伊勢神宮のおまいりは外宮から内宮へ | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by 夜行バス比較なび

スポット

伊勢神宮のおまいりは外宮から内宮へ

7,965view

伊勢神宮は外宮(げくう)からおまいりするのが昔からのならわしとなっています。正宮の豊受大神、別宮の多賀宮・土宮・風宮におまいりしながら歩き、内宮へ向かうバス停までをご案内します。

ざっくり、こんな観光

  • 伊勢参拝は、別名「おかげまいり」。日々の「おかげ」に感謝の心でおまいりを
  • はじめに外宮からおまいりするのが昔からのならわし。外宮の「豊受大神」は衣食住の神さま
  • 外宮から内宮へは「伊勢鳥羽みちくさきっぷ」が便利。月夜見宮へ立ち寄るのもおすすめ

外宮入口(伊勢神宮のおまいり外宮編)

こんにちは。ふじこです。
(この記事は「「夜行バスで東京から伊勢神宮へ "あおぞらライナー"で早朝到着、たっぷり観光」の続きです)
みなさん、伊勢神宮のスケールがどれくらいか、ご存知ですか? ぜんぶ合わせるとフランスのパリとほぼ同じ面積だそうです。
伊勢神宮のなかには全部で125社もあります。最高神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)がまつられている「内宮」、天照大御神のお食事をつかさどる豊受大神(とようけのおおかみ)がまつられている「外宮」、さらに14の別宮、43の摂社、24の末社、42の所管社。とても広いです。

神楽殿(伊勢神宮のおまいり外宮編)
こちらは外宮の神楽殿。お札やお守りの授与をおこなっています。

アクセスは、宇治山田駅から徒歩約10分、伊勢市駅から徒歩約5分。
外宮からおまいりするのが昔からのならわしとなっていて、伊勢参拝は、別名「おかげまいり」とも呼ばれており、日々を無事に過ごせることへ、「おかげさま」の感謝の心でおまいりするものとされています。



衣食住をつかさどる神さま、豊受大神

衣食住は私たちにとって、欠かすことのできないもの。夜行バスなら朝早く到着できるので、「豊受大神(とようけのおおかみ)」へぜひ訪れてほしいです。
内宮のシャキっとした清浄感もよいですが、外宮のしずかで落ち着いた空気感は、また内宮とちがった安らぎを感じられるはず。ぜひゆっくり歩いてみてください。

外宮参道森 (伊勢神宮のおまいり外宮編)




「衛士見張所」で地図を手に入れたら、正宮でおまいり

外宮へ入る前に、橋をわたる手前右側の「衛士見張所(えしみはりしょ)」で神宮の地図をもらいましょう。オモテとウラに、内宮と外宮の地図と、それぞれのお宮の説明が載っています。
そのあとの正宮(しょうぐう)参拝は、こんな流れになります。

  1. 橋を渡って左側にある、手水舎で手口を清めます。
  2. 鳥居をくぐるときは、一礼。
  3. ひとつひとつの鳥居をくぐるたびに、神域に近づいてゆきます。
    参道のまんなかは、神さまの通りみちなので、端を歩きます。 まっすぐすすんで、正宮で豊受大神にごあいさつしましょう! 外宮の入口から5分くらいで到着します。

外宮正宮 (伊勢神宮のおまいり外宮編)
正宮で豊受大神にごあいさつしましょう!


別宮は、多賀宮→土宮→風宮の順で!

正宮でのおまいりが終わったら、別宮へおまいりです。
まずは、階段をのぼって外宮の別宮のなかでも第一別宮とされる多賀宮(たかのみや)へ。

外宮階段(伊勢神宮のおまいり外宮編)
この階段、100段近くもあるそうです!

この先に、豊受大神の荒御魂(あらみたま)がまつられています。
荒魂とは、和御魂(にぎみたま)と対になっていて、神さまの荒々しい側面をもった魂とのこと。活動的で、ものごとを生み出すエネルギーに満ちたものとみなされています。
土宮(つちのみや)には、むかしからこの土地をまもってきた神さまがまつられています。風宮(かぜのみや)には、文字通り風の神さまがまつられています。

土宮 (伊勢神宮のおまいり外宮編)

外宮のおまいりは、ゆっくりまわって30分くらいです。
ふじこは8時10分に宇治山田駅に到着、朝ごはんを食べて、外宮でおまいりをしてくると9時過ぎでした。
(ふじこは伊勢神宮がはじめてではないので、足がちょっと早めかと思います)



外宮のおまいりが終わったら、バスで内宮へ

月夜見宮 (伊勢神宮のおまいり外宮編)
秋は紅葉がとてもキレイなんですよ!(昨年秋の写真です)

そのまま外宮から内宮へ向かう場合は、バス停「外宮前」から「内宮前」ゆきのバスが出ています。
バスに乗る前に、前回の記事でご紹介したお得なフリー乗車券「伊勢鳥羽みちくさきっぷ」を買っておきましょう(外宮前の観光案内所で購入できます)。
バス停は、外宮の表参道口と道路を挟んだところにあります。2番のりばに、内宮ゆきのバスが来ます。
週末や祝日は臨時便も運行されるようなので、さほど待つことなくバスに乗れると思います。

バス停 (伊勢神宮のおまいり外宮編)


月夜見宮にもおまいりしたい! というかたは、伊勢駅方面へ

伊勢市駅の近くに、月夜見宮(つきよみのみや)があります。
ここへ立ち寄るなら、外宮から帰るときに神楽殿の手前を左に入り、北御門口からまっすぐ民家の間を進んで徒歩5分です。
月夜見宮から内宮へは「伊勢市駅前」からバスに乗るのが便利ですよ。




このほかにも伊勢神宮の旅をレポートしています

夜行バスで東京から伊勢神宮へ 「あおぞらライナー」で早朝到着、たっぷり観光
伊勢神宮・内宮のおまいりは、この順番でいこう!
おはらい町&おかげ横丁で伊勢名物を食べよう♪
みちひらきの「猿田彦神社」から縁結びの「夫婦岩」へ。五十鈴川駅前からバスで行く二見浦

※本記事は、2015/04/16に公開されています。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

  • この記事を書いたライター

    ふじこ

    旅行愛好家 30代 / 女性

    キレイな景色と美味しいモノが大好き。旅のモットーは「どんな状況も楽しむこと」

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 9月 10月
    4,200円 3,500円
    4,200円 3,500円
    1,600円 1,600円
    7,600円 7,600円
    その他の路線を見る

    週間ランキング9/11~9/17のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナルガイド

    さらに表示

    乗ってみたい!快適シート

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、夜行バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ