これって鏡!? 美しすぎる宝徳寺の床もみじ。紅葉見頃・ライトアップの時期、アクセス方法、バスツアーを紹介 | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

観光・アクセス

これって鏡!? 美しすぎる宝徳寺の床もみじ。紅葉見頃・ライトアップの時期、アクセス方法、バスツアーを紹介

群馬県桐生市の宝徳寺は、関東では珍しい「床もみじ」を鑑賞できる寺院です。色とりどりの紅葉が映し出される床が美しいと、SNSなどでも話題になっています。床もみじの見頃時期や夜のライトアップが見られる期間、東京からのアクセス方法、バスツアー情報をまとめました。

目次


宝徳寺・床もみじとは

a(1).png

宝徳寺(ほうとくじ)は群馬県桐生市にある臨済宗の寺院です。
桐生地域の領主であった桐生佐野正綱公によって、1450年頃に創建されました。宝徳寺は桐生城(柄杓山城)を守るための要害として建てられ、名久木(なぐき)の砦の入口を見渡す場所にあります。桐生佐野家が滅ぼされた後、一度は荒廃してしまいましたが、江戸中期に地域の人々の協力により再び盛えました。


そんな宝徳寺は関東で床もみじが見られる貴重な寺院です。床もみじとは、床板に紅葉が映り込む風情ある景色のこと。京都に数カ所見られる寺院がありますが、関東で見られるのはとても珍しいと人気です。

境内には100本以上の紅葉があり、床もみじはもちろん、関東百名山の鳴神山(なるかみやま)の景色も境内から楽しめますよ。

a(13).jpg
a(3).jpg


秋の床もみじの見頃時期

宝徳寺は例年11月中旬頃に紅葉の見頃を迎えます。秋シーズンは床もみじの特別公開スケジュールが2回に分けられ「10月後半~11月前半」と「11月中旬~後半」で拝観時間、拝観料が異なります。

※床もみじは特別公開期間しか見られません

2022年秋スケジュール

(1)
開催日:10月20日(木)~11月11日(金)
拝観時間受付:9:00~16:00 閉門:16:30
拝観料:800円 高校生以下無料
駐車代:無料
(2)
開催日:11月12日(土)~11月30日(水)
拝観時間受付:9:00~15:45 閉門:16:15
拝観料1,200円 高校生以下無料
駐車代:無料


期間によっては事前申込制! 床もみじのライトアップ

ライトアップ(36).JPG
ライトアップ(23).jpg

ライトアップされる夜の床もみじは、昼間とはまた違う幻想的な雰囲気です。ライトアップ期間は11月の土休日のみ開催され、11月後半になると事前予約制なので、チケットを購入する必要があります。

2022年秋スケジュール

(1)予約申し込み不要
開催日:11月3日(木・祝)・5日(土)・6日(日)・11日(金)
受付:17:00~19:30 閉門20:00
拝観料:1,500円
限定御朱印付:2,500円
(2)事前予約制
開催日:11月12日(土)・13日(日)・18日(金)・19日(土)・20日(日)・23日(水・祝)・26日(土)・27日(日)
受付:16:30~19:00
開始時間:17:00/17:30/18:00/18:30
拝観料:2,000円(当日申込2,200円)
受付人数:各部30人限定


春・夏も床もみじの特別公開あり! 風鈴まつりも見どころ

床もみじは秋の紅葉シーズン以外に、春・夏も特別公開されています。青々とした新緑が映し出される光景は、紅葉シーズンとはまた違った絶景! また、春は境内に咲くぼたんの花も見られます。

s (12).JPG
s (5).jpg



夏は床もみじ以外に、風鈴まつりも見どころです。3,000個もの風鈴でトンネルが作られ、良い音色を聞きながら参拝できます。風鈴短冊に願いを書いて、歩いて祈願するとお願い事が叶うかも?

2.JPG
4.JPG


【春・夏・風鈴まつり】例年の開催時期

春の床もみじ特別公開:4月中旬~5月上旬
風鈴まつり:7月下旬~9月中旬頃
夏の床もみじ特別公開:8月上旬~9月上旬頃

宝徳寺

群馬県桐生市川内町5丁目1608 Google Map
0277-65-9165
Webサイト


東京から宝徳寺へのアクセス方法

東京から群馬県桐生市にある宝徳寺へは、JR桐生駅からコミュニティバスのおりひめバスに乗り換えてアクセスします。拝観時間内に行けるバスは、1日4本しか運行していないので事前に出発時間を確認しておきましょう。

桐生市 路線番号3.おりひめバス川内線時刻表

以下のルートは乗り換えが少ないルートです。

ルート:東京~(JR宇都宮線)~小山~(JR両毛線)~桐生~(おりひめバス)~宝徳寺入口
料金:2,510円(電車 2,310円 バス 200円)
所要時間:約3時間30分
乗り換え:2回

※2022年10月調べ

他にも電車を乗り継げば、料金が1,000円ほど安くなるルートもあります。

公共交通機関で行くと、やや遠くてアクセスしづらい宝徳寺。バスツアーなら乗り換えなしで行けるので、他の観光地もいろいろ巡りたい方にはおすすめです。以下をチェックしてみてください。


宝徳寺の床もみじをバスツアーで見に行こう!

a(5).JPG

宝徳寺を訪れるバスツアーは紅葉シーズンに多く開催されます。ローカル列車「わたらせ渓谷鉄道」の車窓から紅葉を眺めるツアーや、あしかがフラワーパークなども一緒に巡れるツアーがありますよ。

「宝徳寺」へ行くバスツアーを検索する

幻想的な紅葉を見てみたい方は、宝徳寺を訪れてみてはいかがでしょう?
床もみじは特別公開の期間が決まっているので、開催時期を確認してから訪れてくださいね。

紅葉・季節の花バスツアー特集


※本記事は、2022/10/14に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 12月 1月
    その他の路線を見る

    週間ランキング11/21~11/27のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ