バス別おすすめポイントを教えて! 「高速バス・夜行バス」安心ガイド ~バス会社選び編~ | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by 夜行バス比較なび

お役立ち

バス別おすすめポイントを教えて! 「高速バス・夜行バス」安心ガイド ~バス会社選び編~

3,287view

ひと口に高速バスといっても、バス会社は何十社もあり、サービス・料金・設備は会社ごとに異なるので、選ぶのに迷ってしまいますよね。そんな方のために、高速バスの選び方を紹介します!

ひと口に高速バスといっても、バス会社は何十社もあり、その個性はさまざま。サービス・料金・設備の点から、特におすすめの7つのバスとそのポイントを解説!


1. WILLER EXPRESS・NL-PRIME(WILLER GROUP)

03007.jpg
03008.jpg



<POINT>

◎進化系シートいろいろ

通称「ピンクのバス」のウィラーには、斬新なシートのバスが揃っているのが特徴。2列で斜めに配置された「コクーン」は、座席間がパーテーションで区切られたプライベート感あるシートです。そのほか電動リクライニング機能付きや、寝顔が隠せるフード付きのシートなどがあります。

コクーンシートはプライベートモニターやミラー、ラック付き
コクーンシートはプライベートモニターやミラー、ラック付き

◎水曜発売のお得なプラン

目玉キャンペーンである「水曜WILLERでGO」では、毎週水曜17:00から期間限定プランの販売を開始。関西~名古屋が1,000円、関東~名古屋が1,800円など通常料金より断然お得に。

◎宇宙船みたいなバス

スマートフォン向け人気オンラインゲーム「INGRESS」とコラボレーションしたバス「NL-PRIME」。大阪周遊プランなど、関西を中心に運行されています。青い光や曲線を活かしたデザインの車内は、まるで宇宙船のよう。
非日常的なバス旅が味わえます。

INGRESSバス「NL-PRIME」の車内
INGRESSバス「NL-PRIME」の車内


2. VIPライナー(平成エンタープライズ)

03011.jpg

<POINT>

◎待合所にラウンジあり

フリードリンクやマッサージチェアでくつろげる、スタイリッシュなラウンジが東京・大阪・京都・名古屋に6店舗あり、待合所として利用できます。
パウダールーム、フィッティングルームも完備されており、出発前に着替えたり、メイクを落としたいときに便利です。

京都VIPラウンジの様子。無料でPCも使えます
京都VIPラウンジの様子。無料でPCも使えます

◎一斉リクライニングの声掛けサービス

夜行便では、消灯時間になるとリクライニングをフルで倒すようアナウンスが入ります。後ろの人に遠慮して、リクライニングを倒せない……という人には嬉しいサービス。

電動リクライニングシートのバス「グランシアファースト」
電動リクライニングシートのバス「グランシアファースト」

◎東京~大阪間が500円に!

東京~大阪間、東京~名古屋間が500円で乗車できる「ワンコインシート」。VIPライナーオフィシャルサイト限定で、乗車日・席数をランダムに不定期で販売しています。発売開始日時はツイッターやLINEなどのSNSで予告されるので要チェック。

3. さくら高速バス(さくら観光)

03014.jpg
03015.jpg

<POINT>

◎超割・特割プラン、おまかせプラン

予約時に、予約の変更が何度でも可能な「通常プラン」、予約変更ができない代わり、割引料金になる「超特プラン・特割プラン」、乗車場所・時間をおまかせすることで、さらに安くなる「おまかせプラン」から選択できます。超特・特割・おまかせプランは、席数限定。

◎充実のアメニティは持ち帰りOK

アイマスク、ネックピロー、耳栓などアメニティも充実しており、ブランケット以外は持ち帰りが可能です。一部の便のみの物もあるので、要チェック。

◎低価格・高クオリティのシート

2列×1列の「さくらクオリティエクスプレス」のシートは、座面幅が70cmのゆったり仕様。マッサージ機能と電動リクライニング機能がついています。シート後部はシェル型になっていて、リクライニングは前に倒れるため、後ろに気を遣わず倒せます。
東京~大阪が4,500円~(※)と、機能の割に低価格なのが魅力!

※割引プラン適用時。日時などにより変動あり

「さくらクオリティエクスプレス」のバックシェルシート
「さくらクオリティエクスプレス」のバックシェルシート
桜の花のデザインと「SAKURA」の文字が目印
桜の花のデザインと「SAKURA」の文字が目印


4. オリオンバス(オリオンツアー)

03018.jpg

<POINT>

◎コスパで選ぶならこれ!

黄色いカラーリングと星マークが可愛らしいバス。あちこち走っているため、見かけたことのある人も多いのでは?
こちらはなんといっても、料金の安さが人気です。2017年4月の最安値は、東京~大阪で2,200円、仙台~東京で2,500円でした。トイレは付いていないものの、4列でもスリッパやコンセントが用意されている便があります。

03019.JPG
コンセント付き4列シート「コンフォート」


5. ロイヤルエクスプレス(ロイヤルホリデー)

03020.jpg

<POINT>

◎設備・サービス良好 + 九州まで低価格

九州方面で運行していて「九州へ行くならこれ」という人も多いバス。東京から福岡まで、料金は10,000円程度と安価にもかかわらず、コンセントや座席間カーテンが付いていたり、フリーWi-Fiが使えたりと設備が充実。
長距離移動中も快適に過ごせます。ほかのバスではあまり見られない、ホットアイマスクやお茶のサービスがあるのもポイント!

03021.JPG
関東~福岡便の3列独立シート


6. アミー号(アミイファクト)

03022.png
03023.png

<POINT>

◎東北復興支援ボランティアバス

関東~関西・名古屋・新潟を結ぶアミー号には、通常の便のほか、東北へのボランティアツアーバスがあります。関東発のツアーなら、夜に東京駅を出発、翌日にボランティア活動、夕方に温泉入浴、20時頃東京着という1泊2日の日程。
参加者は定期的に募集しています。お弁当、温泉入浴付きのツアーなので、初めてボランティアに行く人にもおすすめ。天災タイプのボランティア保険への加入が必須条件です。

03024.jpg
リーズナブルな料金設定の4列スタンダードシート
ボランティアツアーでは、側溝清掃など、地元の人のニーズに合わさた活動をしています
ボランティアツアーでは、側溝清掃など、地元の人のニーズに合わさた活動をしています


7. ブルーライナー(ブルーストーク)

03026.jpeg

<POINT>

◎全便が自転車積み込みOK

実は自転車積み込みOKの高速バスは、ほとんどないのが現状。しかし、東京~大阪間を走るブルーライナーでは、夜行便も含めた全便で、自転車の積み込みが可能!
サイクリストの強い味方です。バス1台につき先着2台まで、事前に電話での予約が必要です。また自転車1台につき1,500円の積込料がかかります。

4列シートは足元にゆとりあり
4列シートは足元にゆとりあり
自転車を積み込むトランク。積み込む際は、必ず輪行袋に入れましょう
自転車を積み込むトランク。積み込む際は、必ず輪行袋に入れましょう

普段高速バスに乗る人でも、意外と知らないサービスがあったのではないでしょうか?
バス会社ごとの特徴を知ると、いろんなバスに乗ってみたくなりますね。ぜひバス選びの参考にしてみてくださいね。

文/風来堂


※本記事は、2017/05/03に公開されています。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

  • 「旅行読売」と「LCL」が魅力凝縮の初コラボマガジン発売!

    「高速バス LCCで お得な温泉」

    発売日 2016年12月26日(月)
    旅行読売出版社 雑誌コード:09316
    440円(税込)407円(税抜)

    絶賛発売中!

    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    中のひと 

    「高速バスの旅を応援するWebメディア」を運営しています。 これまでバスを利用したことがある人もそうでない人にも 「高速バス・夜行バスで、国内旅行を楽しもう!」をモットーに お楽しみいただける、役立つ情報をさまざま企画してお届けします。 最新情報は、facebook,twitterでも配信!「いいね」「フォロー」をすれば、 更新情報もいち早くキャッチできます。是非、ご利用ください。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 7月 8月
    2,900円 2,450円
    7,200円 6,000円
    2,900円 2,450円
    3,000円 3,500円
    2,000円 2,400円
    15,000円 8,800円
    2,700円 3,000円
    2,300円 2,500円
    2,500円 2,500円
    4,900円 4,300円
    2,600円 2,500円
    1,820円 2,400円
    2,240円 2,600円
    2,400円 3,000円
    2,800円 3,780円
    6,600円 6,000円
    福岡 → 東京
    --- 8,800円
    4,600円 4,300円
    その他の路線を見る

    週間ランキング7/17~7/23のアクセス数ランキング

    最新記事

    主要バスターミナルガイド

    さらに表示

    乗ってみたい!快適シート

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、夜行バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ