平敦盛って、人気者~! 「愛を止めておく」神社も。平清盛ゆかりの地へ | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

スポット

平敦盛って、人気者~! 「愛を止めておく」神社も。平清盛ゆかりの地へ

敦盛塚、須磨寺、和田神社を廻るレポート。須磨寺は「参拝の方に楽しんでいただきたい」というホスピタリティにあふれ、和田神社には「愛を止めておく」ための思いが。

ざっくり、こんな観光

  • 平敦盛は「首」と「胴」が別の駅に祀ってあった
  • 須磨寺の面白い展示がジワジワくる。大混乱。笑ってたまるか!
  • 和田神社は「不幸を止める」「愛を止めておく」ために布を巻く神社だった

神戸には2012年の大河ドラマにもなった「平清盛」ゆかりの観光スポットがたくさんあります。
山陽電鉄・須磨浦公園駅、須磨寺駅、和田岬駅と移動して、面白いスポットを巡ってきました。

敦盛塚

敦盛塚(神戸の敦盛塚・須磨寺・和田神社)

敦盛塚」は、山陽電鉄・須磨浦公園駅のすぐ近く(西へ200メートルの場所)にあり、平清盛の甥である敦盛の「胴体」を祀っています。
「首」のほうは山陽電鉄の二駅となり(須磨寺駅)に祀ってあるとのこと。「胴体」だけではなんなので、須磨寺駅まで行くことにしました。



敦盛の「首」を祀っている「須磨寺」

須磨寺の源平の庭(神戸の敦盛塚・須磨寺・和田神社)

胴体と首があっちこっちで分かれて祀られているだなんて、敦盛さんは人気者です。
須磨寺」は、源平合戦にゆかりがあるお寺のため、平敦盛と熊谷直実の一騎討ちの場面を再現した「源平の庭」やジオラマもありました。

須磨寺




「参拝の方に楽しんでいただきたい」 by 須磨寺

ほかにもここは、「参拝の方に楽しんでいただきたい」という先代の考えから、ちょっと面白いお寺になっています。

須磨寺のぶじかえる(神戸の敦盛塚・須磨寺・和田神社)

目玉が回る「ぶじかえる」のカエルの石像や、

 須磨寺の猿1(神戸の敦盛塚・須磨寺・和田神社)

 須磨寺の猿2(神戸の敦盛塚・須磨寺・和田神社)

スイッチを押すと動く「みざる」「いわざる」「きかざる」だけでなく、堪忍袋を持ち上げる「おこらざる」に双眼鏡をかざす「見てござる」の5猿の像などがあるのです。「みざる」と「見てござる」、この相反する猿の共演が意味するところは、一体なんなのか。


混乱しつつさらに進むと、

須磨寺のシベリア満蒙戦没者慰霊碑(神戸の敦盛塚・須磨寺・和田神社)

「シベリア満蒙戦没者慰霊碑」の前に、碑のシリアスさに似合わぬ丸々とかわいいクマの石像があって、手をかざすと音楽が流れる仕組みになっていました。
この、ところ構わず楽しませようとする感じが、たしかに面白いような、そうでもないような……。



和田岬駅へ移動し、和田神社へ

大河ドラマの撮影現場になった場所にも行きました。
JRと神戸市営地下鉄が通っている和田岬駅で降り、清盛が大輪田泊(おおわだのとまり)の築港の安全を祈願して建立した「和田神社

和田神社(神戸の敦盛塚・須磨寺・和田神社)

ここの本殿の両脇にいる狛犬の足には白い布が巻き付けられていたのですが、

和田神社の狛犬(神戸の敦盛塚・須磨寺・和田神社)

看板によると、「これ以上不幸にならないように不幸を止める」「愛を止めておく」ために、お祓いされた布を巻くとよいとのこと。
狛犬が包帯ぐるぐる巻きのフランケンシュタインみたいにならないことを祈りました。

和田神社




ほかにもこんなところへ行ってきました

神戸の新長田駅で三国志と鉄人28号と「ぼっかけうどん」を堪能!
神戸「広重」で牛丼を食べたら、千円とは思えない美味しさ。神戸牛バンザイ!

※この記事はかとうちあき著「バスに乗ってどこまでも 安くても楽しい旅のすすめ」の内容に写真を加えて掲載しています。

※本記事は、2015/04/02に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    予算1万円で楽しめる旅をたくさん書きました

    バスに乗ってどこまでも 安くても楽しい旅のすすめ

    かとうちあき

    双葉社 ISBN:9784575307368

    1,296円(税込)1,200円(税抜) 送料無料

    この記事を書いたライター

    かとうちあき

    「野宿野郎」編集長(仮) 30代 / 女性

    1980年神奈川県生まれ。野宿旅行に憧れた中学時代を経て、高校一年生でめでたく野宿デビュー。以後、順調に野宿を重ね、人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」の編集長(仮)&社長(自称)。著書は『野宿入門』(草思社文庫)と『野宿もん』(徳間書店)『バスに乗ってどこまでも』(双葉社)。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 1月 2月
    2,000円 3,000円
    2,000円 3,000円
    700円 700円
    1,700円 1,700円
    340円 340円
    1,900円 2,200円
    11,000円 6,000円
    4,300円 3,920円
    3,900円 3,280円
    2,900円 3,300円
    4,000円 3,800円
    2,800円 2,800円
    2,900円 2,900円
    3,300円 3,500円
    4,200円 4,500円
    3,800円 3,800円
    6,700円 7,500円
    1,800円 1,550円
    1,800円 1,800円
    3,150円 3,150円
    2,320円 2,320円
    2,300円 3,500円
    5,000円 6,000円
    6,500円 6,900円
    8,700円 8,700円
    8,000円 8,000円
    その他の路線を見る

    最安値価格情報(飛行機・LCC片道)

    区間 1月 2月
    7,090円 7,090円
    5,720円 5,720円
    7,670円 5,870円
    11,000円 7,000円
    17,000円 10,700円
    その他の路線を見る

    週間ランキング1/20~1/26のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ