ブルーライナーで新宿→大阪・天王寺に乗ってみた「夜行バスで格安旅行を満喫」 | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

ブルーライナーで新宿→大阪・天王寺に乗ってみた「夜行バスで格安旅行を満喫」

【夜行バスの乗車体験漫画】東京→大阪がなんと4,500円とチョーおトクな夜行バス、ブルーライナーのスタンダード4列シートに乗ってみた乗車体験レポ漫画!※現在「ブルーライナーC便」と名称変更

2013年8月1日から「高速バス」の制度が大きく変わり、停留所の設置が義務化がされました。この漫画は、制度が変わる前の内容になるため、現在、乗降場所が変更になっております。予めご了承ください。新しい乗降場所については、バス会社さんにご確認をお願い致します。

皆さん今回の旅では、私、あることにこだわってみました。 それは、ズバリ「値段!」 「安くて快適」を日々求めてきましたが、今回は「安さ」を重視してみました。 とにかく夜行バスを安く利用したい方、必見です。

そんな中、インターネットで探し当てたのが、ブルーライナー。 東京・大阪間、4列シートの夜行バスが、なんと4500円。おーこれは安い。 新宿発の「おそ便」という便をさっそくネットから予約。

そして、さらに! 「早割14」というのがあって、14日前までに予約すると最大500円安くなるというお得情報も発見。でも、今回は利用できず、残念…

東京・新宿から、大阪天王寺まで約8.5時間の旅です。 新宿23:30発→約8.5時間4500円(日曜出発)※出発日により、値段変動あり→大阪天王寺7:55着

ネットで予約後、予約番号が出ます。それを控えてコンビニへ行き、専用機に入力して、出てきたレシートをレジへ。支払い後、領収書兼控えをもらいました。 予約番号入力→レシート→レジで支払い

いよいよ、出発当日。新宿西口を出て、集合場所へ向かいました。 お、エレベータがある。地下道を5分ほど歩いたところにエレベーターがありました。

地下道からのエレベーターで上がったところすぐに、既にバスは到着していました。係りの人に名前を言って、受付完了です。 バスに乗りこむ前に、スーツケースを預けました。

【ご注意】2013年8月より、乗車場所が変更されています。【新宿南側バス駐車場】

座席表が、はり出されていたので、自分の席を確認。

バスの車内は、こんな感じ。印象はごく定番の4列シートです。

自分の席に座ると、ブランケットがありました。

席と席との間隔は、こんな感じ。そんなに広くはないので、リクライニング時は、後ろの人への配慮が必要です。

バスが出発して、最初の愛鷹PAに着くと、歯ブラシを持って、トイレへ。 休憩時間は、15分ほど。トイレ、歯磨き、洗顔等を済ませておきます。

すっかり寝る準備も整い、バスに戻ってくると、学生らしき女の子達が楽しそうに外でおしゃべりしていました。 今回、若い人達の姿を、よく見たように思いました。

再び、自分の席に着くと、係りの人が点呼をして、バスが出発。そして消灯しました。My首枕があると楽です。(ふくらませる携帯用)腰には、タオル等を丸めて当てておくと、体への負担減。

そういえば、学生の頃、格安バスで、TDLまで行ったりしたなぁ… 行きも帰りも夜行バスで体力あったなァ…しみじみ…なんて思い出もなつかしみながら、就寝…

眠りについてから、しばらく…。隣の人との距離が近く、気付くともたれかかってしまっていて…

ハッと気付いて、体勢を整えました(焦)でも、女性の隣は女性と決められているハズ(女性安心シート)なので、こんな時も安心ですね。(いや、もたれられたら迷惑です)

その後、2回トイレ休憩があり、そして朝に。バスは京都あたりまで来ていました。

【注意】2013年8月より、降車場所が変更されています。【天王寺公園バス駐車場】

「まもなく終点、天王寺です。お忘れ物ないようご準備ください。」そして、目的地天王寺に到着します。というアナウンスがあり、降りる準備を始めました。

そして、バスは大阪天王寺に到着。

バスを降り、スーツケースを受け取って、駅へと向かいました。 今回の格安ツアー。学生時代を思い出し、少し若返ったかも…シート自体はちょっと狭いけど安さはやはり魅力的です。

本日のつぶやき… 格安ツアーのブルーライナー。 5000円以下で、東京・大阪間を移動できるとは、なんて魅力的なお値段なの…。 さらに、平日出発であれば、もっと安く移動できます。 そして、早割14も利用すれば、さらにお財布に優しいですね。 シート自体は、ザ・4列シートといった印象ですが、車内は、普通にきれいなバスでした。体力に自信のある方、とにかく安く移動したい方におすすめのバスです。

※本記事は、2012/03/24に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    よしみ

    イラストレーター 30代 / 女性

    大阪で、イラストを描くお仕事をしています。シンプルで柔らかなイラストが好きです。夜行バス漫画は、ひょんなところからご縁をいただき、今日これまで描いてきました。初期の頃、登場人物は私一人でしたが、それでは飽き足らず、旦那や子供も(勝手に)いつの間にやら登場することに。そんなこんなで、日々ゆるやかにパワーアップ中。みなさん、どうぞよろしくです。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 5月 6月
    2,400円 2,900円
    4,100円 6,800円
    650円 650円
    兵庫 → 天王寺
    --- 1,000円
    1,920円 1,920円
    12,400円 10,400円
    4,100円 4,500円
    3,000円 2,900円
    茨城 → 天王寺
    --- 10,400円
    4,900円 4,900円
    6,900円 6,900円
    大分 → 天王寺
    --- ---
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/10~5/16のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ