1台にたった3席! プレミアムドリーム号「プレミアムシート」でテレビを観ながら東京→奈良間をバス移動 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by 夜行バス比較なび

乗車記・体験漫画

1台にたった3席! プレミアムドリーム号「プレミアムシート」でテレビを観ながら東京→奈良間をバス移動

13321view

西日本JRバスの高速バス「プレミアムドリーム号」に、東京から奈良まで乗車しました。今回の座席は、1台にたった3席しかない「プレミアムシート」。広々としたシートでテレビ鑑賞もできて、まるで自宅にいるかのような空間でした。

ざっくり、こんなバス

  • 1台にたった3席しかない「プレミアムシート」に乗車
  • カーテン仕切りのプライベート空間で、乗客の動きが気にならない
  • 広々シートでテレビ鑑賞ができてくつろぎ三昧

西日本JRバスの高速バス「プレミアムドリーム号」に、東京から奈良まで乗車しました。今回の座席は、1台にたった3席しかない「プレミアムシート」。
広々としたシートでテレビ鑑賞もできて、まるで自宅にいるかのような空間でした。

東京駅八重洲南口のバス乗り場へ。地下鉄で行くなら京橋駅が便利

プレミアムドリーム11号には、東京ディズニーランドと東京駅八重洲南口から乗車できます。今回は東京駅八重洲南口から乗車しました。

東京駅八重洲南口のバス乗り場に地下鉄で行くなら、東京メトロ銀座線の京橋駅から行くのが便利です。丸ノ内線の東京駅から行くと15分ほどかかってしまうのに対して、京橋駅からなら5分ほどで行けるんです。

01.JPG
京橋駅着。バス乗り場に最も近いのは7番出口

地上に出たら右に曲がり、そのまままっすぐ進むと、東京駅八重洲南口が見えてきます。
途中にセブンイレブンとファミリーマートがあるので、ドリンクや軽食などバス車内で必要になるものはここで買っておくとよいでしょう。
22時過ぎにバス待合室内の売店を見たら、おにぎりは残り10個、サンドイッチは残り2パックしかなかったので……。

03.JPG
進行方向左手に見えるセブンイレブン八重洲柳通り店
04.JPG
進行方向右手に見えるファミリーマート八重洲二丁目店

東京駅八重洲南口に到着。
待合室内や乗り場周辺にある発車案内を見て、乗り場の場所を確認します。この日、プレミアムドリーム11号は9番乗り場から発車しました。

05.JPG
東京駅八重洲南口

06.JPG
発車案内板では空席状況も確認できる。関西方面のバスは満席!
07.JPG
乗り場にも電光掲示板があるので、乗り間違えがなく安心


プレミアムシートはバス1階に

出発10分前の22:00に、2階建てバスのプレミアムドリーム11号が到着しました。

08.JPG
プレミアムドリーム11号

乗降口はバス前方ではなく、中央にあります。並ぶ場所を間違えそうとも思いますが、乗り場に乗車位置の案内があるので問題ありませんでした。

09.JPG
乗降口はバス中央にある

プレミアムシートは1階にあります。その数、わずか3席!
それぞれの席にカーテンがついています。加えて、運転席と座席、座席と乗降口の間も、それぞれカーテンで仕切られています。プライベート空間がしっかり確保されていると感じました。

10.JPG
1階の座席はプレミアムシートのみ。前方に2席、後方に1席ある
乗車し終わったら、乗降口から座席が覗けないようにカーテンが引かれた.JPG
乗車し終わったら、乗降口から座席が覗けないようにカーテンが引かれた

座席の幅は60cmと広々! 椅子の上には、ブランケットが2枚置いてありました。

13.jpg
プレミアムシート


プレミアムシートの座席と設備をチェック

バスは定刻通り、22:10に東京駅八重洲南口を出発しました。まずはシートをチェックしてみましょう。

14.JPG
この日の座席は後方。前の座席との間隔も広い!

プレミアムシートは最大156度までリクライニング可能。レッグレストもついています。リクライニングをフルに倒し、レッグレストを上げきると、フラットに近い状態になります。

さらに、フットレストもついています。フットレストの中に脱いだ靴を入れて、早速足を伸ばしました。足を伸ばせると、バス移動がいっそう快適になりますね。私はもう少し足を高くしたかったので、ブランケットを1枚下に敷いて高さを調節しました。

15.JPG
フットレストの中にスニーカー(24cm)を収納
16.JPG
フットレストの位置は、身長164cmの私にはちょうど良かった

首あては可動式です。自分に合う高さに変えられるのでありがたいです。

17.JPG
乗車時の首あての位置
18.JPG
首あてを最大限に上げた状態

窓側には、ドリンクホルダーと折りたたみ式のテーブルがあります。網ポケットには、スリッパやバスの利用案内などが入っていました。

19.JPG
テーブルはスマホなどの小物が置ける程度の広さ
20.JPG
袋入りのスリッパもついている

コンセントもついているはずなのですが、乗車してしばらくの間なかなか見つけられず……。
結局、網ポケットの裏側にありました。網ポケットのパンフレットに隠れていたので見つけづらかったんですね。

21.JPG
網ポケットからパンフレットを抜くと、コンセントが見える

ひと通りシートをチェックしたので、テレビを観ながらくつろぐことに。バス出発から10分間ほどあるアナウンスが終われば、テレビを自由に観られるようになります。座席備え付けのヘッドホンをつけて、好きなチャンネルに変えて……まるで自宅にいるような気分に。

22.JPG
座席備え付けのリモコンでチャンネルを変える
23.JPG
テレビを観るときはヘッドホン着用を忘れずに

24.jpg
音量調整つまみはアームレストについている

22:40に消灯しますが、その後もテレビを観ることはできます。私も最初の休憩まではずっとテレビを観ていました。
ただ、座席がカーテンで仕切られているとはいえ、テレビの光が気になって眠りづらい人もいるかもしれません。後方の席だと、前の人がつけているテレビの光がカーテンから漏れてきます。
こればかりは、カーテンの上部が網目になっているのでやむを得ません……。真っ暗にして眠りたい人は、アイマスクを持参して眠るときに着けるのがよいでしょう。

プレミアムシートの乗り心地は、好みが分かれるかも

最初の休憩は足柄SA。23:40から20分間でした。出発前の人数確認はないそうなので、時間は厳守しましょう。

25.JPG
足柄PA

個人的には、トイレに行きたくなくてもこのタイミングで一応行っておくのをおすすめします。特に女性には、このタイミングのトイレを強くすすめたい!
バス車内にもトイレはあるのにすすめる理由は、車内のトイレの広さが人によってはかなり窮屈に感じそうだったから。それと、トイレの横にある私の席から、ドアを開けたり水を流したりする音がほんのわずかですが聞こえたからです。

さて就寝。
座席幅が60cmと広いので、かなり自由に寝る体勢を変えられました。レッグレストとフットレストもあるので、脚も伸び伸び。自由な体勢で眠れる点で、確かにプレミアムシートだ!と感じました。

ただ、高速バスに多いハイデッカー車両と比べると、2階建てバスの1階席は地面から座席までの高さがないせいか、走行中の揺れを直に受けやすいと感じました。
「揺れるなぁ」と一度感じるとしばらく気になってしまい、熟睡するまでに時間がかかってしまいました。プレミアムシートの眠り心地をどう感じるかは、バスの揺れに敏感かどうかなどで個人差が出てくると思います。

予定より早くJR奈良駅東口に到着。朝の過ごし方は事前に考えておこう

2回目の休憩は三重・御在所SAで3:30から20分間。予定より1時間早かったです。
京都駅烏丸口には5:15、高速京田辺には5:45にそれぞれ到着。いずれも予定から25分程度早い到着でした。

到着地が近づくと、テレビ画面でも案内が表示されます。ちなみに、早朝にテレビを観ようとしたのですが、電波が弱かったようで視聴できませんでした。残念……。

26.JPG
次はJR奈良駅

JR奈良駅東口には、6:25に着きました。到着予定時刻は6:50だったので、こちらも25分ほど早い到着でした。

27.JPG
6:25 JR奈良駅東口に到着

6時半頃のJR奈良駅近辺で、すぐにでも朝ごはんを食べたい人は、モスバーガーやなか卯へ。7時になると他のお店も開くので、朝食の選択肢が広がります。

▼奈良駅の周辺情報はこちら
春日大社・東大寺への玄関口「JR奈良駅・近鉄奈良」 コインロッカー、カフェ、漫画喫茶をご案内!

私は早々に奈良観光をすることにしました。
朝一番の奈良市街は王道の観光地でも人が少ないので、気の赴くままに散策できます。早朝散策は、東京から直行で行けて、かつ早朝に着く高速バスを使ったからこそできる奈良の楽しみ方ですね。

今回は、プレミアムシートに乗車しましたが、「ドリーム号」では、東京ディズニーランド発着の4列シートのバス便も新設されています。
関西、北陸からリーズナブルに移動できるので、気になる方はこちらもチェックしてみてください。
関西・北陸発着「ドリーム号」が東京ディズニーリゾートへの乗り入れを2/1から開始


※本記事は、2017/03/14に公開されています。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

  • この記事を書いたライター

    松本沙織

    ライター 30代 / 女性

    埼玉県出身、東京都在住のライター。主に旅行・文具・マーケティング関連の記事を執筆しています。気ままに寄り道できる国内ひとり旅が好き。旅先では文具雑貨店やカフェ・喫茶店巡り、路地裏散歩、風景印集めなどを楽しんでいます。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 3月 4月
    7,100円 4,550円
    神奈川 → 奈良市・生駒
    --- 4,550円
    1,250円 1,250円
    愛知 → 奈良市・生駒
    --- 2,550円
    6,100円 6,100円
    9,400円 6,500円
    6,100円 6,100円
    その他の路線を見る

    週間ランキング3/20~3/26のアクセス数ランキング

    最新記事

    主要バスターミナルガイド

    さらに表示

    乗ってみたい!快適シート

    さらに表示

    フォロー・運営

    バスとりっぷは、夜行バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ