ふくふくレトロきっぷで福岡から門司港・下関へ日帰りバス旅 唐戸市場で海鮮をたっぷり堪能 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by 夜行バス比較なび

スポット

ふくふくレトロきっぷで福岡から門司港・下関へ日帰りバス旅 唐戸市場で海鮮をたっぷり堪能

11,208view

「ふくふくレトロきっぷ」を使って、日帰りで福岡から門司港・下関へいってきました。第1弾は下関の手前、唐戸(からと)です。市場でマグロの食べ比べから、下関名物ふぐ、高級魚のどぐろ、海鮮丼まで、新鮮な魚介を堪能し、大満足でした。

ざっくり、こんな移動

  • 下関・門司港の両方にいけるお得な「ふくふくレトロきっぷ」
  • 唐戸市場でマグロ食べ比べ
  • メインは下関名物ふぐ、そして〆は海鮮丼!?

福岡市から日帰りで遊びに行ける場所を探していたところ、門司港と下関の両方に行けるお得な高速バスチケット「ふくふくレトロきっぷ」を見つけました。
今回はこの「ふくふくレトロきっぷ」を使って、山口県の門司港、下関のバス旅をめいっぱい楽しみます!


門司港と下関の両方に!お得な「ふくふくレトロきっぷ」

20160526_tabata_01.JPG
ふくふくレトロきっぷ(大人2,780円)

「ふくふくレトロきっぷ」は、福岡-下関、福岡-小倉の各片道高速バスチケット下関と北九州の市内路線バスチケット、関門連絡船の片道分がセットになっています。
ふくふくレトロきっぷ

違う場所から高速バスに乗れるチケットがセットになっているなんて、珍しいですよね。
高速バス代と関門連絡船の料金だけでも通常は3,070円かかるので、相当にお得なことがわかります。


福岡天神を早朝出発!下関の手前の「唐戸(からと)」へ

福岡天神高速バスターミナル出発は8時50分。
下関と門司港の両方を楽しもうと思ったら、この便か1本前の7時50分発がベストです。
※下関行きの便は、博多駅から出ていないので要注意。

バスにトイレは設置されていません。事前に済ませておきましょう。

出発から約1時間半。終点、下関駅の1つ前の「唐戸(からと)」で下車します。

20160526_tabata_02.JPG


関門の台所「唐戸市場」

まず向かったのは、関門の台所「唐戸市場」です。
バスを降りたところにある歩道橋から「唐戸市場」の看板が見えてきました。

20160526_tabata_03.JPG

市場と聞くと、仲買人のみが立ち入れる場所というイメージですが、唐戸市場は一般にも公開されています。

特に、金・土・日・祝日に行われている「活きいき馬関街(ばかんがい)」は、魚食普及目的で始まったもので、新鮮なネタのお寿司や海鮮丼、揚げ物などが手頃な価格で購入できる魅惑的なイベントです。

日曜の午前中、すごい賑わいです。アジア各国からの観光客もいっぱいです。

20160526_tabata_04.JPG

20160526_tabata_05.JPG

人をかき分け、かき分け、ようやくネタケースの前に行くような状態。
それがかえって食欲をかき立てます!


まずは前菜、マグロの食べ比べ!

約20店舗ほどあり、同じような魚でもお店によって金額も大きさも違うので、私はグルッと1周してから“アタリ”を付けることにしました。

その結果、「前菜」はマグロの食べ比べに決定!
マグロ問屋の仁井田商店には、様々なマグロの部位のお寿司が並んでいました。
九州は漁獲できる魚が豊富なので、マグロに特化したお店はむしろ稀少です。

ネタは好きなだけトレーに乗せて店員さんに見せれば、会計をしてくれます。

20160526_tabata_06.JPG
まぐろの脳天、かまとろ、大トロをチョイス。3貫で1,300円。安い!!

脳天は初めて食べましたが、高級な牛肉のような深い味わいでした。美味しかったな~


メインはふぐ、のどぐろなどの高級魚も!

メインディッシュは、下関名物のふぐです。
ふぐの唐揚げやふぐ汁も注文。くじらやのどぐろ、手長エビなど、高級素材も500円以下で並んでいたので、ついついトレーに乗せてしまい…。ネタを取る手が止まりません。

20160526_tabata_07.JPG

20160526_tabata_08.JPG

トレーは他店と共通で使えるので、1貫だけ買っても恥ずかしくありませんよ!


関門海峡を眺めながら〆の海鮮丼

〆は海鮮丼です。
〆が海鮮丼!?と驚かれるかもしれませんが、雰囲気のせいか、ネタの美味しさのせいか、そのぐらい食べられるんです。

ちなみに、朝食も軽めですが、食べてきていました(笑)

20160526_tabata_09.JPG
この海鮮丼、お茶付きで1,500円です。信じられますか!?

市場内にも長机などが用意してありますが、あまり多くありません。
お天気がいい日は関門海峡を眺めながら、外で味わうのも格別です。

こういう時に公共の交通機関だと、お酒も飲めていいですね。

20160526_tabata_10.JPG

あまりに楽しく、満足感が高いので、時を忘れてしまいそうになりましたが、あまりゆっくりもしていられません。そう思いながらもたっぷり2時間(笑)

しかも、持ち帰り可能なふぐ刺しや干物などのお土産もちゃっかり調達しました。
唐戸市場は活気にあふれる魚介類の宝庫、本当に食べ過ぎに注意です!

唐戸市場

山口県下関市唐戸町5-50 Google Map
083-231-0001 5:00-15:00(月-土) 8:00-15:00(日祝)
Webサイト
活きいき馬関街 ※金土日祝のみ開催
10:00-15:00(金土) 8:00-15:00(日祝)
Webサイト

次回はしものせき水族館「海響館」を紹介します。
しものせき水族館「海響館(かいきょうかん)」でフグと関門海峡を満喫!ふくふくレトロきっぷでお得に観光

※本記事は、2016/05/26に公開されています。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

  • この記事を書いたライター

    田端慶子

    ディレクター/ライター 30代 / 女性

    生まれ育った福岡を拠点に、フリーランスで活動。高校2年の時にニュージーランドでホームステイをしたのをきっかけに海外に興味を持ち、大学生の時にはフランス、ベルギーへ一人旅を敢行。様々な国を旅する中で、日本、とりわけ九州の素晴らしさを再認識した。理想の永住地は福岡orプラハ。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 10月 11月
    1,540円 1,540円
    その他の路線を見る

    週間ランキング10/16~10/22のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナルガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、夜行バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ