SUNQパスで九州バス乗り放題! 熊本城周遊バス「しろめぐりん」で日本三大名城「熊本城」へ 天守閣の凛々しい姿に感動! | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

スポット

SUNQパスで九州バス乗り放題! 熊本城周遊バス「しろめぐりん」で日本三大名城「熊本城」へ 天守閣の凛々しい姿に感動!

九州バス乗り放題「SUNQパス」で旅をしています。「SUNQパス」は高速バスだけでなく、熊本市内の周遊バス「しろめぐりん」にも使えて便利です。日本三大名城「熊本城」を訪れると、美しい天守閣が!被災してもなお凛々しい姿に感動を覚えます。

ざっくり、こんな移動

  • SUNQパスが使える「熊本城周遊バスしろめぐりん」
  • 日本三大名城「熊本城」は被災してもなお凛とした姿
  • 10分おきに出発!「ひのくに号」で福岡へ

阿蘇の極上グルメを堪能してきました。
SUNQパスで九州バス乗り放題! 復興待たれる阿蘇神社参拝と阿蘇が育んだ極上グルメ

「九州横断バス」で阿蘇から熊本市内へ

SUNQパスを使った2泊3日の旅。最終日午前中に、阿蘇をギリギリまで散策した後は、バスで熊本市内へ移動します。

乗るのは、別府発熊本行きの「九州横断バス」
11時33分発です。このバスは1日2便しかなく、乗り遅れると次は17時台・・・・・。何が何でも、乗らねばなりません。余裕をもって阿蘇駅まで向かいました。

20170188_tabata_02.JPG
九州横断バス

利用した日は日曜日だったため、阿蘇駅でバス待ちしている人が10人以上いました。そして、到着したバスも満席に近い状態。先着順のため、本当に乗れるの?? と心配しながらの乗車でしたが、補助席を利用してなんとか全員が乗り込めました。
3連休の最終日や長期休暇中などは、温泉地から乗車してくる方も多く、満員になるようですね。

20170188_tabata_01.JPG
阿蘇駅


SUNQパスが使える「熊本城周遊バス」で熊本市内巡り

到着したのは、約1時間半後の13時10分過ぎ。この間、トイレ休憩などはありませんでした。
熊本市内でも少し遊んで帰ろうと思い、終点の熊本駅前ではなく、2停前の熊本交通センターで下車しました。熊本交通センターはリニューアル工事中のため、簡易的な建物で営業中です。

熊本は路面電車が走っていますが、折角なのでSUNQパスが使える「熊本城周遊バス しろめぐりん」で巡ることにしました。

20170188_tabata_03.JPG
熊本城周遊バス しろめぐりん

交通センターで、時刻表やバス停近くの観光スポットが紹介されているガイドブック「熊本しろめぐりん」(無料)を手に入れて、早速、熊本城へ。バスで約10分です。

熊本城周遊バス しろめぐりん

熊本駅~熊本城 9:00-17:00 20分間隔運行
均一料金 おとな150円 こども80円
周遊1日乗車券 おとな400円 こども200円
Webサイト


被災した日本三大名城「熊本城」

熊本城・二の丸駐車場で降車。すぐに、被災した「熊本城」が目に飛び込んできました。

20170188_tabata_04.JPG
被災した日本三大名城「熊本城」

何度も登城した、日本三大名城の一つである熊本城。テレビの報道で被害情報を見ていたとはいえ、実際に目の当たりにすると悲しさが心を突き抜けていきます。

20170188_tabata_05.JPG
なんとか立っている櫓

当然、城内に立ち入ることができませんが、城の周りをぐるっと歩いて回ることができます。なんとか立っている櫓(やぐら)を支えるのは、崩壊しかけた石垣。今にも壊れそうで、身震いがします。

20170188_tabata_06.JPG
崩壊しかけた石垣

熊本城

熊本市中央区本丸1-1 Google Map
096-352-5900(熊本城総合事務所)
通行可能時間 桜の馬場城彩苑~二の丸駐車場9:00-18:30 新堀橋~加藤神社8:00-17:00 棒庵坂 常時 
Webサイト
現在多くのエリアが立入禁止 周辺から天守閣を見学可能


「勝守」が人気 加藤清正ゆかりの「加藤神社」

熊本城を築城した加藤清正を祀る「加藤神社」にも、多くの参拝者が訪れていました。勇敢な武将として名を馳せた加藤清正ゆかりの神社だけあって、授けられる「勝守」は、全国的に人気があるそうですよ。

20170188_tabata_7.JPG
加藤清正ゆかりの「加藤神社」

実は、この加藤神社が、最も熊本城の天守閣をよく見られる場所でもあるんです。震度7の大地震を2度も受けているのに、ここから見える天守閣はとても凜々しく感じました。大きな勇気をもらいますね。

20170188_tabata_08.JPG
加藤神社からみえる熊本城天守閣

再び周遊バスに乗るため、加藤神社の最寄りのバス停「KKRホテル熊本前」へ。バスは20分毎に運行されているため、ほとんど待たずに乗ることができました。

加藤神社

熊本市本丸二番1 Google Map
096-352-7316   
Webサイト

熊本城周辺には、県の重要文化財である「旧細川刑部邸」や熊本で英語教師をしていた小泉八雲の「熊本旧居」、「夏目漱石内坪井旧居」など、熊本で時を過ごした偉人たちの関連施設が数多くあります。そこにも周遊バスを利用すれば、とても行きやすいです。
(ガイドブックには、最寄りのバス停やバス停からの所要時間も書かれています)

10分おきに出発!「ひのくに号」で福岡へ

帰りの福岡へは、高速「ひのくに号」を利用します。
高速バスなのに、10分おきに出ているという便利さ。しかも予約不要なので、時間を気にせず、熊本市内を巡ることができます。

20170188_tabata_9.JPG
高速「ひのくに号」

ほとんどの車両には、トイレやコンセントがついています。また、少しでも早く帰宅したいという人は、降車バス停が少ない「スーパーノンストップ」を選んで乗るといいでしょう。

20170188_tabata_10.JPG
トイレ・コンセント付き車両が多い


しっかり計画でおトクに楽しめる「SUNQパス」

SUNQパスを利用しての感想は、ずばり「かなり使える!!」でした。金額的にも、通常料金の1/2以下で行くことができたのではないでしょうか。

20170188_tabata_11.jpg
九州バス乗り放題「SUNQパス」

自分で車を運転して行くには、肉体的にとても無理のある行程でしたが、バスなら移動中に寝られるので、目的地で思いっきり楽しむことができました。ただ、バスには要予約と予約不要の便が入り乱れていたり、バスの本数が少なかったりするので、下調べが肝要です。SUNQパスの旅、成功の秘訣は【しっかりした計画】につきます!


※本記事は、2017/02/06に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    田端慶子

    ディレクター/ライター 30代 / 女性

    生まれ育った福岡を拠点に、フリーランスで活動。高校2年の時にニュージーランドでホームステイをしたのをきっかけに海外に興味を持ち、大学生の時にはフランス、ベルギーへ一人旅を敢行。様々な国を旅する中で、日本、とりわけ九州の素晴らしさを再認識した。理想の永住地は福岡orプラハ。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 7月 8月
    大阪 → 熊本
    --- 7,400円
    京都 → 熊本
    --- 7,400円
    兵庫 → 熊本
    --- 9,500円
    210円 210円
    210円 210円
    2,460円 1,950円
    150円 150円
    150円 150円
    350円 350円
    1,700円 1,700円
    その他の路線を見る

    週間ランキング7/6~7/12のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ