JRバス関東 6/7(土)~8(日)「東京駅100周年」×「東名ハイウェイバス45周年」記念企画 高速バス車両展示会開催 | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

ニュース

JRバス関東 6/7(土)~8(日)「東京駅100周年」×「東名ハイウェイバス45周年」記念企画 高速バス車両展示会開催

JRバス関東 6/7(土)~8(日)に「東京駅100周年」×「東名ハイウェイバス45周年」記念企画として、東京駅丸の内中央口駅舎前広場で高速バス車両展示会が行われた

東京駅丸の内中央口 駅舎前広場(JRバス関東 高速バス車両展示会)

○日時
 6/7(土)~8(日)11:00~16:00
○展示場所
 東京駅丸の内中央口 駅舎前広場
○展示車両
 青いつばめ(国鉄復刻デザインバス)
 プレミアムドリーム

ということで、いつもはツイッターでしかつぶやいていない中の人ですが、今回は展示会をレポートすべく、6/7(土)午後、東京駅丸の内へと足を運んでみました。
東京駅丸の内中央口から改札を出て駅舎前広場へ行ってみると、あいにくの雨模様でしたが数多くの人々が高速バス車両を見学していました。

【青いつばめ号(国鉄復刻デザインバス)】

青いつばめ(国鉄復刻デザインバス)(JRバス関東 高速バス車両展示会)

今回展示された『青いつばめ号』は、1964年10月に国鉄が高速バスを初めて改行した時のデザインで、当時のカラーリングを現在の最新車両にラッピングして復刻しました。

青いつばめ号の前頭部には国鉄を象徴する「動輪」のエンブレム(JRバス関東 高速バス車両展示会)

前頭部には国鉄を象徴する「動輪」のエンブレムが。

青いつばめ号の側面に「JNR」(JRバス関東 高速バス車両展示会)

側面には「JNR」のマーク。

青いつばめ号の側面に「国鉄とツバメ」(JRバス関東 高速バス車両展示会)

同じく側面に「国鉄」と「ツバメ」が。

青いつばめ号の背面に「国鉄」(JRバス関東 高速バス車両展示会)

背面に「国鉄」と、それぞれ表記してあります。
では、車内の様子を見てみましょう。

青いつばめ号車内の様子。古い料金入れ(JRバス関東 高速バス車両展示会)

車内に入ってまず驚くのが、かなり使い込まれた料金入れが備え付けていた事。
ただ、よく見ると「新札二千円対応」と書いてあるので、そこまでは古くないかと思われます。

青いつばめ号の車内の様子。シートはキレイな状態(JRバス関東 高速バス車両展示会)

そして、逆にシートや運転席はとてもキレイでした。

青いつばめ号の運転席(JRバス関東 高速バス車両展示会)

それもそのはず、車両自体は最新車両ということもあって、運転席には電子パネルが。

プレミアムドリーム号(JRバス関東 高速バス車両展示会)

よく見れば、前頭部の行き先表示も電子パネル。
「国鉄」仕様になっているけど中身は実は最新鋭、というギャップにちょっと燃える中の人でした。

【プレミアムドリーム号】

プレミアムドリーム号の入り口(JRバス関東 高速バス車両展示会)

2006年4月に安心、快適、快眠を徹底して追及して開発された車両で、夜行バス最高グレード車両として関東~関西を運行しています。

プレミアムドリーム号の二階席(JRバス関東 高速バス車両展示会)

プレミアムドリーム号は乗車体験マンガでは内容を知っていましたが(マンガはプレミアムエコレディースドリーム号なので正確には違いますが)、実際に乗ってみるのは初めて。
ドキドキしながら乗車してみると…

プレミアムドリーム号二階席のシート(JRバス関東 高速バス車両展示会)

まずは二階席。
3列のいわゆる2+1列車両。各席にはカーテンが設置してあるので、結構個室的な空間になります。

プレミアムドリーム号二階席先頭席からの眺め(JRバス関東 高速バス車両展示会)

リクライニングもかなり倒せて、スリッパやブランケット、コンセント等のアメニティも充実しています。

プレミアムドリーム号一階席プレミアムシート(JRバス関東 高速バス車両展示会)

こちらが二階席の先頭席からの眺め。
夜の高速道路がとても迫力満点に見えること間違いなし!な座席ですね。

プレミアムドリーム号一階席プレミアムシート(JRバス関東 高速バス車両展示会)プレミアムドリーム号プレミアムシートのひろびろとした足元(JRバス関東 高速バス車両展示会)

そして、こちらが一階席、一車両に3席しかないプレミアムシート!

プレミアムドリーム号プレミアムシートにはリモコンが(JRバス関東 高速バス車両展示会)

かなり幅広なシートで、実際に座ってみると高級ソファーのようにふんわりと包み込まれるような感覚!
もちろん、フットレスト・レッグレストは標準装備。

プレミアムドリーム号プレミアムシートについてるプライベートモニター!(JRバス関東 高速バス車両展示会)

スリッパやブランケット、コンセント等のアメニティはもちろんですが
一番驚いたのは、座席横にリモコンがありなんだろうと取り出してみると…

青いつばめ号。国鉄車両の復刻でも行き先表示は電子パネル

なんとシートの前方にプライベートモニターとして、地デジが標準装備されているじゃないですか!
もちろん、音漏れ対策としてヘッドフォンも標準装備。
これはもはや、移動するホテルなのかもしれません。
うーん、一度実際に乗ってしてみたいですね…(競争率高いですけど)

この展示会イベントは、6/14(土)~15(日)に同場所同時刻にて開催されます。
次回は絶対に一般の方は乗車出来ない特別車両「高速線訓練専用車」が展示・見学出来ます!

○日時
 6/14(土)~15(日)11:00~16:00
○展示場所
 東京駅丸の内中央口 駅舎前広場
○展示車両
 青いつばめ(国鉄復刻デザインバス)
 高速線訓練専用車
○詳細
 JRバス関東 高速バス車両展示会開催について
 http://www.jrbuskanto.co.jp/topics/post_308.html

この機会に、是非高速バス車両をご見学してみてはいかがでしょうか?
以上、中の人でした!

※本記事は、2014/06/09に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 1月 2月
    2,500円 3,200円
    2,400円 3,000円
    2,000円 2,000円
    2,500円 2,800円
    1,600円 2,000円
    2,500円 3,400円
    4,500円 3,800円
    8,800円 8,500円
    2,480円 2,600円
    3,500円 4,000円
    2,300円 2,900円
    2,000円 2,000円
    2,500円 2,500円
    1,600円 2,000円
    2,400円 3,500円
    3,900円 4,000円
    10,800円 8,500円
    3,500円 3,900円
    その他の路線を見る

    週間ランキング1/16~1/22のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ