高速バスで行く奈良観光ガイド 早朝から巡る奈良市街散策・おすすめカフェ&オリジナル鹿アイテムの雑貨店を半日で満喫! | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by 夜行バス比較なび

スポット

高速バスで行く奈良観光ガイド 早朝から巡る奈良市街散策・おすすめカフェ&オリジナル鹿アイテムの雑貨店を半日で満喫!

1,052view

東京発の高速バスで奈良に行ってきました。高速バスで行くと、朝早くから奈良観光を楽しむことができるんです。かまど炊きごはんの朝食や歴史あるならまち散策、おしゃれなカフェと雑貨店を満喫してきました。

ざっくり、こんな奈良観光

  • 朝の静かな街で鹿の写真撮影&かまど炊きごはん定食の朝ごはん
  • 世界遺産・元興寺の歴史を学び、ならまちを散策
  • 海外観光客にも人気がある、お洒落な鹿雑貨のお店へ

東京発の高速バスで奈良に行ってきました。高速バスで行くと、朝早くから奈良観光を楽しむことができるんです。かまど炊きごはんの朝食や歴史あるならまち散策、おしゃれなカフェと雑貨店を満喫してきました。

早朝の奈良市街を散策

高速バスで東京から奈良へ。JR奈良駅に着いたのは6時半前でした。は、早い……!

▼乗車したバスはこちら
1台にたった3席! プレミアムドリーム号「プレミアムシート」でテレビを観ながら東京→奈良間をバス移動

nara01.JPG
早朝のJR奈良駅

身支度を整えてから、さっそく奈良観光へ!
JR奈良駅から主要観光名所があるエリアまでの距離はやや遠め。奈良の名所のひとつ「興福寺(こうふくじ)」までだとバスでおよそ5分、歩くと約20分近くになります。

私は旅に出るとつい寄り道をしたくなるので、迷わず歩くことにしました。歩きながら街並を見ていると、面白い発見もありますよ。
歩いて10分も経たないうちに、街のいたるところで鹿推しムードを感じました……。

nara002.JPG
反対側の道路に勢いよく走る白い鹿……の、オブジェ!?
バスにも走る鹿。このあと何台もすれ違った.JPG
バスにも走る鹿。このあと何台もすれ違った

早速寄り道。興福寺五重塔も、朝だとまだ人が少なかったです。

nara004.JPG
興福寺五重塔

現地で知ったのですが、阿修羅像など多くの文化財が安置されている興福寺国宝館は、今年(2017年)いっぱい休館になっているそうです。ご注意を。

nara004-01.JPG

興福寺五重塔(こうふくじごじゅうのとう)

奈良市登大路町48 Google Map
0742-22-7755   
Webサイト
興福寺国宝館は、耐震補強工事のため2017年1月1日から12月31日まで一時休館


餌に群がる鹿の大群に遭遇。日常風景への馴染みっぷりが想像以上です……。

nara005.jpg
普通の道に普通にいる鹿

春日大社参道の南側にある飛火野(とびひの)に着きました。
広大な公園で鹿の写真を撮りたいと思って来てみたのですが……いない。
道ばたにあんなにいた鹿が、一頭もいません(涙)。ここまで約30分、何のために歩いたのか……。

鹿も人もいない飛火野.JPG
鹿も人もいない飛火野

しばらく待っても鹿は現れず。
おなかも空いてきたので諦めようと思ったその時、やっと1頭の鹿が現れました!しかも、曇り空から晴れ間ものぞいてきた。ありがとう、鹿!!!

やっと1頭現れた.jpg
やっと1頭現れた
少し晴れ間も.jpg
少し晴れ間も

帰り際には、くつろぎ中の鹿にも遭遇。いや〜、粘って良かったです!

くつろぎ中.jpg
くつろぎ中

ですが、この後ぽつりぽつりと雨が……。結局この日晴れ間が見えたのは、早朝の飛火野だけでした。

飛火野(とびひの)

奈良市春日野町 Google Map
0742-22-7788
Webサイト


「鹿の舟 竈」で、かまど炊きごはんの朝食

朝食の場所は、鹿の舟にある「竈(かまど)」と決めていました。
こちら「竈」では、かまど炊きの奈良産のお米を朝からいただけるんです。ここのご飯をたらふく食べるために、朝からたくさん歩いたと言ってもいいくらいです(笑)。

nara010.JPG
朝ごはんやってます
nara011.JPG
天井も高く、開放的で広々とした店内

「竈の朝ごはん」をいただきました。この日のおかずは、高野豆腐と大和真菜の煮物、生卵、お漬け物、にゅうめん。ほかほかご飯に朝から感動! 優しい味のおかずもご飯に合います。
いつも朝はあまり食欲がわかないのですが、美味しいご飯をもっと食べたくて思わずおかわりしてしまいました。
朝のエネルギーチャージはこれでばっちり。この後の旅も楽しめそうです。
ごちそうさまでした!

nara012.JPG
竃の朝ごはん(550円)

敷地内にある観光案内所「繭(まゆ)」で、奈良観光情報を収集します。
ここには国内外の観光客も地元の人も集まるので、奈良市内の観光だけでなく、県内の他エリアの観光案内も置いてあります。
既に奈良市内観光を楽しんだ人も、新しい奈良の魅力に出会えそうです。

nara013.JPG
鹿の舟 繭
nara014.JPG
オリジナルの奈良市街マップをはじめ、奈良の様々な地域・施設の情報がある

建物は2階建てで、大正初期に建てられたもの。その歴史を活かした内装も素敵です。情報収集で来たつもりが、居心地がよくて、つい長居しそうになりました。

nara015.JPG
奈良の伝統産業である蚊帳で仕切られた休憩スペース
2階応接間 イベントがない日は自由に見学することができる.JPG
2階応接間 イベントがない日は自由に見学することができる

特に印象的な場所は、この読書室。まさに“繭”を感じさせるスペースになっています。外から見ると狭そうなのですが、中に入ると思った以上に広々と感じました。

ぐるっと本で囲まれた読書室 現在は1000冊以上あるのだそう.jpg
ぐるっと本で囲まれた読書室 現在は1000冊以上あるのだそう

nara018.JPG
奈良にまつわる本以外にも、好奇心をそそるテーマの本が並ぶ

鹿の舟 Webサイト
奈良県奈良市井上町11 Google Map

竈(かまど・食堂&グローサリー) Webサイト
0742-94-5520 8:00-18:00 水曜定休 
ご飯がなくなり次第(15:00頃)終了
繭(まゆ・観光案内所) Webサイト
0742-94-3500 9:00-17:00 年中無休 

囀(さえずり・喫茶店) Webサイト
0742-94-9700 11:00-18:00(土日祝8:00から) 水曜定休 


世界遺産 元興寺へ 1300年を迎える歴史を肌で感じて

次に訪れたのは元興寺(がんごうじ)
日本最古の仏寺・法興寺(飛鳥寺)が平城遷都にともなって新築移転され、世界遺産「古都奈良の文化財」のひとつにも登録されています。仏教の元を興した寺だから元興寺、なんですね。

元興寺極楽堂(極楽坊本堂)
元興寺極楽堂(極楽坊本堂)

極楽堂の中に入ることもできます。凛とする厳かな空間の中で、心がすうっと落ち着きます。
奈良時代の学僧・智光が感得した智光曼荼羅も必見です。えも言われぬ迫力を感じました。
雰囲気を写真で伝えられれば良いのですが、極楽堂内の撮影は禁じられています。ぜひ、実際に足を踏み入れて歴史を実感してみてください。

禅堂(左)と極楽堂(右)の屋根の一部には、今なお飛鳥時代の瓦が葺かれている
禅堂(左)と極楽堂(右)の屋根の一部には、今なお飛鳥時代の瓦が葺かれている

戦や災害などの理由で焼けてしまったり建て替えたりする歴史的建造物が多い中、約1300年前の資材が建築に今なお残っている事実には、本当に驚きます。

教科書の文字として見ていた、奈良の長い歴史の重みを肌で感じられる場所でした。拝観受付で渡されるパンフレットを読みながら巡ると、より理解が深まりますよ。

元興寺を出て、ならまち散策に向かいます。住職さんから「ならまちはもともと元興寺の旧境内にある」というお話も伺ったので、歴史に思いを馳せながら街を歩けそうです。

元興寺(がんごうじ)

奈良県奈良市中院町11 Google Map
0742-23-1377 9:00-17:00(入門16:30まで)
Webサイト


ならまちを散策しましょう

ならまち散策で最初に訪れたのは庚申堂(こうしんどう)。軒先に多数ぶら下がっているのは「身代り申」といい、「庚申さん」と呼ばれる青面(しょうめん)金剛像のお遣いの猿を型どったものです。
住人の代わりに災いを受けていただけると言われているのだそうです。

nara021.JPG
庚申堂
身代り申がたくさん
身代り申がたくさん

庚申堂(こうしんどう)

奈良県奈良市西新屋町14 Google Map
0742-22-3900   
Webサイト

近くにある奈良町資料館に寄り道。ここでは運良く、館長さんからならまちの歴史や庚申さんの由来などのお話を聴くことができました。中には庚申さんのお守りなどが置いてありましたよ。

nara023.JPG
奈良町資料館

奈良町資料館

奈良県奈良市西新屋町14 Google Map
0742-22-5509 10:00-16:00 
Webサイト

続けて訪ねたのは、奈良町にぎわいの家。1917年築(ちょうど築100年ですね!)になる町家を、無料で見学できます。少し前に飛鳥時代や鎌倉時代の建築を見たばかりなので、100年前といってもなんだか新しく感じてしまうのが不思議です……(汗)。
ここは、大正時代に裕福な美術商が建てた瀟洒な町家で、近代和風の感覚があるそう。茶室もステキです。

nara024.JPG
奈良町にぎわいの家
趣がある座敷。広々していました
趣がある座敷。広々していました

通り庭
通り庭

個人的に和室空間の落ち着きある雰囲気が好きなので、居心地がよくのんびりできました。

奈良町にぎわいの家

奈良県奈良市中新屋町5 Google Map
0742-20-1917 9:00-17:00 
毎週水曜日(祝日の場合は開館・休館日が変わりますので、事前にお問い合わせください。)
Webサイト


お昼は気分を変えてロシア風!?「bolik coffee」でボルシチランチ

お昼は庚申堂の隣にある「bolik coffee(ボリクコーヒー)」へ。早速お昼をと思ったのですが、入口すぐのところにあるロシアや北欧の雑貨たちがかわいいことかわいいこと。しばらく店内をぐるぐる見ていました。

nara027.JPG
色鮮やかなロシア、北欧雑貨
nara028.JPG
マトリョーシカ

nara029.JPG
ピンバッチの数々

午前中は和の空間に行っていた反動なのか、インテリア雑誌に出てきそうなおしゃれ空間がなんだか新鮮。ナチュラルともシンプルとも違う気がするのですが、居心地の良い空間です。

nara030.JPG
インテリア雑誌に出てきそう

ここでは「ボルシチセット」をいただきました。
雨が降る寒い日に、スパイシーなボルシチは体が温まります。店主さんのすすめでサワークリームを加えると、味がとたんに爽やかになってびっくり! 美味しかったです。

ボルシチセット(900円).JPG
ボルシチセット(900円)

bolik coffee(ボリクコーヒー)

奈良県奈良市西新屋町40-1 Google Map
0742-87-1310 11:00-19:00(オーダーストップ 18:30) 月火定休 
Webサイト
7歳未満の入店不可


オリジナルの鹿雑貨&鹿アクセが大人かわいい「ジュエヌ」

ならまちを出て20分ほど歩き、「ジュエヌ」にやってきました。ここでのお目当てはオリジナルの鹿雑貨。

nara032.JPG
古民家を改装した店内。靴を脱いであがります

店内のいたるところに鹿! 様々なテイストの鹿がいますが、どのアイテムの鹿にも品の良さを感じます。

nara033.JPG
かわいらしい鹿の小物
nara034.JPG
アクセサリーにも鹿

木の鹿たちにはあたたかみがある.JPG
木の鹿たちにはあたたかみがある

鹿の雑貨屋アクセサリーのほか、店内奥には店主さんが集めた古切手やレトロな和小物もありました。古民家を改装した店内の雰囲気にもあっていてどれも素敵。写真を撮るのを忘れるくらい、夢中になって眺めていました。
さんざん迷ったあげく、目が合って一目惚れした鹿のポーチなど数点を購入。ラッピングにも手が込んでいるのが嬉しかったです。オープンした14年前から、おまけに木のスプーンをつけているんだそうですよ。

nara036.JPG
つぶらな瞳が愛らしい鹿のポーチ
nara037.JPG
紙袋にも鹿のマーク。おまけに木のスプーンもつけてくださいました

ジュエヌ

奈良県奈良市水門町53  Google Map
0742-26-1868 11:30-17:30 月火定休
Webサイト

ちなみに、近鉄奈良駅 駅ナカ 奈良タイムプレイス内には、ジュエヌ姉妹店の「papier+(パピエ プリュス)」があります。

papier+(パピエ プリュス)
papier+(パピエ プリュス)
nara039.JPG
IDカードケースにもさりげなく鹿

nara040.JPG
もちろん、かわいらしい鹿雑貨&アクセもそろう

papier+(パピエ プリュス)

奈良県奈良市東向中町29 近鉄奈良駅 駅ナカ Google Map
11:00-19:00  
Webサイト

朝からここまで、さくっと行けば半日程度で廻れるルートです。
残りの時間は奈良のほかの観光地を巡るも良し、「ならまち」をもっと散策するも良し。1日奈良市内を観光する人も、ぜひ参考にしてみてください。

※本記事は、2017/03/20に公開されています。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

  • この記事を書いたライター

    松本沙織

    ライター 30代 / 女性

    埼玉県出身、東京都在住のライター。主に旅行・文具・マーケティング関連の記事を執筆しています。気ままに寄り道できる国内ひとり旅が好き。旅先では文具雑貨店やカフェ・喫茶店巡り、路地裏散歩、風景印集めなどを楽しんでいます。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 6月 7月
    4,000円 4,000円
    4,000円 4,000円
    1,250円 1,250円
    2,550円 2,550円
    6,100円 6,100円
    6,600円 6,000円
    6,100円 6,100円
    その他の路線を見る

    週間ランキング6/19~6/25のアクセス数ランキング

    最新記事

    主要バスターミナルガイド

    さらに表示

    乗ってみたい!快適シート

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、夜行バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ