宮城県松島を楽しもう! バスツアーの自由散策で行ける景観・グルメ・歴史、それぞれをメインにした観光モデルコースを紹介 | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

観光・アクセス

宮城県松島を楽しもう! バスツアーの自由散策で行ける景観・グルメ・歴史、それぞれをメインにした観光モデルコースを紹介

宮城県にある松島は太平洋に面した風光明媚な景勝地。カキやアナゴなどの海の幸に恵まれ、仙台藩主・伊達家ともゆかりが深い人気観光地です。今回は見どころの多い松島を効率よく楽しめる、90分間モデルコースを紹介します。関東・東北から行けるバスツアーもチェックしてみてくださいね。


目次



松島の魅力とおすすめスポットを動画で見る

風光明媚な景色が広がる松島。その魅力と4つのおすすめスポットを動画でサクッと紹介しています。




「松島」へ行くバスツアーをこちらから検索!







松島ってどんなところ?

万葉の昔から景勝地として知られる松島は、天橋立や安芸の宮島とともに、日本三景のひとつです。
松島湾内に浮かぶ約260もの小さな島々が織りなす風景は、まさに絶景。グルメや歴史も楽しめます。じっくり見て回ると1日いても足りないほど!

松島湾内に浮かぶ島々
松島湾内に浮かぶ島々
日本三景の碑
日本三景の碑

とはいえバスツアーで立ち寄ると、自由散策時間は70分~90分間。そこでまずは松島の主なスポットのご紹介から。


橋めぐり

松島には「渡ると良縁に恵まれる」と云われる3つの橋があります。

福浦橋(出会い橋)と福浦島 ※有料…大人1名200円

「福浦橋」は松島湾内に架かるひときわ長い赤い橋。252メートルの長さがあり、渡るときに松島の海の魅力を感じられると評判です。

福浦橋・画像提供:(一社)松島観光協会
福浦橋・画像提供:(一社)松島観光協会
島の手前に見えるのはカキの養殖棚
島の手前に見えるのはカキの養殖棚

福浦橋は通称・出会い橋とも呼ばれ、島内には弁天堂が祀られています。橋を渡り弁天堂を参拝して岸へ戻ると約30分かかります。

福浦島の弁天堂
福浦島の弁天堂
ヨットや船が行き交う
ヨットや船が行き交う

透かし橋(縁結び橋)と五大堂

松島のシンボル的存在・五大堂は、桃山建築の手法を用い伊達政宗が再建したお堂です。五大堂へは、渡ると縁結びにご利益があるとされる「透かし橋」を通ります。

透かし橋・画像提供:(一社)松島観光協会
透かし橋・画像提供:(一社)松島観光協会
五大堂・画像提供:(一社)松島観光協会
五大堂・画像提供:(一社)松島観光協会

この透かし橋。その名の通り、足元がスケスケなんです。
元々の橋は15センチ間隔で横板が渡されたハシゴ状でした。現在は歩きやすいように、縦板が2枚渡されています。橋を渡る際には、お財布やスマホなどを落とさないように気をつけてくださいね。所要時間は15~20分ほどです。


渡月橋(悪縁切り橋)と雄島

雄島と岸辺とを結ぶ「渡月橋(とげつきょう)」は3つの橋の中で一番西側にあり、悪縁が切れる橋とも。
松島観光のメインスポットが多い五大堂周辺から少し離れているため、周辺はひっそりと静か。島内には多くの岩窟が残っています。

雄島の案内図
雄島の案内図
切通しを抜けて渡月橋へ
切通しを抜けて渡月橋へ
渡月橋
渡月橋
『おくのほそ道』ゆかりの句碑
『おくのほそ道』ゆかりの句碑

雄島は『おくのほそ道(奥の細道)』を書いた、江戸時代の俳聖・松尾芭蕉ゆかりの地。芭蕉と彼の弟子・曾良の句碑が建っています。島内はざっくり見て回っても30分ほどかかります。


松島のグルメ

海の幸

太平洋に面した松島ではカキやアナゴなど、美味しい海の幸が味わえます。松島でのカキの旬は10月から翌年3月頃までですが、現在では1年中食べられるんですよ。

バスツアーでの自由散策を利用して気軽に食べたいときには、五大堂前の「げんぞう」など、殻付きのカキを1個から焼いてくれる店舗がお勧め。

げんぞう
出典:Mogyuさんの投稿

げんぞう

魚介料理・海鮮料理 / 郷土料理(その他) / 松島・塩釜・多賀城 / 松島海岸
住所
宮城郡松島町松島字町内110
TEL.
022-354-0810
予算
朝昼~¥999
営業時間
10:00~17:00(お客様次第で変更・延長の場合あり)
定休日
不定休
データ提供:食べログ

ホタテや牛たんの串焼きを提供する店舗も人気です。


ずんだスイーツ

宮城名物のずんだスイーツは、定番のずんだ餅以外も種類豊富。パフェやシェイク、ソフトクリームなどが楽しめます。中でも大人気なのが、カレーパン専門店「パンセ」のずんだメロンパン! ずんだメロンパンはメロンパンの中にずんだが入っています。

ずんだ餡がいっぱい♪
出典:murakeiさんの投稿

筆者は買おうかどうしようか迷っているうちに行列がどんどん伸び、泣く泣く諦めました。

パンセの行列
パンセの行列

時間が限られているバスツアーで迷いは禁物。行列が短かったらチャンスです。

パンセ 松島店

パン / 松島・塩釜・多賀城 / 松島海岸
住所
宮城郡松島町松島字町内75-14 松島玉手箱館 1F
TEL.
022-353-2844
予算
朝昼~¥999~¥999
営業時間
【平日】 10:00~17:00 【土・日・祝】 9:00~17:00
定休日
無休
データ提供:食べログ

ずんだスイーツは、いろいろな店舗で提供中。テイクアウトしてバス車内で食べてもgood!


その他

松島では笹かまぼこの手焼き体験も好評です。アツアツで香ばしい手焼きかまぼこをご賞味あれ!

笹かまぼこの手焼き体験
笹かまぼこの手焼き体験


松島の歴史めぐり

奥州の覇者・伊達政宗。ここ松島には、伊達家ゆかりの史跡が点在しています。

瑞巌寺(すいがんじ) ※有料…大人1名700円

伊達政宗の菩提寺で、奥州随一の禅寺です。

見どころは本堂内の室中(孔雀の間)・上々段の間・上段の間など。桃山様式の粋を集めた貴重な建物です。きらびやかな襖絵や欄間彫刻に見惚れてしまうかも!?

円通院(えんつういん) ※有料…大人1名300円

瑞巌寺の西隣にある、政宗の嫡孫・光宗の墓所です。

境内に建つ御霊屋(三慧殿)に収められている厨子には、西洋のバラが描かれています。よ~く目を凝らしてもイマイチ分からない場合は、一度スマホなどで撮影してから拡大するのがお勧めです。
別料金になりますが、数珠作り体験も好評ですよ。

雨上がりの円通院庭園・画像提供:(一社)松島観光協会
雨上がりの円通院庭園・画像提供:(一社)松島観光協会

天麟院(てんりんいん)

政宗の愛娘・五郎八姫が眠る天麟院は円通院の西隣に。

五郎八姫の御霊屋参道入り口
五郎八姫の御霊屋参道入り口

観瀾亭・松島博物館 (かんらんてい・まつしまはくぶつかん)※有料…大人1名200円

観瀾亭は、豊臣秀吉から政宗が頂いた伏見桃山城の一部を移築したもので、藩主や姫君たちの納涼や観月の場として用いられたことから、「月見御殿」と呼ばれていました。

海に向いた縁側からは松島湾内の風景が一望。歩き疲れたら、抹茶とお菓子のセットで一服しちゃおう!
(抹茶とお菓子のセット…ずんだ餅700円 / 松島紅爵かぼちゃタルト600円ほか)

観瀾亭の座敷から望む松島湾
観瀾亭の座敷から望む松島湾
抹茶とお菓子のセット(ずんだ餅700円)
抹茶とお菓子のセット(ずんだ餅700円)

観瀾亭

喫茶店 / 甘味処 / 松島・塩釜・多賀城 / 松島海岸
住所
宮城郡松島町松島字町内56
TEL.
022-353-3355
予算
朝昼~¥999
営業時間
8:30~17:00
定休日
無休
データ提供:食べログ


松島観光の90分間モデルコース

前述したように、松島へバスツアーで立ち寄った場合の自由散策時間は70分~90分間ほど。1カ所に長く滞在していると、時間が足りなくなってしまう可能性があります。

気になるバス専用駐車場は、五大堂と福浦橋とのほぼ中間付近。そこからの距離や所要時間などを考慮した、3つのコースを紹介します。

ご利益に期待っっ! 橋めぐりコース

福浦橋と福浦島透かし橋と五大堂グルメ

3つある橋のご利益から考えると、渡月橋(悪縁切り橋)⇒福浦橋(出会い橋)⇒透かし橋(縁結び橋)と渡りたいところ。けれど、バス駐車場から渡月橋までは1キロ以上あるため、徒歩で片道15分近くかかってしまいます。
島内見学時間と合わせると、ここだけで1時間。ちょっとキビシイので、このモデルコースでは敢えて渡月橋を外しました。

仙台・松島名物を楽しみたい! グルメコース

ずんだスイーツ~笹かまぼこの手焼き体験~カキやホタテなど海の幸

時間に余裕があれば、さらに透かし橋と五大堂、または、福浦橋と福浦島へも行けるかも!? 順調だったら円通院への参拝も可能でしょう。 ずんだスイーツは、観瀾亭の抹茶とお菓子のセット(ずんだ餅700円)にする方法も。

伊達家ゆかりの地をめぐりたい! 歴史コース

A)透かし橋と五大堂円通院天麟院(五郎八姫の御霊屋へ墓参)

円通院や天麟院の代わりに、のんびりと観瀾亭・松島博物館で過ごすのも良いと思います。
B)瑞巌寺 のみ

自由散策時間のすべてを瑞巌寺に。それもアリだと思います!


松島へ立ち寄るバスツアー

景観にグルメに歴史! 宮城県松島には多彩で魅力的なスポットが多く集まっています。

松島湾内に浮かぶ小島
松島湾内に浮かぶ小島

バスツアーでは自由散策の時間を少なくし、その分、蒸し焼きカキ食べ放題+松島湾内をめぐるクルーズ船(観光遊覧船)へ乗船するコースも。

また、陸奥国一之宮・鹽竈(しおがま)神社への参拝や、仙台市内観光と一緒に立ち寄るコースもあります。宿泊先は宮城県内の作並温泉や鳴子温泉か、山形県内の天童温泉へ泊まるコースが目立ちます。

「松島」へ行くバスツアーを検索する


この他にも松島へ立ち寄るバスツアーが開催されています。気になるコースを、ぜひチェックしてみてくださいね。日本三景のひとつ宮城県松島で、楽しい休日を!


※本記事は、2022/10/26に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    麻生のりこ

    旅行ライター 女性

    静岡県在住。高速バスへ乗る度に懐かしさを感じている元バスガイド。旅先では西洋館めぐりとマンホールの蓋探し、パワースポット参拝が大好き。旅のスタイルは、ひとり旅・女子旅・姉妹旅・家族旅が主。夢は桜前線とともに北上し、初夏から初秋までを北海道で過ごして紅葉前線とともに南下することです。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 12月 1月
    4,800円 4,200円
    その他の路線を見る

    週間ランキング11/21~11/27のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ