日本一高い場所にあるスターバックスコーヒーからこんにちは! 名古屋に新たな観光名所が登場 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by 夜行バス比較なび

スポット

日本一高い場所にあるスターバックスコーヒーからこんにちは! 名古屋に新たな観光名所が登場

2391view

2017年3月、名古屋に新しい観光スポットが誕生しました。その名も「スターバックスコーヒー 名古屋JRゲートタワー店」です。えっ!カフェが観光スポットなの? と思う方もいるのでは? 名古屋へ来たなら、絶対立ち寄りたくなる、その魅力をたっぷり紹介します。

ざっくり、こんなスタバ

  • 2つの日本一! をもつスタバ
  • コーヒーを飲みながら名古屋の景観とお店の解放感を満喫
  • 早朝から深夜まで夜行バスユーザーに嬉しい営業時間

2017年3月、名古屋に新しい観光スポットが誕生しました。その名も「スターバックスコーヒー名古屋JRゲートタワー店」です。

えっ!カフェが観光スポットなの? と思う方もいるかもしれませんが、こちらでは、いままでとは違う新しいカフェの楽しみ方がコーヒーと一緒に味わえます。名古屋へ来たなら、絶対立ち寄りたくなる、その魅力をたっぷり紹介します。

2つの日本一!をもつスタバ

「スターバックスコーヒー 名古屋JRゲートタワー店」このお店のオープンとともに、日本のスタバ界に新しい日本一が2つ生まれました。

JR名古屋駅.jpg
JR名古屋駅から直結、新しい日本一のお店が誕生

1.高さ日本一のスターバックス!

地上70mに位置するスターバックスは、日本では初めてです。JRゲートタワーの15階にあって、名古屋駅からのアクセスもバッチリ。
窓の外の景色をより楽しめるように、入口からレジカウンター、テーブルの高さまで考え抜かれたデザインは、お店に入った瞬間からこだわりが感じられ、あなたを包み込んでくれます。

レジ.jpg
レジの高さまで考え抜かれたデザイン
店内2.jpg
テーブルの高さにもこだわりが

風景.jpg
日本一高いところにあるスタバから臨む名古屋の景観

2.広さ日本一!

名古屋駅周辺にはスターバックスコーヒーをはじめたくさんのカフェがありますが、広くて座席数が多いお店はあまりありません。その中でも、名古屋JRゲートタワー店は座席数162席とトップクラス、店舗面積452.6㎡(137坪)と並んで全国のスターバックスコーヒーでも日本一のお店です。

店内1.jpg
座席数もお店の広さも日本一


考え抜かれた店内デザインと圧巻の景色

広い店内は、大きく3つのエリアに分かれています。

1.メインはバーカウンターのある客席スペース

入口からまず1番最初に目に飛び込んでくるのは、バーカウンター奧の大きなガラス窓から一望できる名古屋の景観。この秘密はテーブルと座席にあって、外の景色が見えるガラス窓の座席に向かうにつれ、テーブルも椅子も低くなっていくデザイン。こうすると、より店内が見通しやすくなり、広がりと奥行きを感じることができるのです。

窓側席.jpg
遠くアルプスの山まで見える一面のガラス窓

店舗入口も上から下まで全面ガラスで、遮蔽する壁のようなモノがありません。より広く明るく感じるのも、このデザインのなせる技です。

入り口.jpg
開放感があふれる入口です

2.屋外テラス

屋外テラスには、緑があって都会の中のオアシスのような存在です。しかも、地上70mにあるテラス席では、おもいっきり外の空気を感じながら美味しいドリンクを楽しむことができます。

テラス4.jpg
空が見えるテラス席は62席
テラス3.jpg
いままでにない体験が楽しめます

テラス1.jpg
緑があるテラス席は太陽と一緒にコーヒーが楽しめる特等席


3.オブザベーションデッキ

3つ目のエリアは、ウソ!って思うくらいに高い天井のあるオブザベーションデッキ。この空間が、ちょっとひと息、といったときに想像以上の開放感を与えてくれます。

オブザベーションデッキ1.jpg
この空間には日本一の称号を与えたい
オブザベーションデッキ2.jpg
天井が高く、想像以上の解放感です

オブザベーションデッキ3.jpg
屋内なのにまるで外にいるような感覚

実は、高速夜行バスも車内を広く演出する工夫として天井を高くしている車両もあります。
2017年2月から運行が始まったウィラーの「ReBorn(リボーン)」も天井を高くして快適な空間をつくりだしています。
▼リボーンの乗車記がこちら
快眠&リラックスを追求! ウィラーのシェル型シート「リボーン」の眠り心地を大阪→東京で体感


夜行バスユーザーに嬉しい営業時間

夜行高速バスを使って旅行を楽しむ私たちは、早朝到着・深夜出発といったことがよくあります。
JR名古屋駅に直結した「スターバックスコーヒー 名古屋JRゲートタワー店」の営業時間は7時から22時。朝1番で名古屋に到着したら、地上70mのテラス席で朝の空気と一緒にモーニングを摂るのも、ここでしか味わえない旅の想い出になります。

夜なら名古屋市内の夜景が、バス待ちのひとときを素敵な時間に演出してくれるでしょう。JRバス・名鉄バスなど主要なバスターミナルも近いので、利便性はばっちりです。

イメージ.jpg
夜行高速バスユーザーに嬉しい営業時間(写真はイメージです)


アートな空間が広がる店内

地域のつながりを表現したアートワーク

景観が楽しめる客席の壁面には、アート作品が飾られています。これはぜひ近づいて見てください。よく見ると、割れた陶器のかけらで巨大なアートが描かれています。

この陶器は、中部地方の窯元で使用されなくなった磁器タイルや割れ陶器。これをアートの材料として使い、木々が茂ったコーヒー農園を再現しています。

アート.jpg
壁一面を飾る地域とスターバックスつなぐ架け橋

そして右側に位置するのはコーヒーの木。このシンボルツリーは鉄道ファンには懐かしい、きっぷを切るハサミなど時代ともに役目を終えた鉄道アイテムで作られています。

アートアップ.jpg
コーヒーの木をモチーフにしたシンボルツリー


「スターバックスコーヒー 名古屋JRゲートタワー店」店舗限定マグカップ

マグカップ飴釉(あめゆう)

日本の伝統的な陶芸手法の釉薬(うわぐすり)”飴釉”で仕上げた、日本ではこのお店でしか買うことができない限定マグです。マグの底部はゴールドをあしらった革新的なデザインで、伝統と未来を表現したスターバックスらしさが感じられます。

限定マグ1.jpg
ここでしか買えないマグ飴釉(あめゆう)355ml  2,600円(税別)

ちょっと変わった形の飲み口も、コーヒーを味わうとき、香りもいっしょに楽しんでもらえるように、と設計されたもの。飲む度に最高のアロマを堪能できるデザインです。

このマグカップは期間限定販売ではないので、いつでも買うことができます。ただ、量産ができない一品なので一時的に売り切れの場合があるかもしれません。これはぜひゲット!したい人は、お店へ行く前に問い合わせておいた方がいいでしょう。

限定マグ2.jpg
コーヒーの香りが楽しめる独特なデザイン

スターバックスコーヒー 名古屋JRゲートタワー店

愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 JRゲートタワー15階 Google Map
052-589-2834 7:00-22:00 不定休 
Webサイト

1杯のコーヒーで(もちろん他のドリンクでもOK!)私たち旅行する人間の利用ニーズに合わせて使い分けができるスターバックスコーヒー。早朝から夜まで楽しめるお店として、もう立派な旅の目的になってくれる素敵なスポットの誕生です。
次の名古屋旅行では「スターバックスコーヒー 名古屋JRゲートタワー店」は絶対外せませんよ!!

※本記事は、2017/04/08に公開されています。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

  • この記事を書いたライター

    出雲義和

    ライター 50代 / 男性

    出版関連の仕事を25年間勤務、現在は独立。若い頃から大の旅行好き、徒歩・自転車・バイク・電車・バスなどあらゆる交通機関を使って全47都道府県を制覇。最近は海外トレッキングに出かけたりもする、「アウトドアなおじさん」。数年前より雑誌の文具手帳特集で紹介されるようになり、「文具のおじさん」でもある。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 4月 5月
    3,000円 1,960円
    3,000円 1,960円
    2,400円 1,500円
    2,040円 1,440円
    2,400円 1,900円
    700円 700円
    9,800円 7,000円
    福島 → 名古屋
    --- 7,100円
    栃木 → 名古屋
    --- 7,100円
    群馬 → 名古屋
    --- 6,100円
    3,400円 2,000円
    4,000円 2,000円
    8,000円 7,500円
    2,340円 2,340円
    400円 400円
    2,550円 2,550円
    8,500円 5,000円
    3,640円 2,740円
    1,900円 1,900円
    3,200円 2,700円
    3,500円 2,800円
    820円 820円
    700円 700円
    2,100円 2,100円
    2,550円 2,550円
    6,200円 6,200円
    8,870円 6,200円
    9,250円 7,000円
    9,250円 7,000円
    5,600円 4,100円
    5,600円 4,100円
    7,100円 4,100円
    4,640円 4,100円
    10,500円 6,800円
    12,170円 12,170円
    熊本 → 名古屋
    --- 8,000円
    その他の路線を見る

    週間ランキング4/17~4/23のアクセス数ランキング

    最新記事

    主要バスターミナルガイド

    さらに表示

    乗ってみたい!快適シート

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、夜行バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ