三重交通の高速バス(3列独立シート・4列シート)の車内の様子を紹介! トイレ・充電設備をチェック | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

三重交通の高速バス(3列独立シート・4列シート)の車内の様子を紹介! トイレ・充電設備をチェック

三重県を中心に関西・関東へ高速バスを走らせている三重交通。長距離路線の夜行バスで使用される車両の車内設備・シートの様子を中心に、中距離路線で使用される車両も徹底紹介いたします! 各車両のトイレ・充電設備・Wi-Fiの有無などもまとめました。

目次


3列独立シート/関東発着路線

三重交通の3列独立シート車両は、関東を発着する夜行バスで運行されます。

伊勢東京通常のカラー.jpg
標準車両
車両外観
令和元年度特別カラーの車両

車体カラーは白ベース。側面に「EXPRESS鳥羽・伊勢~東京・大宮」と書かれているのが標準カラーです。

側面に「Mie Kotsu」と書かれているのは令和元年度特別カラー。あるのは1台のみとレアな車両です。こちらの車両では行き先はドアや前面に表示されます。

車内は各列が独立した3列シートで、乗客同士の距離が保たれています。全部で28席なので、トイレ付きの4列シート車両が約38席と考えると、かなり快適です。

様子.jpg
車内の様子

車内の様子をまずは動画で!

シート周り

シートはブラウンを基調とした高級感のある色合い。もちろんリクライニングで後ろに倒せます。

シート:リクライニング前.jpg
リクライニング前
シート:リクライニング後.jpg
リクライニング後

そして、夜行バスにあると特にうれしいレッグレストとフットレストも完備。ふくらはぎと足元が支えられるので、足のむくみや疲れを軽減してくれます。

フットレスト.jpg
レッグレスト・フットレスト

ヘッドレストは可動式なので、自分の楽な位置に調整可能。また、横の肘掛けは動かせるので、下ろして窮屈感を軽減させることもできます。

可動式のヘッドレスト.jpg
可動式のヘッドレスト
肘掛けは下ろせます.jpg
肘掛けは上げ下げできます

各席の間を仕切るプライベートカーテンも設置されており、しっかりと自分の空間を作れます。シートの高さくらいまでは目線が隠れる厚めのカーテンで、その上は白のメッシュ素材になっています。

プライベートカーテン (1).JPG

窓側席は窓の上に結構な明るさのライトが設置されています。また、窓側席・中央列席どちらにも前座席の背面にライトがあります。

ライト.jpg
ライト
背面ライト.jpg
背面ライト

ドリンクホルダーも完備。降車ボタンも各シートに設置されています。

ドリンクホルダー.jpg
ドリンクホルダー
降車ボタン.JPG
降車ボタン

各座席にはコンセントも完備。長距離移動には必須ですよね。

コンセント.jpg
コンセント

また窓側席のみですが、窓ギリギリの上部に洋服掛けがあります。冬場にコートなどを掛けておけるのはありがたいですね。

洋服掛け.jpg

窓側には荷物置き場もあり、小さな荷物であれば上に上げられます。20L入るリュックを乗せてみましたが、ワイヤーもあり問題なく乗せられました。これより大きいキャリーケースなどは、乗車時にトランクルームに積んでもらうとよいでしょう。

荷物置き(1).jpg
荷物置き

気になるトイレの様子

トイレは車両後方にあるタイプでなく、中間部から階段を降りるタイプです。
一般的な車内トイレと同様、用を足すのには十分なスペースですが、身支度などを整えるには少し小さめ。個室内に鏡は設置されています。

トイレ入口.jpg
トイレ入口
トイレ.jpg
車内トイレ

嬉しい配慮もたくさん!

車両後方には女性専用席があり、こちらを指定して予約することも可能です。また、コロナ禍前は各席にブランケットが配られていましたが、2022年12月現在は配っていないとのことでした。

女性専用シート.jpg
女性専用シート

バス出入口にはアルコール消毒があり、感染対策もバッチリ。トイレへ降りる階段には使い捨てのおしぼりも置かれているので、ちょっとしたときに嬉しいですね。また、車内は抗ウィルス抗菌加工済、空気除菌装置を搭載しています。

バス出入口の消毒.jpg
バス出入口の消毒


運行路線

運行しているのは以下の路線です。「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2022年12月時点で運行している路線です


4列シート/四日市・桑名~空港線、長島温泉・湯の山温泉~名古屋線

三重県の北部と中部国際空港(セントレア)を結ぶ路線と、長島温泉~名古屋・栄線、湯の山温泉~名古屋線に使用される車両です。
※桑名・長島温泉・金城ふ頭駅~中部国際空港線は2022年12月現在、全便運休中
※四日市~中部国際空港線は2022年12月24日(土)より運行再開予定

4列シートで充電設備・トイレはありませんが、乗車時間としては1時間~1時間半程度なので、あまり心配する必要はなさそうです。車内は抗ウィルス抗菌加工済、空気除菌装置を搭載しています。

外観(空港、湯の山).jpg
車両外観
車内全体(空港、湯の山).jpg
車内全体

運行路線

運行しているのは以下の路線です。「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

栄⇒長島温泉のバス便
名古屋⇒湯の山温泉のバス便
四日市~中部国際空港(三重交通HP) ※2022年12月24日(土)より運行再開予定

※桑名・長島温泉・金城ふ頭駅~中部国際空港線は運休中

※2022年12月時点で運行している路線です


4列シート/四日市~京都線、四日市~大阪線、津~京都線

四日市と関西方面を結ぶ路線と津~京都線で使用される車両です。4列シートでトイレ、充電設備付きです。車内は抗ウィルス抗菌加工済、空気除菌装置を搭載。

車両外観(四日市京都線で運行).jpg
車両外観(四日市京都線で運行)
車両外観(四日市京都線・四日市大阪線で運行).jpg
車両外観(四日市京都線・四日市大阪線で運行)
外観(津京都).jpg
車両外観(津京都線で運行)
車内全体(四日市京都、大阪).jpg
車内全体

運行路線

運行しているのは以下の路線です。「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2022年12月時点で運行している路線です


4列シート/伊賀~名古屋線

名古屋と伊賀上野を結ぶ路線で使用される車両です。4列シートで、トイレ・充電設備付きです。車内は抗ウィルス抗菌加工済、空気除菌装置を搭載。

外観(名古屋上野).jpg
車両外観
車内全体(名古屋上野).jpg
車内全体
新名古屋上野高速線(シートの様子).jpg
シートの様子
新名古屋上野高速線(フットレスト).jpg
フットレスト
新名古屋上野高速線(プラズマクラスター).jpg
プラズマクラスターあり
新名古屋上野高速線(トイレ).jpg
車内トイレ

運行路線

運行しているのは以下の路線です。「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2022年12月時点で運行している路線です


4列シート/南紀~VISON~名古屋線

名古屋とVISON・熊野方面を結ぶ路線で使用される車両です。青の車体が特徴的で、側面に「南紀~名古屋」とラッピングされているのが分かりやすいですね。

外観(名古屋南紀).jpg
車両外観
車内全体(名古屋南紀).jpg
車内全体

フットレスト付きシートで、USBポートがあります。車両後方にはトイレもあり、長時間の乗車も安心です。車内は抗ウィルス抗菌加工済、空気除菌装置を搭載。

名古屋南紀(フットレスト).jpg
足元はこんな感じ
名古屋南紀(フットレスト、USB).jpg
フットレスト・USBポート

名古屋南紀(トイレ内観).jpg
車内トイレ

運行路線

運行しているのは以下の路線です。「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2022年12月時点で運行している路線です


車両別の設備を比較

シート 充電設備 トイレ Wi-Fi
関東発着路線
(夜行バス)
3列独立シート
四日市中部国際空港線
桑名中部国際空港線
名古屋湯の山温泉線
名古屋・栄長島温泉線
4列シート × × ×
四日市京都線
四日市大阪線
津京都線
4列シート
名古屋伊賀上野線 4列シート
名古屋南紀線 4列シート

※充電設備は車両・便によってコンセントかUSBポートのどちらか
※2022年12月調べ

三重交通バスの高速バス紹介、いかがでしたか?
特に3列独立シートの夜行バス車両は、充実した設備で実際に乗車したくなりました!

三重県から関東方面への旅行や遠征、関東からのお伊勢参り旅行、名古屋からVISONや熊野古道散策などにとっても便利な三重交通の高速バス、ぜひ利用してみてください!

※設備は都合により変更されることがあります
※紹介しているのは基本タイプです。繁忙期などの増発便、車両の整備点検により異なる車両タイプの運行となる場合があります
※紹介している車両は、三重交通の担当便で運行されます。他のバス会社と共同運行している路線は、乗車日によって車両が異なります

※本記事は、2022/12/07に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    Goomba

    ライター 20代 / 男性

    寒いところが好き

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 1月 2月
    2,500円 3,000円
    2,500円 3,000円
    2,000円 1,900円
    2,400円 1,600円
    1,100円 1,100円
    10,500円 10,000円
    2,500円 3,000円
    5,500円 5,200円
    2,500円 2,500円
    6,000円 4,000円
    6,000円 4,000円
    1,050円 1,050円
    800円 800円
    3,200円 3,200円
    4,400円 4,400円
    4,400円 4,400円
    5,400円 5,400円
    5,900円 5,900円
    その他の路線を見る

    週間ランキング1/16~1/22のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ