関西~千葉の木更津・君津を直通で結ぶ貴重な路線! 大新東の夜行バス「サンアンドムーン号」乗車記。車内設備をレポート | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

関西~千葉の木更津・君津を直通で結ぶ貴重な路線! 大新東の夜行バス「サンアンドムーン号」乗車記。車内設備をレポート

サンアンドムーン号は、千葉の君津・木更津~京都・大阪を直通で結ぶ唯一のバス。東京湾アクアラインを通るルートで、片道は最長約11時間の夜行高速バスです。車内は4列シートのシンプルな作り。シート周りのカーテンや電源、Wi-Fi事情から休憩場所まで、乗車レポートでご紹介します。


千葉の君津・木更津~関西を結ぶ唯一の夜行高速バス「サンアンドムーン号」

今回乗車してきたのは、シダックスグループの大新東株式会社が運行する「サンアンドムーン号」。千葉・東京~京都・大阪を、約11時間で結ぶ夜行高速バスです。

詳しい停車地は、関東側が「君津BT」「君津駅」「木更津駅」「木更津金田BT」「町田ターミナルプラザ」、関西側が「USJ」「なんばOCAT」「梅田プラザモータープール」「京都駅」。特に、千葉の君津・木更津と関西が直通となる高速バスは、このサンアンドムーン号だけなのです(2022年10月現在)!

サンアンドムーン
サンアンドムーン号 画像提供:大新東株式会社

ちなみにサンアンドムーン号との名前から「もしやポ●モンと何か関係が……?」と思った方、いらっしゃるのではないでしょうか? 私は思いました! そして結論から言うと、特に関係はありませんでした。勝手な誤解、失礼しましたー!


車内はシンプルな4列シート

まずは、サンアンドムーン号の車内を簡単にご紹介しますね。
座席は横4列×縦11列。座席の左右はすべてカーテンが設置してあり、仕切れるようになっています。座席幅は、一般的な男性の体格でピッタリくらいの幅です。

車内の様子 画像提供:大新東株式会社)
車内の様子 画像提供:大新東株式会社

カーテンを下ろした様子 画像提供:大新東株式会社
カーテンを下ろした様子 画像提供:大新東株式会社

シート周りの設備は、ごくシンプル。前座席の背もたれ裏にドリンクホルダーとUSBポートがあります。フリーWi-Fiは簡単な登録制。シートリクライニングは、体感で少し倒せるくらいという感じでした。フットレストやレッグレスト、荷物掛けフック、簡易テーブルなどはなし。

車内Wi-Fiは各自で登録。カンタンですよ
車内Wi-Fiは各自で登録。カンタンですよ

また、全座席にはペットボトルのミネラルウォーターが置かれていました。バス車内は乾燥しがちなので、お水のサービスは嬉しいですね! ただし車内にはトイレがないので、乗車中に飲むのは控えめにしました。

無料サービスのミネラルウォーター
無料サービスのミネラルウォーター


関西~千葉(木更津・君津)の乗車記! 大阪・なんばOCATから乗車

今回の乗車は、大阪シティエアターミナル(なんばOCAT)から。バスの出発時間は21:00でした。夜行バスというと22時・23時台に発車ということも多いのですが、サンアンドムーン号は片道で最長約11時間のバスなので、乗車時間も早めなのですね。

なんばOCAT
なんばOCATから乗車です!

ところで実は今回の乗車で、忘れ物をしていた私。サンアンドムーン号の車内充電設備はUSBポートとわかっていたのに、USBのコードを荷物に入れ忘れていたのです。携帯の充電どーしよーと困っていたのですが、OCAT1階に100円ショップがあり、サクっと購入できました。
OCATありがたい~! そしてまだ100円ショップが開いてる時間に乗車できるのすばらしい~(OCAT内100円ショップは21:00閉店/2022年10月取材当時)!

さて、2階バスターミナルへ。サンアンドムーン号の出発時間はメインモニターではなく、9番乗り場前の案内モニターに表示されていました。

案内モニター
案内モニター
OCAT内9番乗り場
OCAT内9番乗り場

スタッフの方の案内・誘導は、発車予定時間21:00の30分前頃から始まりました。とは言え、30分前から並ぶのではなく、「モニター前に立ち止まらず、壁沿いか奥でお待ちください! バスが来たらお呼びいたしますので~!」との待合い誘導。モニター前にバスを待つ人が集まってしまいがちですもんね。

しかし張り切って30分前から待っていたものの……サンアンドムーン号は遅延。

到着案内だけでなく、遅延などもボードで確認できる
到着案内だけでなく、遅延などもボードで確認できる

5分遅れで到着!

2番乗り場に到着したサンアンドムーン号
2番乗り場に到着したサンアンドムーン号

5~10分程度のバスの遅延は交通状況などにより、たまにあること。バスの到着が遅れたからと言って、乗客が特に急かされることはありません。気持ちはつい急いでしまいますが、乗車準備は安全第一。
乗務員さんに予約確認をしてもらい、バスのお腹に荷物を預け、荷物タグの半券を受け取って、いよいよ乗車です!

荷物タグの半券。“引き換え券”とありますが、荷物の受け取り時に自分で番号を確認すればOK
荷物タグの半券。“引き換え券”とありますが、荷物の受け取り時に自分で番号を確認すればOK


いよいよ発車! 休憩は全部で3回+梅田プラザモータープールでもトイレOK

乗客を乗せて、バスはOCATを出発。まずは梅田プラザモータープールと京都駅前へ向かいます。今回の乗車日は平日でしたが、バスは満員に近いくらいの盛況ぶり。人気の路線なんですね!

梅田プラザモータープールへは21:25に到着。ここでは乗客を乗せるだけでなく、「次のトイレ休憩までは2時間以上あるので、その前にトイレへ行きたい方はこちらで」との案内もあり、ゆったり15分の停車。
次の京都駅前への到着は22:30。こちらでは乗客をさっと乗せたらすぐに発車となり、発車後に諸注意などのアナウンスが流れました。

そして23:30頃、最初の休憩場所である滋賀県甲賀市の甲南PAへ到着です!

休憩地への到着は、暗めの車内点灯が合図
休憩地への到着は、暗めの車内点灯が合図

サンアンドムーン号の夜中のトイレ休憩は、全部で3回。最初の23:30頃に続いて、2:00頃と4:30頃にそれぞれ休憩が入りました。最初の休憩以外では車内アナウンスはなく、車内が暗めに点灯し、バス前のカーテンが開くのが休憩の合図。
休憩時間は、それぞれ約15~20分。バスの扉前に、出発時間の案内ボードが置かれますよ。

出発時間の案内ボード
出発時間の案内ボード
バスを降りると、案内カードを受け取ります
バスを降りると、案内カードを受け取ります

休憩中は、乗務員さんが外で待機していてくれました。ほっとする~!

SA/PAでの休憩中
SA/PAでの休憩中

しかし、今回私は窓際席に座っていたのですが、休憩時に出ていくのはなかなか大変でした! 座席のリクライニングを倒していると足元が狭くなるので、通路側席の人の足を避けて通路へ出るのは、ただでさえ出にくくなるもの。更に足元に荷物を置かれていると、とても出にくいのです。

トイレに頻繁に行きたければ、通路側の席に座るべし、ですね。なお座席は予約時に、窓際・通路側のどちら希望かを伝えられますよ。

とは言え、寝てしまえばそれほど気にならない問題でもあります。私も次第にうつらうつらと眠っておりました…。


7:00 木更津駅前に到着!

3回目となる4:30頃の休憩後、到着前アナウンスが流れ、バスの車内が点灯したのは5:10頃。1つめの降車地・町田ターミナルプラザに到着する少し前です。

町田で乗客が降りて再び発車した後は、「次の降車地まで少し時間がありますので」とアナウンスが流れ、しかも、完全消灯。私は到着ぎりぎりまで目を閉じて体を休めていたい派なので、これは嬉しかった!

次のアナウンスと車内点灯は6:40頃。木更津駅到着予定時間の約20分前です。その頃、ちょうどバスは東京湾アクアブリッジを通過中。窓の外に海が見えるのは爽快でした! 曇ってたけど!

そして7:00、バスは木更津駅前に到着~。私はここで降車しましたが、バスはこの後に君津駅・君津BTへと走ります。

木更津駅西口へ到着!
木更津駅西口へ到着!

大阪・なんばOCATを21:00に出発し、千葉・木更津駅に7:00に到着した、全部で10時間の旅。乗務員さん、お世話になりました!

サンアンドムーン号はシンプルな4列シート車両。シート周りにはフリーWi-FiやUSBポートなどの実用的な設備がありますが、それ以外に何か特別な設備があるわけではありません。しかしシンプルながら、通路側座席でも通路と座席をカーテンで仕切れたり、ミネラルウォーターのサービスがあったり、荷物の半券を受け取れたりと、ちょっとしたことに気遣いがあるのが嬉しい!

また、最初にも書いた通り、サンアンドムーン号は千葉県の君津・木更津~関西を直通でつなぐ唯一のバス。木更津駅~東京駅間を電車で移動する場合、所要時間は約1時間半かかるため、乗り換えなしで関西まで行けるラクさは大きな魅力です。しかも、料金は片道約3,000円~10,000円(税込/2022年10月調べ)!

サンアンドムーン号乗車記を動画でもチェック



ぜひサンアンドムーン号で、バス旅を楽しんでくださいね。

サンアンドムーン号のバス便

※本記事は、2022/11/08に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    陽月よつか

    フリーライター、星空準案内人 女性

    東京出身・沖縄経由・奈良在住のフリーライター。体力がなく計画を立てるのも苦手なので、ラクにのんびりの気まま旅が大好き。女性一人旅を主な目線に、知っておくと便利な方法やお得な情報、おすすめ旅スポットなどをご紹介します。書籍「全国 大人になっても行きたいわたしの絵本めぐり」(GB出版)、「はっけん!鉄道NIPPON 地図と路線で知る47都道府県」(ヴィトゲン社/PHP研究所・画像提供)

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 12月 1月
    1,250円 1,250円
    1,470円 1,470円
    4,000円 6,200円
    4,000円 6,200円
    1,470円 1,470円
    その他の路線を見る

    週間ランキング11/21~11/27のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ