千葉・いすみ鉄道「菜の花列車」の見頃はいつ? おすすめ乗車区間やアクセス方法を紹介! バスツアーで行くのもお得 | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

観光・アクセス

千葉・いすみ鉄道「菜の花列車」の見頃はいつ? おすすめ乗車区間やアクセス方法を紹介! バスツアーで行くのもお得

列車に揺られながら、菜の花や桜を見たいと思いませんか? その夢が叶うと人気なのが、房総半島を走るいすみ鉄道です。菜の花はなんと沿線の半分以上で開花します。今回は花の見頃時期やおすすめの乗車区間などをまるっと紹介。もちろんバスツアーも!

目次


沿線の桜・菜の花の見頃時期はいつ? どこから乗れば見られるの?

いすみ鉄道 菜の花.jpg
いすみ鉄道 菜の花

桜や菜の花の見頃時期

いすみ鉄道は房総半島南部を走るローカル鉄道です。路線の全長は26.8キロあり、東端の大原駅はJR外房線、西端の上総中野駅は小湊鉄道とそれぞれ接続しています。
沿線に咲く菜の花は、住民たちの手によるもの。菜の花と同じ黄色の車体をした列車は、「菜の花列車」として多くの観光客に好評です。

沿線での菜の花の開花時期は例年2月中旬から。いちばんの見頃を迎えるのは、おおよそ3月中旬から4月中旬にかけてです。桜の開花時期は例年3月下旬から4月上旬頃なので、タイミングが合えば、車窓から桜×菜の花が楽しめますよ。

おすすめ乗車区間

いすみ鉄道の沿線では菜の花が全長26.8キロの区間中、なんと15キロにわたって開花します。

いすみ鉄道菜の花見どころmap.jpg
いすみ鉄道菜の花見どころmap

見どころは新田野駅周辺、国吉駅~大多喜駅間、東総元駅周辺、総元駅~上総中野駅間などです。もちろん他の区間でも菜の花は咲いています。

特に西畑駅付近は列車がちょっとした切通し(谷間)を走るため、車窓から斜面に咲いた菜の花が見える人気ポイント。のんびりと列車に揺られながら、パステルカラーに染まる車窓を眺められますね。
桜の花は大原駅~上総中川駅間、城見ヶ丘駅~大多喜駅間、東総元駅~総元駅間、そして西畑駅周辺、西畑駅~上総中野駅間で見られます。

「桜も菜の花も、両方見たい!」という方は、上総東駅~新田野駅間や、城見ヶ丘駅~大多喜駅間、総元駅周辺、西畑駅周辺がおすすめです。

おすすめ乗車駅はどこ?

おすすめの乗車駅は大原駅、新田野駅~大多喜駅間の各駅、東総元駅、総元駅~上総中野駅間の各駅です。乗りやすいのはJR外房線と接続している大原駅や、小湊鉄道と接続している上総中野駅。また大多喜市内には、東京から南房総へ向かう高速バスのバス停があるので、こちらも比較的乗りやすいでしょう。


いすみ鉄道のフリーきっぷ

いすみ鉄道 菜の花と桜.jpg

「1日に何度も乗りたい!」という場合には、フリー切符がおすすめ。
いすみ鉄道のフリー切符は平日用がおとな1,200円・こども600円で、土休日用はおとなが1,500円・こどもが750円です。どちらも有効期限は乗車当日限りで、乗り降り自由です。

たとえば、土休日に大原駅~大多喜駅まで往復急行列車を利用しようとすると、通常は片道850円(運賃550円+急行料金300円)。それを往復なので×2で1,700円かかります。それがフリー切符を利用すると200円お得に。
1日フリー切符のデザインは平日用と土休日用で、さらにおとな・こども用とでデザインが異なるんですよ。1日楽しんだ記念になりますね。

また、房総横断記念乗車券(房総横断乗車券)を使えば、房総半島の横断も可能です。

フリー切符について詳しくはこちらをどうぞ▼


東京からのアクセス方法

東京から、いすみ鉄道の主要駅までの簡単なアクセス方法です。

電車の場合(大原駅まで)

・特急(乗り換えなし)
東京駅からJR特急わかしお号に乗車し、大原駅へ。乗車時間は約1時間13分で運賃は2,640円です(乗車運賃1,690円+特急料金950円)。

・普通列車(乗り換え1回)
東京駅からJR京葉線快速に乗車し、大原駅へ。所要時間は1時間50分前後で、乗車時間は1時間44分ほど、運賃は1,690円です。

車の場合(大多喜まで)

・千葉方面から
館山自動車道・市原I.Cから国道297号線を経由して大多喜へ。

・アクアライン利用
(1)東京湾アクアラインから館山自動車道を経由し、国道409号線を通り牛久へ。そこから国道297号線を通って大多喜へ。
(2)圏央道・市原鶴舞I.Cから国道297号線を経由して大多喜へ。

(大多喜から大原駅まで)

大多喜から大原駅へは、国道465号線を東へ15キロほどです。国道465号線は部分的にいすみ鉄道と並行しているので、沿線に咲く菜の花を見ることも。
※大原駅と国吉駅、上総中野駅近くに無料駐車場あり


高速バスの場合(大多喜駅まで)

東京駅から小湊鉄道バスの高速バスに乗車し、大多喜バス停で下車し徒歩で大多喜駅へ。バス停から大多喜駅までは約1.3キロ(徒歩約17分)です。
高速バスの乗車時間は約1時間21分。運行本数は平日・土休日ともに1日6便。運賃は片道おとな2,100円、こども1,050円です。

※2023年2月調べ


菜の花列車に乗車できるバスツアーもおすすめ

いすみ鉄道 菜の花2.jpg
いすみ鉄道 菜の花

関東発・いすみ鉄道へ乗車するバスツアーも開催されています。

「いすみ鉄道」バスツアーを検索する

バスツアーでは、いすみ鉄道菜の花列車への乗車はもちろん、パワースポットの玉前神社へ参拝したり、いちご狩りやホテルランチなどが楽しめます。盛りだくさんな内容なので、個人で行く時よりもかなりお得♪ 春のうららかな1日を満喫できますね。

料金は最安9,970円(2023年2月調べ)なので、その他の観光地を巡る交通費やランチ代、いちご狩り代を含めると断然バスツアーがおすすめ。



今年の春は黄色い絨毯を敷き詰めたかのような菜の花畑を走る、いすみ鉄道の菜の花列車で心に残る旅行をしてみませんか?

※本記事は、2022/02/20に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    麻生のりこ

    旅行ライター 女性

    静岡県在住。高速バスへ乗る度に懐かしさを感じている元バスガイド。旅先では西洋館めぐりとマンホールの蓋探し、パワースポット参拝が大好き。旅のスタイルは、ひとり旅・女子旅・姉妹旅・家族旅が主。夢は桜前線とともに北上し、初夏から初秋までを北海道で過ごして紅葉前線とともに南下することです。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 2月 3月
    2,100円 2,100円
    2,100円 2,100円
    その他の路線を見る

    週間ランキング1/30~2/5のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ