大崎からの新路線でさらに便利!東京から成田空港へのLCCバスは格安&コスパ抜群 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

大崎からの新路線でさらに便利!東京から成田空港へのLCCバスは格安&コスパ抜群

大崎から成田空港への高速バス「成田シャトル」が、10月31日から運行されます。東京駅から運行している「東京シャトル」や銀座駅にも停まる「THEアクセス成田」などもあり、ラインアップが充実してきました。成田空港行きの便利で格安の、それぞれの路線を紹介します。

ざっくり、こんなTIPS

  • 大崎から成田空港「成田シャトル」が10/31に運行開始
  • 「東京シャトル」はWeb予約で900円
  • 「THEアクセス成田」は深夜便に女子専用車あり

大崎から成田空港へのバス便が10月31日から運行されます。
東京駅から成田空港へのバス便も含めて、運賃や装備などを紹介します。

ウィラーの「成田シャトル」は大崎発

ウィラーが10月31日から「成田シャトル」の運行を開始します。東京都品川区の大崎バスターミナル出発で、成田空港、千葉県芝山町を結ぶ新路線です。

大崎駅西口バスターミナルから出発する「成田シャトル」
大崎駅西口バスターミナルから出発する「成田シャトル」
大崎駅西口バスターミナル.jpg
大崎駅西口バスターミナル

千葉交通、京成バスと共同運行で、大崎出発は早朝5時から深夜25時台まで23本で、芝山町役場出発で成田空港を経由して大崎着は20本。
大崎出発の最終便となる25:00発の成田シャトルは、成田空港第1ターミナル、第2ターミナルには停まらず、LCC専用の第3ターミナルに26:20に到着します。LCCの早朝便に乗るなら、この最終便を利用する方法もありです。
運賃は片道1,200円で、WEB割だと1,000円。所要時間は90分から140分を見込んでいて、最短では75分と予想しています。
また、新シート採用の新型車両を6台導入して、各シートに充電用USBポートを設置。さらに無料Wi-Fiの利用も可能で、快適に成田空港まで移動できます。

成田シャトルの黒いシート
成田シャトルの黒いシート
成田シャトルの白いシート
成田シャトルの白いシート


ウィラー 成田シャトル

【区間】大崎バスターミナル⇔成田空港(第1、第2、第3ターミナル)・芝山町
【運賃】片道1,200円(こども半額)
【割引】WEB割1,000円(こども料金の設定なし)
【所要時間】90分~140分 ※最短75分予想
【バス内の装備】各シートUSBポート、無料Wi-Fi(バス便によって異なる)
【始発】大崎発5:15 芝山町役場発5:15 【最終】大崎発25:00 芝山町役場発22:15 Webサイト
【予約】
大崎⇒成田空港・芝山町のバス便「夜行バス比較なび」

東京駅から「東京シャトル」と「THEアクセス成田」が運行

東京駅から成田空港へは、「東京シャトル」と「THEアクセス成田」が運行しています。

東京シャトルは、日中は20分間隔で運行していて、成田空港への直行便は全部で54便。大江戸温泉物語、東雲車庫出発の便もあって、東京駅を経由して何本かは銀座にも停まります。

東京シャトル.PNG
出典:京成バス東京シャトルのWebサイト

全便のうち、LCCに対応した深夜出発便は深夜1時台に2便、2時台に1便、4時台に2便です。これらはいずれも成田空港第3ターミナルに最初に停まるのもポイントです。
運賃は事前予約で決済済みは900円で、予約なしの場合は1,000円、深夜・早朝便は2,000円です。回数券もあります。交通系ICカードも使えます。
東京シャトルの特徴として、地下鉄乗り放題パスとのセットや、大江戸温泉物語の優待割引、成田空港のカプセルホテル「ナインアワーズ」のセットプランなど、お得なセットが用意されています。
バスの設備は4列シートの車両が多いですが、中にはトイレ付きで足元がゆったりしている便もあります。
京成バス 東京シャトル
東京シャトル 東京⇒成田空港のバス便「夜行バス比較なび」

もうひとつのTHEアクセス成田は、日中は銀座駅、東京駅発あわせて54便が運行されています。深夜・早朝便は深夜1時台に2便、4時台に1便で、1時台のひとつは女性専用車です。

THEアクセス成田.PNG
出典:THEアクセス成田THEアクセス成田のWebサイト

また、東雲イオンからも運行されているほか、銀座、東京を18:30以降に出発で、成田空港近隣のホテル行きの便もあります。
運賃は、片道1,000円で深夜・早朝便は2,000円で、インターネットでの予約は可能ですが、事前予約での割引などはありません。交通系ICカードも利用可能です。
THEアクセス成田の特徴は、全便に20~30の自由席を設けていて予約なしで乗れることです。交通系ICカードで乗車できるので、普段のバスと変わらない感覚で乗車が可能です。
バスの設備は運行会社によって異なりますが、4列シートながらゆったり感のあるものが多く、トイレが付いてます。
THEアクセス成田

東京シャトルとTHEアクセス成田の比較

東京シャトル THEアクセス成田
出発地 大江戸温泉物語、東雲車庫、東京駅、銀座駅 東雲イオン、銀座駅、東京駅
総便数 54 57
始発 5:20 5:40
最終 21:00 18:00
深夜早朝便 6 3
女性専用車 なし あり
通常運賃 1,000円 1,000円
事前予約割引運賃 900円 なし
深夜便運賃 2,000円 2,000円
Web予約 可能(2日前17:00まで) 可能(乗車時刻1時間前まで)
当日乗車 可能 可能
シート 4列 4列
トイレ あり(運行便により異なる) あり
ICカード支払 可能(950円) 可能
回数券 あり なし
その他 地下鉄、カプセルホテル、
温泉とのセットプランなどあり
成田空港近隣ホテルへの直行バスあり
運行会社 京成バス、成田空港交通、
京成バスシステム、
リムジン・パッセンジャーサービス
ビィー・トランセ(あすか交通、平和交通)、
JRバス関東


大崎発の「成田シャトル」ができたことで、成田空港への移動の選択肢が増えましたね。
東京駅から運行されている「東京シャトル」「THEアクセス成田」も含めて、プランによって使い分けて、旅を楽しみましょう!

※本記事は、2016/10/26に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 最新情報は、Twitter、facebook、LINE@でも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 5月 6月
    520円 520円
    580円 580円
    1,400円 1,700円
    1,400円 1,700円
    1,400円 1,700円
    1,900円 1,750円
    1,800円 1,900円
    3,800円 3,800円
    2,100円 2,530円
    2,400円 2,610円
    2,300円 2,500円
    1,850円 2,000円
    1,400円 1,400円
    1,500円 1,300円
    720円 720円
    1,030円 1,030円
    1,180円 1,180円
    1,050円 1,300円
    1,400円 1,000円
    1,300円 1,300円
    1,600円 2,070円
    1,830円 2,330円
    3,300円 3,000円
    1,830円 2,330円
    1,500円 1,700円
    3,000円 2,400円
    2,700円 2,700円
    3,800円 5,000円
    3,600円 2,000円
    2,600円 3,110円
    4,400円 5,400円
    4,000円 5,000円
    4,000円 5,000円
    7,500円 7,800円
    6,240円 5,700円
    5,600円 5,200円
    6,240円 5,800円
    6,000円 5,900円
    7,900円 8,300円
    9,800円 9,800円
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/13~5/19のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ