早朝営業が高速バスユーザーにうれしい。静岡「おふろcafe bijinyu」で朝風呂してみた! 温泉や設備を徹底解説 | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

早朝営業が高速バスユーザーにうれしい。静岡「おふろcafe bijinyu」で朝風呂してみた! 温泉や設備を徹底解説

静岡駅からバスで約20分、静かな街中にある「おふろcafe bijinyu」。朝5:00から夜24:00まで営業している日帰り温泉施設で、夜行バスで朝早い時間に到着したときや出発まで時間があるときにも便利です。今回、静岡に泊まって朝風呂に行ってみたので、そのときの様子をお伝えします!


目次


おふろcafe bijinyuってどんなところ?

静岡市にある日帰り温泉施設。地下から湧き出る無色透明の天然温泉「籠上温泉」を使っています。

おふろcafe bijinyu 外観
おふろcafe bijinyu 外観(画像提供:おふろcafe bijinyu)

このお湯はphが9.9と高く、汚れや角質をやさしく中和しながら新陳代謝を促進することで、美肌効果が期待できると言われています。「bijinyu」という名前にはきちんと理由があるのです。

おふろcafe bijinyu
おふろcafe bijinyu(画像提供:おふろcafe bijinyu)

そんな大浴場のほか…

・開放感のある大きな窓がある「ラウンジ」
・静岡の名物グルメも出しているカフェ「cafe & restaurant sizzre」
・マンガや雑誌など、幅広いジャンルの本が揃う「ライブラリ」

など、楽しみながらリラックスできる設備がいくつも入っています!

おふろcafe bijinyu

静岡県静岡市葵区籠上15-15 Google Map
054-252-1126 5:00~9:00(1階のみ)10:00~24:00
定休日:第3火曜日、6月と11月の第3水曜日
Webサイト


おふろcafe bijinyuの料金システム

おふろcafe bijinyuにはフリータイムコースと時間制コースがあります。料金は以下の通り。

フリータイムコース(10:00~24:00)
館内着・タオル付き
平日 1,480円
土日祝 1,680円
時間制コース(10:00~24:00)
館内着・タオルなし
60分 90分 120分
平日 630円 830円 1,030円
土日祝 730円 930円 1,130円

フリータイムコースは時間内であれば、何時間でも滞在できるコース。館内着・タオルも付いてくるので、手ぶらでも利用できるのが嬉しいですね。ちなみに、時間制コースでも別料金で館内着・タオルを付けられます。

ただ! 今回利用する朝風呂はこのフリータイムコース・時間制コースと関係なく一定の料金です。

朝風呂入館(5:00~9:00)※最終入館8:30
館内着・タオルなし
平日 630円
土日祝 730円

朝風呂入館でもレンタルタオルを300円で利用できます。

※2024年4月現在


いざ、朝風呂へ!

バスの本数も多く、バス停からも近い

朝7:00、静岡市内のホテルを出てバス停へ向かいます。今回は市役所前バス停から乗車。

市役所前バス停
市役所前バス停

おふろcafe bijinyuは駅から離れているため基本的にバス移動になりますが、路線バスは朝から夜までそこそこ本数があるため安心。このときは土曜日の朝でしたが、10分に1本くらいはバスがありました。アクセスは記事後半で詳しく紹介しています。

アクセス方法は? 最寄りバス停へは静岡駅・新静岡駅から10~15分ほど

朝からぼちぼち乗ってます
朝からぼちぼち乗ってます

朝からなかなかのにぎわい!

「妙見下」バス停から施設までは徒歩3分ほど。看板もあってわかりやすいです。店舗前の駐車場にはたくさんの車が停まってます!

休日朝なので車も少なく静かな雰囲気
休日朝なので車も少なく静かな雰囲気

道沿いに現れる看板
道沿いに現れる看板

おふろcafe 入口
おふろcafe 入口

到着したのは7:20ごろですが、その時点でお風呂あがりっぽい方もたくさんおられました。5:00から営業してますから、そりゃそうですよね~。


大浴場をご紹介

※ここからの写真は営業後に許可を得て撮影させていただいたものか提供いただいた写真です

受付をすませ、早速朝風呂へ。ロッカールームは広く、洗面スペースの数も多いです。

広いロッカールーム
広いロッカールーム
洗面スペース、明るい雰囲気です
洗面スペース、明るい雰囲気です

大浴場内も広く、なにより明るい! 露天風呂はありませんが、これだけ明るく天井も高ければ屋内だけでも十分ですね。湧き出ている籠上温泉はぬる湯とあつ湯があり、好みに合わせて温度を選べます。あつ湯のほうはなかなかに熱かったです。

明るい大浴場
明るい大浴場(画像提供:おふろcafe bijinyu)
籠上温泉
籠上温泉(画像提供:おふろcafe bijinyu)
籠上温泉の解説
籠上温泉の解説

「カブラヲ温泉」は静岡市内のカブラヲという場所からタンクローリーで運んできている温泉。硫黄分が多く含まれており、美白の湯とも言われています。こちらも気持ちよかったです!

カブラヲ温泉
カブラヲ温泉

ほかにも座り湯や腰掛湯、蒸し風呂など、お風呂の種類は豊富です。

蒸し風呂
蒸し風呂(画像提供:おふろcafe bijinyu)

洗い場にはシャンプー・コンディショナー・ボディソープが備え付けになっているので、アメニティ類の持ち込みはナシでも大丈夫。女性浴室にはメイク落とし・化粧水・乳液の用意もあります。

また、脱衣所の洗面スペースにはコンセントがありヘアアイロンの持ち込みも可能。お風呂上がりにしっかり髪をセットできるのはうれしいですね!


お風呂上がりはラウンジでひとやすみ…

お風呂を出たらゆっくり一息。朝風呂の場合、2階にあるライブラリやカフェは利用できませんが、1階にあるラウンジは使えます。

開放感のある1階ラウンジ
開放感のある1階ラウンジ
座れるところも多いです
座れるところも多いです

火の揺らぎに癒やされる暖炉スペース
火の揺らぎに癒やされる暖炉スペース

ちなみにこのラウンジにも本がある程度置かれており、一角はライブラリのようになっています。

いろんなジャンルの本があります
いろんなジャンルの本があります

また、屋外テラス席は火照った身体をクールダウンするのにもピッタリ。特に今回訪れたのは4月のちょうどよい気候の日だったので、外気がめちゃくちゃ気持ちいい!

テラス席
テラス席


ショップで静岡みやげもGET!

ラウンジには、夜行バスあるある「時間が早すぎて(遅すぎて)お土産屋さんが開いていない問題」を解決してくれるショップが。朝風呂利用でも地元静岡のおみやげを買えます。

ショップコーナー
ショップコーナー
地元のクラフトビールなども販売しています!
地元のクラフトビールなども販売しています!


ライブラリは思い思いに過ごせるステキ空間

朝風呂では2階へは行けませんが、今回特別にどんな感じか見せていただきました。

まずはライブラリ。4月なので桜が咲いて春仕様になっています。季節ごとに内装の雰囲気を変えているとのことで、こだわりがすごいです。

春仕様!
春仕様!

本の量も1階と比べてかなり多め。スペースも広く、ふかふかのクッションや一段下がったバスタブソファでゆったりとくつろぎながら、1人でもグループでも読書を楽しめます。

雑誌類や…
雑誌類や…
マンガもたくさん!
マンガもたくさん!
バスタブソファ
バスタブソファ
仕切りのあるベッドブース
仕切りのあるベッドブース
フリーPC
フリーPC
なかなか見ないボードゲームも?
なかなか見ないボードゲームも?

さらにはハンモックもあったりして、本当に「どこでも好きなところで好きなように過ごせる空間」に仕上がっています。これはついつい長居してしまいそう。

ハンモック
ハンモック


お腹が空いたらcafe & restaurant sizzreへ

すぐ隣のカフェはフード類も充実。もちろん、こちらも館内着で利用できますよ。釜揚げしらすなど、静岡名物を使ったメニューもあり、観光で来てもグルメを楽しめますね。

静岡名物を使ったメニュー
静岡名物を使ったメニュー
席数も多いです
席数も多いです

湯上がりに食べたいアイスキャンデー
湯上がりに食べたいアイスキャンデー

カフェ

営業時間 11:00~
ラストオーダー 21:00


昼寝もしちゃう?

お風呂に入ってご飯も食べて、ちょっと眠くなってきたら昼寝の時間。

2階にはリクライニングチェアやマッサージチェア、しっかりスペースが区切られた仮眠スペースなど、ちゃんと横になれるエリアがあります。コンセント完備のスペースもあるので、充電しながら仮眠もできますよ。

リクライニングチェア
リクライニングチェア
マッサージチェア
マッサージチェア


アクセス方法は? 最寄りバス停へは静岡駅・新静岡駅から10~15分ほど


おふろcafe bijinyuへは静岡駅・新静岡駅からバスで1本。朝は6時台から夜は22時台まであり、本数もかなり多めです。

最寄りのバス停は「妙見下」停留所。静岡駅前・新静岡駅前どちらからも、安部線・美和大谷線に乗れば10~15分程度で到着。運賃は190円でICカードも利用できます。ICカードが使えるのは安心ですね。

妙見下バス停
妙見下バス停


まとめ

静岡市にあるおふろcafe bijinyuを紹介しました。

本のジャンルが漫画や雑誌だけでなくデザイン系や小説系まで幅広く揃っていて、ラウンジ・ライブラリ合わせて過ごせるスペースがとにかく多いので、どんな人にも楽しみ方がありそうだなと感じました。

すっきりするために朝風呂を使うもよし、ゆったり時間を過ごすためにフリータイムでのんびりするもよし、夜行バス乗車前のお風呂と時間つぶしに使うもよし。旅程に合った使い方をしてみてくださいね。

〆写真.JPG

静岡行き高速バス

※取材協力/おふろcafe bijinyu


※本記事は、2024/05/27に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

この記事を書いたライター

Goomba

ライター 20代 / 男性

寒いところが好き

このライターの記事一覧
このライターの最新記事
関連キーワード
  • 高速バス比較サイト バス比較なび

注目PICK UP

最安値価格情報(高速バス片道)

区間 6月 7月
2,100円 2,100円
2,100円 2,100円
3,600円 3,800円
3,600円 3,800円
4,100円 4,100円
2,860円 2,860円
3,000円 3,000円
静岡 → 静岡市・清水
--- 3,500円
2,600円 2,600円
その他の路線を見る

週間ランキング6/3~6/9のアクセス数ランキング

さらに表示

さらに表示

さらに表示

最新記事

人気の記事まとめ

主要バスターミナル周辺ガイド

さらに表示

個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

さらに表示

最新情報をSNSでチェック!

バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

ページトップへ