こだわりのシートでリビングみたいにくつろげる!? ウィラー「ラクシア」の車両を写真多めで紹介! | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

こだわりのシートでリビングみたいにくつろげる!? ウィラー「ラクシア」の車両を写真多めで紹介!

WILLER EXPRESS(ウィラーエクスプレス)が運行する3列独立シートの高速バス「ラクシア」は、木目調の温もりある車内デザインです。快適さにこだわったシートと落ち着いた空間でゆったりとくつろぎながら移動できます。そんなラクシアのシートの詳細や車内設備などを紹介します。


2016年秋に誕生したラクシア。「Luxia(ラクシア)」というネーミングは、Luxuryの響きと「楽(Raku)+幸せ(Shiawase)」を掛け合わせたもの。その名の通り、「楽」と「幸せ」を追及した高速バスです。

シートはイエロー調の高級感ある素材で、肘掛けには木材が使用されています。床面やテーブル、座席背面にも木目調が取り入れられ、まるで家のリビングにいるような感覚でまったりできる空間とシートが魅力です。

2022年3月現在は「東京・千葉~名古屋」「東京・新宿~仙台・福島」の路線で運行しています。

ピンクの「W」はまるでリボンのよう.jpg
ラクシア外観。リボンのような「W」がモチーフでかわいい
3列独立シート.jpg
ラクシアの3列独立シート


ゆったりくつろげるこだわり設計のシート

ラクシアのシートは3列独立タイプ。すべてのシートが独立していて、座席と座席の間はカーテン付き。シート幅はゆったりサイズの51.5cmです。

夜行バスとは思えないゴージャス感溢れる新シート.jpg
シートのデザインもおしゃれです

シートのクッションにもこだわっています。体重がかかる支点毎にクッションの固さやボリュームが異なる設計です。腰の辺りにボリュームがあるため、長時間座っていても腰やお尻が痛くなりません。

リクライニング前.jpg
リクライニング前のシート
リクライニングは最大約145度まで.jpg
リクライニングは最大約145度まで

座席自体が動く「電動ゆりかごリクライニング」機能を備え、最大傾斜約145度、レッグレストも連動し、可動式枕とクッション性の高いシート設計と相まってまるでベッドのような快適さを実現しています。

レッグレストを含めると136度までリクライニングが可能.jpg
クッション性の高いシート
レッグレスト.jpg
レッグレスト
おとなりさんとも余裕のスペース.jpg
隣席との距離があり快適に過ごせる
高級感あふれるテーブルと肘掛け.jpg
リクライニングのボタンは肘掛け下に
テーブルはドリンクホルダー付き.jpg
テーブルはドリンクホルダー付き
枕.jpg
枕は可動式


便利な設備も充実

ラクシアはシートが心地良いだけでなく、設備も充実しています。

肘掛けを開けるとテーブル、足元にドリンクホルダー、網ポケット、コンセントなどがあります。また、マイカーテンでプライベート空間を確保し、周囲との接触を避けられるため安心です。

高級感あふれるテーブルと肘掛け2.jpg
肘掛けとテーブルも高級感あり
足元にもドリンクホルダーが完備.jpg
足元にもドリンクホルダー
マイカーテンを各シートに装備.jpg
マイカーテンを各シートに装備
足元にはAC100Vコンセントがある.jpg
足元にAC100Vコンセント

ちなみにラクシアにはトイレがありません。パーキングエリアやサービスエリアで休憩時間がとれるので、なくても問題ないという方も多いようです。また、万が一緊急でトイレに行きたい場合など、車内でのお困りごとがあった際には、WILLER EXPRESS独自のサービスである「おたすけDM」を使って問い合わせることで、休憩所などに立ち寄ってくれます。トイレ以外に車内が暑い場合や寒い場合にも、気軽に連絡できる嬉しいサービスです。

WILLER おたすけDM

車体は「スーバーハイデッカー」という、床の高さが通常よりも高いバスです。通常のハイデッカーの場合は、車内へのステップが2段ですが、スーパーハイデッカーの段差は3段です。ハイデッカーと比べ、目線が15cm上がるので窓からの景色がよいです。

ステップ.jpg
車内入口のステップ



■運行路線

ラクシアを運行しているのは以下の路線です。

※リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください

※2022年3月時点で運行されている路線です
※設備は都合によって変更されることがあります


※本記事は、2022/04/07に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 5月 6月
    2,300円 2,700円
    2,200円 2,700円
    1,900円 2,000円
    2,000円 2,800円
    2,000円 2,200円
    2,700円 3,600円
    3,800円 4,400円
    7,800円 8,000円
    2,300円 2,900円
    3,100円 4,200円
    2,100円 2,600円
    1,900円 2,000円
    2,000円 2,800円
    1,900円 2,200円
    2,600円 3,600円
    3,700円 4,400円
    7,800円 8,000円
    3,200円 3,900円
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/9~5/15のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ