こんなドライバーなら乗ってみたい! 高速バス運転手の見えない配慮に感動! | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

トピックス

こんなドライバーなら乗ってみたい! 高速バス運転手の見えない配慮に感動!

バスの運転手は乗客の命を預かる責任の重い仕事です。ですが、普段どういったことに心がけているのか話しを聞く機会はありません。そこで、高速路線バス『さくらクオリティエクスプレス』などを運行する「桜交通」のバスドライバーにインタビューを敢行。思わず「こんなドライバーなら乗ってみたい!」と感じる配慮の数々を紹介します。

バスの運転手は乗客の命を預かる責任の重い仕事。だが、普段どういったことに心がけているのか、話しを聞く機会はありません。乗る側の私たちがドライバーの考えを知ることで、役に立つこともあるはずです。

そこで今回は、高速路線バス『さくらクオリティエクスプレス』などを運行する「桜交通」のバスドライバーにインタビューを敢行。思わず「こんなドライバーなら乗ってみたい!」と感じる目に見えない配慮の数々を紹介していきます。

今回取材したドライバー

桜交通のバスドライバー後上幸史(ごがみ・こうじ)さん。

バスドライバー歴4年以上の後上幸史さん(44)
バスドライバー歴4年以上の後上幸史さん(44)

バス運転手のうれしいこととは…

――早速ですが、ドライバーになろうとしたきっかけを教えてもらえますか。

後上幸史さん 僕はバス旅行が大好きで、若いころからツアーなどにもよく行ってました。ただ、当時は飲食店で調理をやっていたこともあり、いつかなれたらいいなぐらい。接客も好きでしたし、運転も好きなので両方兼ね備えている運転士は魅力的でしたね。いくつも乗りながら「自分でもできるかな」と思ったりしていました。

それで飲食を10年やった後、トラックを2年、海上コンテナを扱う大型トレーラーを8年やって、4年前にようやくバス運転士になりました(笑)

――実際にドライバーになられて楽しいですか?

後上さん そうですね、同じ運転でもトレーラーより接客のある方がいいですね。運転自体はトレーラーの方が技術がいるので面白いですが、お客さんに乗ってもらうのが一番楽しいです。人の命を預かる責任感もありますし。

――高速バスのドライバーでよかったことは?

後上さん いろんな土地に行けるので、その時の四季折々を楽しめることですかね。金沢、大阪、名古屋によく行きますが、春なら桜とかそれぞれで景色が違います。金沢だとこれから雪景色が見られたりもします。運転的には雪は注意が必要ですが。

あと、いろんなお客さんに会えるのもうれしいですね。一期一会じゃないですけど。

――先ほどから接客の話しが出てきますが、バスの運転手はお客さんと話す機会は少ないですよね?

後上さん そうですね。たくさん話すことは基本ないです。むしろ、僕自身もあんまり話すのは苦手な方なので、ちょうどいい感じの接客具合ですね(笑)

乗客への見えない配慮に感動!

話すのは苦手だが接客は好きという後上さん
話すのは苦手だが接客は好きという後上さん
――では、接客に関してうれしかった体験はありますか。

後上さん バスを降りる際に「ありがとうございます」と言葉をいただけるのはうれしいです。SNSでもお客さんから「親切で丁寧だった」と会社宛てに言ってもらえたことがあって、ありがたかったです。

あと、缶コーヒーとかいただくこともありますし、一度だけ“だし昆布”をくださった方がいて(笑) 理由は全くわかりませんが、それで湯豆腐を作ったらすごく美味しかったですね。調理で和食をやっていたのが生きました(笑)

そのほかだと、すごく個人的な喜びなんですが、毎回空調の吹き出しをお客さんに届くようにセッティングしているので、それが動いてなかった時はすごくうれしいです。

――各席の空調の吹き出し位置をドライバーさんが決めているんですか?

後上さん 決まりはないですが、僕はそうしてます。車内にずっといると、お客さんも息苦しくなるので、フレッシュな空気が口元に来ていると楽だと思うんです。さらに、温度をこちらで調節するので、それが動かされていない場合は適温だったとなるわけで(笑) 寒ければ閉められるし、暑ければ隣の人の分まで使う人もいたりしますからね。

少ないかもしれないですが、やっているドライバーさんもいるとは思いますよ。僕自身、バスに乗るのが好きなこともあって、快適に乗ってもらうためにやってますね。それで言うと、ブランケットもなるべく柔軟剤の匂いがするようにしたり、小さいことですけど気を遣っていますね。

――ほかに後上さんが独自でやっていることはありますか。

後上さん 最近は、リクライニングシートを全部倒した状態でお客さんに乗ってもらっています。見ていると、後ろの方にすごく気を遣いながらシートを倒すお客さんが多いんです。特に夜行バスは寝に来ているのに倒せない方もいる。だったら最初から全部倒してあげたら、寝やすいし余計な気を遣わせる必要もないですからね。

僕もそうですが、倒しづらいと感じている人は多いし、半分ぐらいで遠慮する人もいます。戻すのは自由ですし、最初から全部が倒れていれば均等なので、迷惑もかかりませんしね。一応、最初にアナウンスもして倒してあることも伝えています。

※本記事は、2016/12/09に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    中のひと 

    「高速バスの旅を応援するWebメディア」を運営しています。 これまでバスを利用したことがある人もそうでない人にも 「高速バス・夜行バスで、国内旅行を楽しもう!」をモットーに お楽しみいただける、役立つ情報をさまざま企画してお届けします。 最新情報は、facebook,twitterでも配信!「いいね」「フォロー」をすれば、 更新情報もいち早くキャッチできます。是非、ご利用ください。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 2月 3月
    4,100円 3,900円
    4,100円 4,300円
    2,000円 2,000円
    2,480円 2,500円
    2,500円 2,500円
    3,400円 3,500円
    6,900円 7,000円
    9,800円 9,600円
    3,900円 4,000円
    4,900円 5,200円
    3,900円 4,200円
    1,900円 2,000円
    2,700円 2,500円
    2,500円 2,500円
    3,000円 3,500円
    7,000円 7,000円
    9,300円 9,600円
    5,000円 5,300円
    その他の路線を見る

    週間ランキング2/11~2/17のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ