初めての高速バス、これでバッチリ! 「高速バス・夜行バス」安心ガイド ~基礎知識編~ | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by 夜行バス比較なび

お役立ち

初めての高速バス、これでバッチリ! 「高速バス・夜行バス」安心ガイド ~基礎知識編~

7,040view

高速バスは飛行機や新幹線に比べおトクで、朝から時間を有効に使えて便利です。でも初めて高速バスに乗るとなると、どこで予約するの?どのバスがいいの?などなど不安なことだらけ。そんな高速バス初心者のために、知っておくと便利、そしておトクで失敗しない「高速バス・夜行バス」安心ガイドをお送りします。

高速バスが初めてという人のための「高速バス・夜行バス」安心ガイドをお届けします。
全国の都市と都市、都市と観光地をつなぐ高速バス・夜行バスを上手に使えば、おトクなのはもちろん、便利で快適なバス旅が楽しめますよ!
まず初めに、高速バス・夜行バスの基礎知識を紹介します。

高速バス・夜行バスはとにかく安い

高速バスの運賃の安さは、他の公共交通機関と比べるとズバ抜けています。日時にもよりますが、仙台~東京間、東京~大阪間なら2,000円以内での移動も可能。とにかく安く済ませたいというときには強い味方です。
浮いたお金でちょっと豪華な宿に泊まったり、ショッピングを楽しんでもいいですね。

移動手段別に運賃を比較すると…
東京~大阪間の場合、高速バスは飛行機、新幹線の半額以下!

高速バス 2,800円~
飛行機 3,470円~
新幹線 13,620円~

※2017年2月13日調べ

バス飛行機新幹線.jpg


夜行バスなら時間が有効に使える!

夜行便で夜のうちに移動すれば、翌日は朝早い時間から活動できるのも高速バスの魅力です。前日、学校や仕事が終わったあとに出発し、朝から1日中遊んで、その日の便で帰る、というような日帰り旅もできちゃいます。
朝一で出発しようと思ったら、寝坊して遅刻…なんていう心配もありません。車中泊になるので宿代がかからないというのもポイント!

東京から京都観光へ行く場合…
バスタ新宿を23:30に出発すれば、京都へは早朝6:30に到着予定! 朝から観光できるので、お寺巡りや座禅体験をしてもいいですね。夜はお宿に泊まってもよし、夜行便の高速バスに乗って日帰りにしてもよし!

図A.png


運賃の割引がいろいろ

早めの予約で安くなる「早割」、出発日間近の予約でオトクになる「直前割」、サイトからの予約で安くなる「ネット割」などなど、割引プランは多く用意されています。おトクな回数券や往復割、学割などもありますよ。
キャンペーンを行っている路線もあり、バス会社によってプランはさまざまです。予約前に比較サイトなどで確認してみましょう。

早割
よく見かけるのは、「21日前」「14日前」「7日前」「5日前」「3日前」割引。最大50%から10%程度安くなります。

直前割
出発日の3日前くらいから、予約締切までの間に適用される割引。安くなる代わりに席指定できない場合も。

回数券
2枚綴り、4枚綴り、10枚綴りなどがあります。1人で利用しても、グループで利用してもOK。有効期限に要注意です!

高速バス・飛行機 LCC・新幹線の運賃比較サイト



サービスエリアのご当地グルメ&お土産探しが楽しい

高速バスは一般の路線バスと違い、高速道路をメインに走ります。高速道路でのお楽しみといえば、サービスエリアでのグルメめぐり! 休憩時間は通常2、3時間に1度、20分ほどとります。
昼行便ならその時間を利用して、お土産を物色したり、ご当地メニュー探しを楽しめますよ。

01001.jpg
名神高速下り、多賀サービスエリアのようす
01002.jpg
東名阪自動車道下り、御在所サービスエリアの松坂牛コロッケバーガー


高速バスは揺れが少ない! 横3列シート、個別カーテンでさらに快適

高速バスは、停車する回数が少なく、比較的まっすぐな高速道路を走るので、揺れはかなり少なめです。座席の種類はいくつかありますが、3列シート以上なら男性でもゆったり座れるでしょう。
最近では座席間にカーテンが付いていたり、車内用スリッパが用意されていたりと、かなりくつろげる空間になっています。

01003.jpg
神姫バス「ゆいプリマー」の3列(1列+2列)シート
01004.jpg
座席間仕切りカーテンを引けば個別空間に早変わり


事前予約で必ず座れる

長距離移動する際、「絶対に座りたい」というのは誰もが思うことですよね。電車だと混雑して座れない…ということがよくありますが、高速バスは事前予約制なので、自分の席が確保されています。
窓側、通路側、前方など座席が選べる場合がほとんど。希望の席があるときは早めに予約しましょう。

01005.gif
乗車券に座席番号が記載されている

電車では行きづらい場所も、高速バスなら直行便がある

温泉地やスキー場などの観光地は、電車を何本も乗り継いで…と意外にアクセスが不便ですよね。しかし高速バスなら、主要な駅から観光地までの直行便が出ていることが多くあります。荷物が多いと乗り換えが億劫ですが、直行なら楽ですね。
ホテル代込みのおトクなツアーバスが運行していたり、スキー・スノーボードの積込みOKなバスもあります。

名古屋から斑尾高原スキー場に行く場合
電車で行く場合は、名古屋から長野まで特急列車で移動し、長野でJR線飯山線に乗り換えて飯山駅へ。飯山駅から斑尾高原スキー場までは、路線バスやタクシーで移動しようやく到着、というように現地まで行くのに3回は乗り換えが必要です。
その点、高速バスなら直行便が運行しているので、ひと眠りしている間にスキー場に行くことができますよ!

図B.png


高速バスは、ほかの交通手段に比べ、運賃がおトクで時間を有効活用できるのが大きなメリット。
旅先や現地での予定に合わせてぜひ利用してみてくださいね。初めてのバス旅を快適で楽しい旅にしましょう!

文/風来堂 イラスト/こいしゆうか 図/国井潤


※本記事は、2017/02/13に公開されています。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

  • 「旅行読売」と「LCL」が魅力凝縮の初コラボマガジン発売!

    「高速バス LCCで お得な温泉」

    発売日 2016年12月26日(月)
    旅行読売出版社 雑誌コード:09316
    440円(税込)407円(税抜)

    絶賛発売中!

    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    中のひと 

    「高速バスの旅を応援するWebメディア」を運営しています。 これまでバスを利用したことがある人もそうでない人にも 「高速バス・夜行バスで、国内旅行を楽しもう!」をモットーに お楽しみいただける、役立つ情報をさまざま企画してお届けします。 最新情報は、facebook,twitterでも配信!「いいね」「フォロー」をすれば、 更新情報もいち早くキャッチできます。是非、ご利用ください。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 8月 9月
    3,100円 2,800円
    6,000円 5,400円
    3,100円 2,800円
    3,300円 3,100円
    2,500円 1,800円
    8,800円 8,200円
    3,440円 3,000円
    2,500円 2,500円
    2,600円 2,800円
    4,300円 4,000円
    2,600円 2,800円
    2,500円 1,800円
    2,500円 2,500円
    3,000円 2,590円
    3,000円 3,100円
    6,000円 5,400円
    9,000円 9,000円
    4,400円 4,000円
    その他の路線を見る

    週間ランキング8/14~8/20のアクセス数ランキング

    最新記事

    主要バスターミナルガイド

    さらに表示

    乗ってみたい!快適シート

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、夜行バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ