プライベート空間が確保されたWILLERの4列シート「プライム」を徹底解説! | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

プライベート空間が確保されたWILLERの4列シート「プライム」を徹底解説!

幅広いニーズに合わせ、多数のオリジナルシートを用意しているWILLER EXPRESS。2023年4月28日(金)よりWILLER史上最強の新4列シート「プライム」が登場し、東京~大阪・東京~名古屋間で運行されています。今回は新4列シート「プライム」のポイントや機能、設備について解説します。


目次


従来の4列シート「リラックス」とは

WILLER4列シート「リラックス」
WILLER4列シート「リラックス」

WILLER EXPRESSでは利用客のニーズに合わせ、いくつかのオリジナルシートを用意しています。眠りに特化したシェル型の3列シートの「リボーン」や、まるでリビングのような感覚を味わえる独立3列シートの「ラクシア」などです。

その中のひとつ「リラックス」は、「寝顔やすっぴんを見られたくない」という利用客の声に応え開発された、全席カノピー(フード)付きの4列シートです。特に女性に人気があり、カノピーを使用することで寝顔やすっぴんを隠せます。このカノピー、実は、ベビーカーから着想を得たそうです。

可愛らしいピンクの車両が目印です
可愛らしいピンクの車両が目印です

「リラックス」は標準的な4列シートで、運行本数も多いシートです。ただ、スタンダードながらも、リクライニングの最大傾斜度は約130度、フットレストやレッグレスト付きで、名前の通り「リラックス」しながら乗車できます。

そして、新たに登場した4列シート「プライム」は、さらに快適になりました。


2023年登場! 4列シート「プライム」

シートの全体像
4列シート「プライム」の全体像
4列シート「リラックス」
4列シート「リラックス」
4列シート「プライム」
4列シート「プライム」

大幅にリニューアルされ、快適性がさらに上がった4列シートの「プライム」を紹介します。リニューアルした部分は主に4つです。従来と比較しどう変わったのか、写真付きで解説します。

(1)カノピーがより大きく!

カノピーとは、座席上部に付いている寝顔を隠すためのフードのこと。「寝顔を周囲の人に見られたくない」という声に応え、WILLER EXPRESSが開発したフードです。特に女性から人気のあったカノピーが、パワーアップしました。

カノピーが大型化
15cm高さがアップ

15cmほど高さが上がり、奥行きも感じられるようになっています。これなら寝顔を見られる心配はありません。光も遮られるので、安眠のサポートもしてくれます。

カノピー下げる前
カノピーを下げる前
胸の下まですっぽり隠れます
胸の下まですっぽり隠れます

カノピーは素材も一部変更され、裏地にポリエステルが採用されました。防音性がアップし、ゴミや汚れが付着しづらくなっています。


(2)スマホホルダーが新登場

4列シート「リラックス」にはなかった、スマホホルダーが導入されました。スマホホルダーはカノピーの先端に付いており、座ったときに動画を見るのに適した高さに設置されています。スマホは縦向きにも横向きにも付けられます。

スマホホルダー
スマホホルダー
夜間でもスマホが使える
夜間でもスマホが使える

長距離の移動となると、起きている時間も多いですよね。スマホを持ちながら動画を見ていると手が疲れてしまいますし、周囲の目も気になるでしょう。カノピーを下げてスマホホルダーに固定してしまえば、外に明かりを漏らさず快適に移動時間を過ごせます。


(3)パーテーションの高さ調整が可能に!

隣席との間にあるパーテーションが可動式になりました。手動で簡単に高さを変えられます。

1人で予約した場合はパーテーションを上げ、プライベート空間を確保し、友人やカップルなど2人で予約した場合はパーテーションを下げて、空間を共有するといった使い方ができます。また1人で予約した場合でも、隣が空席であれば、パーテーションを下げることで広々した空間になります。

可動式のパーテーション
可動式のパーテーション
高さ調整が可能
高さ調整が可能

4列シート「リラックス」では、高さのある固定式のパーテーションが設置されていました。4列シート「プライム」では好きなように使い分けができ、便利ですよね。

従来の仕切り
従来のパーテーションは固定式
固定式のパーテーション
固定式のパーテーション


(4)明るすぎず暗すぎない青色の間接照明

4列シート「プライム」車両では夜間の走行時、完全消灯はせず、常時青色の間接照明が点灯されます。

青色の間接照明
青色の間接照明
ちょうどいい明るさ
ちょうどいい明るさ

通常の照明だと眠りづらいのはもちろんですが、反対に完全消灯され真っ暗になってしまうと、他の利用客のスマホの明かりが気になったり、通路を通るときに転ぶ危険性がありますよね。

今回導入された間接照明であれば、眠りの妨げにもならず、暗すぎて怖いということもなく過ごせます。暗い方が熟睡できる場合は、カノピーを下げれば光を遮断してくれるので問題ありません。


その他の機能・設備も紹介!

「リラックス」入口

4列シート「リラックス」からある機能・設備も写真付きで紹介します。一部、4列シート「プライム」になりリニューアルされたポイントもあります。


コンセント

全席にコンセントが完備されています。「リラックス」シートではコンセントタイプとUSBポートタイプの車両がどちらもありましたが、4列シート「プライム」ではすべてコンセントになりました。USBポートでは充電できない電子機器もありますが、コンセントであれば幅広い電子機器に対応しています。

USBポート
USBポート
コンセント
充電口はコンセントに変更


ヘッドレスト

ヘッドレストは全車両に付いています。こちらのヘッドレストもリニューアルに伴い、クッション性がアップしました。可動式なので、自分の好きな高さに合わせられます。

ヘッドレスト
ヘッドレスト


レッグレスト

ふくらはぎを休められるレッグレストです。リクライニングと合わせて使用すると、気持ちよく寝られる体勢になります。

レッグレスト
レッグレスト


フットレスト

足を乗せられるフットレストも付いています。クッション性のあるフットレストなので、長時間足を乗せていても疲れません。

フットレスト
フットレスト


4列シート「プライム」車両の運行路線

4列シート「プライム」車両は2023年4月28日(金)より、東京~大阪間の夜行便から運行を開始しました。対象路線は順次拡大していく見込み。

2023年7月時点では、東京~名古屋間の夜行便でも運行されています。

※リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます

※設備は都合によって変更されることがあります


※本記事は、2023/05/12に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 5月 6月
    2,600円 3,390円
    2,500円 3,100円
    2,000円 2,350円
    2,700円 3,400円
    2,300円 3,000円
    3,400円 4,000円
    4,800円 5,000円
    10,500円 10,500円
    2,700円 3,390円
    3,100円 4,300円
    2,300円 3,100円
    2,000円 2,300円
    2,700円 3,100円
    2,300円 3,000円
    3,000円 4,000円
    5,300円 5,000円
    10,500円 10,500円
    3,200円 4,000円
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/6~5/12のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ