連休は高速バスで金沢へ! 金沢駅もてなしドーム「鼓門」でプロジェクションマッピング | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

トピックス

連休は高速バスで金沢へ! 金沢駅もてなしドーム「鼓門」でプロジェクションマッピング

金沢駅もてなしドーム「鼓門」にて、10月8日(土)、9日(日)の夜にプロジェクションマッピングが行われます。夜行バスで帰るなら、最後まで楽しんでも余裕ですよ!

金沢駅もてなしドーム「鼓門」でプロジェクションマッピング

10月8日(土)、9日(日)の2日間、金沢駅もてなしドーム「鼓門」で、プロジェクションマッピングが開催されます。
金沢駅もてなしドーム「鼓門」プロジェクションマッピングは、金沢市と金沢工業大学との連携事業(夜のにぎわい創出事業)として2013年度から開催されています。

金沢プロジェクションマッピング640.jpg

今回で4回目で、2015年春に開業した北陸新幹線による観光客増加を受けて、夜のにぎわいの更なる創出を目的としています。
鑑賞型プロジェクションマッピングは「~彩鳥 Irodori~」をメインテーマに、金沢の文化や歴史、自然を加賀五彩の五色で表現。それらを色に合わせて五つの物語とし、鳳凰の誕生とともに紡いでいくような映像で、金沢の文化を色あざやかに表現します。

参加型プロジェクションマッピングのテーマは、「鳳凰と彩る星の花」で、金沢の夜空に輝く星々から鼓門に花の種がまかれ、その種を鳳凰と会場の方々と共に育て、鼓門全体に花を咲かせる演出。
会場の想いを込めた新たな星の種を鳳凰が持って、金沢の街に種を振りまいて「賑わい」を広げてもらいます。
金沢工業大学 金沢駅もてなしドーム「鼓門」プロジェクションマッピング「金澤月見ゲート」開催

金沢への高速バス・夜行バスは便数が豊富

金沢への高速バス・夜行バスは、北は宮城、西は京都、大阪から運行しています。東京からの最安値は2,400円で約8時間から9時間、大阪からは2,840円で昼行便で約4時間30分。
北陸新幹線では東京から金沢まで14,120円なので、それに比べるとかなり格安です。

※2016年10月6日現在「夜行バス比較なび」調べ

金沢への高速バス・夜行バス

便利な高速バス・夜行バスで、金沢へ華麗なプロジェクションマッピングを見に行きましょう!

※本記事は、2016/10/06に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    中のひと 

    「高速バスの旅を応援するWebメディア」を運営しています。 これまでバスを利用したことがある人もそうでない人にも 「高速バス・夜行バスで、国内旅行を楽しもう!」をモットーに お楽しみいただける、役立つ情報をさまざま企画してお届けします。 最新情報は、facebook,twitterでも配信!「いいね」「フォロー」をすれば、 更新情報もいち早くキャッチできます。是非、ご利用ください。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 4月 5月
    2,130円 2,130円
    2,300円 2,480円
    2,500円 2,400円
    2,500円 2,400円
    2,740円 2,740円
    7,710円 7,710円
    7,710円 7,710円
    5,500円 5,500円
    2,130円 2,500円
    2,300円 2,480円
    4,710円 4,710円
    1,500円 1,500円
    1,500円 1,500円
    720円 720円
    1,850円 1,850円
    5,400円 5,400円
    その他の路線を見る

    週間ランキング4/8~4/14のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ