年間30万人が訪れる人気の花名所! バスツアーで行きたい天空の花畑、広島・世羅高原農場 | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

観光・アクセス

年間30万人が訪れる人気の花名所! バスツアーで行きたい天空の花畑、広島・世羅高原農場

西日本最大級の花畑が楽しめる、広島の世羅高原農場をご紹介! 春の桜やネモフィラに始まり、チューリップやあじさい、イングリッシュローズ、藤の花と四季を通じて楽しめる、まさに花の楽園です。アクセス方法は車やバスとなるため、花めぐりバスやバスツアーを利用するのがおすすめ。


目次


初春~冬も楽しめる! 広島の花名所・世羅高原農場

世羅高原農場は、四季折々の絶景が楽しめる花観光農園です。広島県・世羅高原内に全部で4つの農園があり、すべて合わせるとその規模は全国でも最大級! 年間で約30万人が訪れる人気スポットです。

世羅高原農場入口
世羅高原農場入口

その人気の秘密は、広大な花畑と花の美しさ。自然豊かな世羅高原は標高350~540mの位置にあり、夏は涼しく朝晩の寒暖差が大きいことから、美しい花を長く楽しめるのです。

もうひとつ大きな魅力なのが、花の種類やイベントの豊富さ。世羅高原農場の4つの花農園はすべて特色が異なるため、各農園で違う花やイベントが楽しめるのです。そのため、初春から冬までどの季節でもそれぞれのお楽しみが!

4つの花農園は、「世羅高原農場」「Flower village 花夢の里(かむのさと)」「せらふじ園」「そらの花畑 世羅高原花の森」があります。年間のイベント予定をざっくりとまとめたのがこちらです!

「世羅高原農場」年間イベント予定
「世羅高原農場」年間イベント予定

※イベント日程は2023年分、5月現在の予定です。日程はその年や開花状況によって前後します


つまり、1~2月以外の一年中いつでも、世羅高原農場では季節の花イベントが楽しめるのです!

4つの花農園は、イベント開催時のみオープン。それぞれが車ですぐに移動できる距離にあります。複数イベントが開催されている時期には、花めぐりバスやバスツアーを利用すれば、1日にいくつも巡れますよ。

では、それぞれの花農園の魅力をご紹介します。


1)世羅高原農場

4つの農園の中でもメインとなるのが、世羅高原農場! もっとも規模が大きく、イベント数も多く、世羅高原の魅力をたっぷり満喫できるスポットです。

なにせ農場内は約15万平方メートルと、東京ドーム以上に広大! そこがすべて花で埋まるのですから、まさに圧巻の花景色です。散策には1時間以上かけるのがおすすめですよ(イベントによっては、園内の敷地をすべて開放していないときもあります)。

東京ドーム以上の広さを誇る世羅高原農場
東京ドーム以上の広さを誇る世羅高原農場

開催イベントは4つ。初春の「さくら祭り」(開催目安:3月下旬~4月上旬)、春の「チューリップ祭」(開催目安:4月半ば~5月半ば)、夏の「ひまわりまつり」(開催目安:7月下旬~8月下旬)、秋の「ダリアとガーデンマム祭」(開催目安:9月上旬~10月下旬)です!

しだれ桜や菜の花、ヒヤシンスなど初春の花が美しい「さくら祭り」
しだれ桜や菜の花、ヒヤシンスなど初春の花が美しい「さくら祭り」(画像提供:世羅高原農場)
春の「チューリップ祭」では日本一の花絵も登場
春の「チューリップ祭」では日本一の花絵も登場
夏の「ひまわりまつり」では50品種110万本のひまわりが登場!
夏の「ひまわりまつり」では50品種110万本のひまわりが登場!(画像提供:世羅高原農場)
「ダリアとガーデンマム祭」ではダリアの花摘みコーナーも
「ダリアとガーデンマム祭」ではダリアの花摘みコーナーも(画像提供:世羅高原農場)

花畑を楽しむだけでなく、小さなイベントもたくさん開催されています。特に花摘み体験や、水の上に花を浮かべる「ひまわりプール」「ダリアプール」、スタンプラリーなどは、花の季節を満喫できるイベント。お子さまにも人気です。

なお花と一緒にチェックしたいのが、世羅高原農場のグループ農園でしかいただけないご当地グルメ「せらバーガー」。全国ご当地バーガーグランプリに入賞し、昭文社まっぷる賞も受賞したという、大人気のご当地バーガーです。世羅産の野菜がたっぷりと使われていますよ。

がっつりボリュームの名物メニュー、世羅高原農場の「6代目農場バーガー」
がっつりボリュームの名物メニュー、世羅高原農場の「6代目農場バーガー」(画像提供:世羅高原農場)

世羅高原農場

広島県世羅郡世羅町別迫1124-11 Google Map
イベント時のみ開園(日程は公式サイト参照)
Webサイト



2)Flower village 花夢の里

「Flower village 花夢の里」の魅力は何と言っても、丘を染め上げる花畑! 特に春の芝桜は西日本最大級の規模、夏のヘブンリーブルーは西日本初のあさがおを楽しむ丘と、見応えのある花景色です。

夏の「ヘブンリーブルーの丘」。14万輪のヘブンリーブルーが丘を染める
夏の「ヘブンリーブルーの丘」。14万輪のヘブンリーブルーが丘を染める(画像提供:世羅高原農場)

また、春や夏の「プリンセスガーデン」や「幸せのバス停」、初夏のあじさいの花手水など、遊び心のあるフォトスポットもたくさん。花夢の里のテーマカラーであるピンク・ブルー・ホワイトをモチーフに、明るくカラフルな花風景が広がります。

芝桜のドレスでプリンセスに変身! 春の「芝桜とネモフィラの丘」
芝桜のドレスでプリンセスに変身! 春の「芝桜とネモフィラの丘」(画像提供:世羅高原農場)
初夏の「あじさいとタチアオイの丘」では七夕やジューンブライドにちなんだ演出も
初夏の「あじさいとタチアオイの丘」では七夕やジューンブライドにちなんだ演出も(画像提供:世羅高原農場)

Flower village 花夢の里

広島県世羅郡世羅町上津田3-3 Google Map
イベント時のみ開園(日程は公式サイト参照)
Webサイト



3)せらふじ園

4つの農園の中で、もっとも公開期間が短いのがせらふじ園です。1年で1カ月弱だけ現れるのは、美しくも幻想的な花景色。その主役となるのは、約1,200本の藤と約8,000株のルピナスです。

園内の広さは3万平方メートル。全部で12のエリアに分かれており、「はなかがみエリア」「藤枯山水エリア」など、さまざまな花姿を楽しめますよ。

優しい花景色と花の香りに癒される「ふじまつり」
優しい花景色と花の香りに癒される「ふじまつり」(画像提供:世羅高原農場)

藤の花と一緒に楽しめるルピナスは、「昇り藤」との別名もあり、藤の花に似た優しくて愛らしい花姿。まるで空からも地面からも、花に迎えられているような心地がするかもしれません。

空から藤の花、地面からルピナスの花に迎えられる「はなかがみエリア」
空から藤の花、地面からルピナスの花に迎えられる「はなかがみエリア」(画像提供:世羅高原農場)
期間限定で、夜間のライトアップもあり
期間限定で、夜間のライトアップもあり(画像提供:世羅高原農場)

せらふじ園

広島県世羅郡世羅町安田478-82 Google Map
イベント時のみ開園(日程は公式サイト参照)
Webサイト



4)そらの花畑 世羅高原花の森

高原に咲き誇る一面のバラ! そんな滅多にお目にかかれないレベルのロマンティックな風景が広がるのが、花の森です。初夏のバラと秋のバラ、両方楽しめるのも嬉しいところ。メインのバラは、形が美しく香り高いイングリッシュローズです。

ロマンティックな初夏の「ローズフェスタ」
ロマンティックな初夏の「ローズフェスタ」(画像提供:世羅高原農場)

秋の「秋ローズと花のガーデン」では、バラ以外に宿根草やコスモスも登場。冬の「世羅高原キャンドルナイト」は厳かな高原の冬を優しいキャンドルの灯りが彩る、幻想的なイベントです。

秋にはひときわ芳しいイングリッシュローズが楽しめる「秋ローズと花のガーデン」
秋にはひときわ芳しいイングリッシュローズが楽しめる「秋ローズと花のガーデン」(画像提供:世羅高原農場)
冬の「世羅高原キャンドルナイト」イベントは限定日のみ開催
冬の「世羅高原キャンドルナイト」イベントは限定日のみ開催(画像提供:世羅高原農場)

そらの花畑 世羅高原花の森

広島県世羅郡世羅町戸張空口1405 Google Map
イベント時のみ開園(日程は公式サイト参照)
Webサイト



世羅高原農場へのアクセスは花めぐりバスやバスツアーがおすすめ!

世羅高原農場へのアクセスは車かバスです。車で行く場合、広島空港や尾道、福山からも訪れやすい立地です。なお冬期イベントの際に自家用車で訪れる場合は、冬用タイヤの装着が必要なのでご注意を。

花イベント時期の土日祝には、花めぐりバスも運行しています。広島バスセンターから世羅高原農場まで直行でき、入園料も含まれていて便利。ただし運行時期が限られるため、事前にサイトでご確認くださいね。

また、世羅高原農場はバスツアーでも人気の場所。ランチやフルーツ狩りなどを一緒に巡れるツアーも多く、花や美味しいものを通して高原の魅力を1日たっぷり味わえます。

「世羅高原農場」バスツアーを検索する

世羅高原農場はゆっくりと肩の力を抜いて楽しめる癒しのスポット。家族や友人と訪れるのにはもちろん、一人旅にもおすすめです。ぜひ花に囲まれたくつろぎの時間を過ごしてくださいね。

おまけ:バス好きに嬉しいフォトスポット、花夢の里の「幸せのバス停 あおぞらの丘」(春・夏のみ登場)
おまけ:バス好きに嬉しいフォトスポット、花夢の里の「幸せのバス停 あおぞらの丘」(春・夏のみ登場)

※取材協力/世羅高原農場


※本記事は、2023/05/22に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    陽月よつか

    フリーライター、星空準案内人 女性

    東京出身・沖縄経由・奈良在住のフリーライター。体力がなく計画を立てるのも苦手なので、ラクにのんびりの気まま旅が大好き。女性一人旅を主な目線に、知っておくと便利な方法やお得な情報、おすすめ旅スポットなどをご紹介します。書籍「全国 大人になっても行きたいわたしの絵本めぐり」(GB出版)、「はっけん!鉄道NIPPON 地図と路線で知る47都道府県」(ヴィトゲン社/PHP研究所・画像提供)

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 2月 3月
    5,000円 5,000円
    6,870円 6,870円
    1,620円 1,620円
    1,880円 1,880円
    その他の路線を見る

    週間ランキング2/12~2/18のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ