの下にスリムなレバーがありますので、それを引いて調整します。
倒れる角度はさほど大きくありませんが、十分くつろげる程度には倒れてくれますよ!

スリムなレバー
スリムなレバー


リラックス! 漆黒の消灯タイム

アミー号は4列ですから、カーテンは窓にかかっているものだけです。それが、車内の空間を広く感じさせてくれて、全く圧迫感がありませんでした。いまのところ「4列シートでもかなり快適!」という印象。

それと、消灯後には車内はしっかり暗くなって、それがくつろぎに輪をかけてくれました。時々は、カーテンの隙間から高速道路の明かりが漏れてきたりもしましたが、アイマスクを使うほどでもなく。

そして、23時48分に最初の停車地、港北にて休憩。
乗客にこの時間までに戻ってくださいねとお知らせする時計がかわいらしくて!
大人で渋い運転手さんが、この猫ちゃん時計を停車のたびに調整してるかと思うと、ちょっと萌えますね!

かわいい猫ちゃん
かわいい猫ちゃん

港北
港北

トイレには着替えるスペースもあります
トイレには着替えるスペースもあります

そして2時4分に、遠州森町で2回目の休憩。
さらに4時36分に、甲賀で3回目の休憩。
まめな停車でも、ぐっすり眠り込んでる人多し。それだけ快適ということかな?

遠州森町
遠州森町

この時間に帰ってくるニャー!
この時間に帰ってくるニャー!

甲賀ニャー!
甲賀ニャー!

そして、6時50分頃大阪に到着!


シートのリクライニングがどのくらいになるのか、みなさんが下車したあとの座席で試させてもらいました。全部倒し切ってこのくらい。

倒し切ってます
倒し切ってます

消灯後の真っ暗になった状態で、背もたれを倒しましたが、実感としてはもっと倒れていた印象です。実際はこのくらいだったんですね。
画像で見てわかる通り、人の出入りに影響はほとんど無いように思います。
「ゆったり4列」に偽り無しのアミー号でした!


下車後、次は大阪から有馬温泉へ向かうバスに乗り換えます。

アミー号下車は梅田プラザモータープール
アミー号下車は梅田プラザモータープール

有馬温泉に行くバスは・・・

これは私のポカミスですが…、実は有馬温泉に行くバスは、JRと阪急の2つの路線がありました!
私が乗るのはJRとわかっていたのですが、JRバスのそばにいた警備の方に「有馬温泉に行くバスの乗り場はどの辺ですか?」と聞いたら「えっ、有馬温泉? 遠いよ?」と説明してもらって行ったところ、そこは阪急のバス乗り場でした!

時間に余裕をもって行って良かった! というかバス乗り場を見つけて確認してから朝ごはんだ! と決めていた私、正しかったね。いや、間違えたからぐるぐる歩き回ったんですけどね!
賢明な皆さんは私のようなミスはしないと思いますが、有馬に行くバスはJRだけじゃないですよ〜とお伝えして終わります!

JRバス乗り場そばのカフェにて。大急ぎでモーニング
JRバス乗り場そばのカフェにて。大急ぎでモーニング

※本記事は、2017/07/19に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    海野やよい

    漫画家 女性

    ふだんは主に日記漫画や四コマ漫画を中心に活動しています。バスとりっぷでは「艦隊これくしょん」聖地巡礼シリーズをはじめとした体験漫画を描いています。「艦これ」以外もバスレポートや夜行バス旅行体験記で全国を精力的に飛び回ってレポートしていきます!

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 5月 6月
    6,000円 2,200円
    6,600円 2,200円
    510円 510円
    900円 900円
    730円 730円
    2,000円 1,400円
    宮城 → 大阪
    --- 4,500円
    山形 → 大阪
    --- ---
    6,000円 3,000円
    6,600円 2,700円
    静岡 → 大阪
    --- 3,000円
    4,200円 3,800円
    山梨 → 大阪
    --- 4,400円
    新潟 → 大阪
    --- 6,300円
    石川 → 大阪
    --- ---
    富山 → 大阪
    --- 3,200円
    岐阜 → 大阪
    --- 2,800円
    三重 → 大阪
    --- 2,000円
    2,600円 2,600円
    1,510円 1,510円
    2,920円 2,500円
    3,300円 2,800円
    島根 → 大阪
    --- 4,140円
    3,800円 3,800円
    香川 → 大阪
    --- 1,950円
    徳島 → 大阪
    --- 2,040円
    愛媛 → 大阪
    --- 3,200円
    高知 → 大阪
    --- 2,320円
    7,980円 3,800円
    長崎 → 大阪
    --- ---
    大分 → 大阪
    --- 8,700円
    熊本 → 大阪
    --- 6,000円
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/18~5/24のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ