電車・バス乗り放題フリーきっぷで交通費をお得に! 横浜、三浦、葉山、横須賀、箱根など神奈川の観光地で使えるきっぷ | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

電車・バス乗り放題フリーきっぷで交通費をお得に! 横浜、三浦、葉山、横須賀、箱根など神奈川の観光地で使えるきっぷ

高速バスで神奈川へ観光に行くなら、電車や路線バスの乗り放題フリーきっぷを利用して観光地を巡るのがお得。横浜、三浦、葉山、横須賀、箱根、大山・丹沢など人気の観光地で使えるきっぷを紹介します。

みなとみらいの夜景.jpg

目次

2021年12月時点で販売されているきっぷの情報です。きっぷ内容・対象エリア、販売価格、販売場所は変更される可能性があるので、販売会社の公式HPで最新情報もご確認ください。



横浜1DAYきっぷ

京急線の往復割引きっぷとフリー区間(横浜~上大岡間)、みなとみらい線全線、横浜市営地下鉄線 (横浜~上大岡間 ※阪東橋駅・吉野町駅・蒔田駅・弘明寺駅では乗り降り不可)、横浜市営バス指定路線が乗り放題。

中華街やみなとみらいなど、人気のエリアに行く際に便利です。対象施設や飲食店での割引も受けられます。

■対象路線・エリア

・京急線往復割引きっぷ(横浜~上大岡間は乗り降り自由)
・みなとみらい線全線
・横浜市営地下鉄線(横浜~上大岡)
 ※阪東橋駅・吉野町駅・蒔田駅・弘明寺駅では乗り降り不可
・横浜市営バス指定路線

■販売価格

おとな 840円、こども 430円(横浜発)

■販売場所

京急線各駅 (※泉岳寺駅を除く)

■詳細

京急電鉄

移動手段が決まっている方は、各乗り物の1日乗車券を購入する方がお得です。
販売場所がきっぷによって異なるので、詳細は公式HPをご確認ください。

地下鉄・市営バス1日乗車券:おとな830円、こども420円
地下鉄1日乗車券:おとな740円、こども370円
市営バス1日乗車券:おとな600円、こども300円
みなとみらい線1日乗車券:おとな460円、こども230円



みなとぶらりチケットワイド

横浜市営地下鉄ブルーラインの横浜駅~伊勢崎長者町駅と新横浜駅、横浜市営バスの横浜~元町・港の見える丘公園、三溪園エリア、観光スポット周遊バス「あかいくつ」が乗り放題になるフリーきっぷです。みなとぶらりチケット(500円)もありますが、ワイドは550円で新幹線停車駅の新横浜駅からの利用が可能。

ちなみに地下鉄ブルーラインの新横浜~桜木町間は280円、あかいくつの乗車運賃は1回220円なので、3回以上利用するだけで元がとれそうです。横浜の観光スポットが集中するみなとみらい21地区から山下公園周辺・中華街、伊勢佐木町・元町、三溪園までを網羅されており、販売価格は550円とお得。対象施設や飲食店での割引も受けられます。

■対象路線・エリア

・横浜市営地下鉄ブルーライン(横浜駅~伊勢崎長者町駅、新横浜駅)
・横浜市営バス(横浜~元町・港の見える丘公園、三溪園)
・観光スポット周遊バス「あかいくつ」

■販売価格

おとな 550円、こども280円

■販売場所

地下鉄(ブルーライン):横浜駅・高島町駅・桜木町駅・関内駅・伊勢佐木長者町駅・新横浜駅
定期券発売窓口:横浜駅東口(そごう地下1F)
新横浜駅観光案内所
旅行代理店:JTB・日本旅行・近畿日本ツーリスト・名鉄観光(※クーポン券で発売。販売駅で交換が必要)
取扱ホテル・施設:横浜・桜木町・みなとみらい・山下町・新横浜エリアのホテル
コンビニ:はまりんコンビニ新横浜駅店(市営地下鉄新横浜駅)

■詳細

横浜市交通局



よこすか満喫きっぷ

よこすか満喫きっぷは交通費・食事券・施設利用orお土産券がセットになったきっぷです。

京急線の往復乗車券と指定区間の汐入駅~浦賀駅間、京急バスの指定区間が乗り放題になります。食事券はネイビーバーガーや横須賀カレー、海の幸などを提供する提携店舗のメニューから1つ選び利用できます。遊ぶ券は、世界三大記念艦「三笠」の見学や美術館、温浴施設などの施設もしくはお土産セットの中から1つ選べます。このきっぷだけでも1日遊べるのがうれしいですね。

■きっぷ内容

・京急線往復乗車券(汐入駅~浦賀駅間は乗り降り自由)
・京急バスフリー乗車券(指定区間内)
・食べる券(食事券)
・遊ぶ券(施設利用・お土産券)

■販売価格

おとな 3,010円、こども 2,530円(横浜発)

■販売場所

京急線各駅(泉岳寺駅を除く)

■詳細

京急電鉄



みさきまぐろきっぷ

京急線往復乗車(発駅~三崎口駅間)とフリー区間の京急バス乗り降り自由なきっぷ、加盟店舗での食事券、施設利用orお土産が選べる券がセットになったきっぷです。

食事券の加盟店は美味しいまぐろが食べられるお店多数。施設利用券は、温泉施設やレジャー施設、観光船、三浦半島や城ケ島を周遊する観光バスKEIKYU OPEN TOP BUSなどから1つ選べます。

■きっぷ内容

・京急線往復乗車券
・京急バスフリー乗車券(指定区間内)
・まぐろまんぷく券(食事券)
・三浦・三崎おもひで券(施設利用・お土産券)

■販売価格

おとな 3,480円、こども 2,530円(横浜発)

■販売場所

京急線各駅(泉岳寺駅、三崎口駅を除く)

■詳細

京急電鉄



葉山女子旅きっぷ

“女子旅”とありますが、性別問わず誰でも利用できます。京急線往復乗車(発駅~逗子・葉山駅間)、フリー区間の京急バスが乗り放題のきっぷ、加盟店舗での食事券、施設利用orお土産orカフェ利用のいずれかが選べるごほうび券がセットになったきっぷです。

食事券の加盟店はイタリアン、フレンチ、和食、野菜たっぷりのヘルシーなプレートなどバラエティ豊か。美味しいまぐろが食べられるお店も。ごほうび券は、ビーチヨガ、遊覧船でのクルーズ、人気スイーツのお土産やカフェでのスイーツセットなどから1つ選べます。

■きっぷ内容

・京急線往復乗車券
・京急バスフリー乗車券(指定区間内)
・選べる逗子・葉山ごはん券
・選べるおみやげ券

■販売価格

おとな 3,300円、こども 2,800円(横浜発)

■販売場所

京急線各駅(泉岳寺駅、逗子・葉山駅除く)

■詳細

京急電鉄



箱根フリーパス

箱根フリーパスは小田急線の往復乗車券(発駅~小田原間)付きで、箱根登山電車、箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェイ、箱根海賊船、箱根登山バス、小田急箱根高速バス、東海バスの指定区間が乗り放題になるフリーきっぷです。

箱根の主要な観光スポットはすべてカバーしており、このきっぷだけで周遊が可能。御殿場も対象エリアです。また、温泉や美術館など約70のスポットの割引優待券も付いています。小田原から利用できる小田急線の往復乗車券が付いていないきっぷ(2日券5,000円、3日券5,400円)も購入可能です。

■きっぷ内容

・小田急線(発駅~小田原駅)の往復乗車券
・箱根登山電車、箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェイ、箱根海賊船、箱根登山バス(指定区間)、観光施設めぐりバス、小田急箱根高速バス(指定区間)、東海バス(指定区間)が乗り放題
・対象施設の入場料割引などの優待(指定エリア)

■販売価格

2日券 おとな 6,100円、こども 1,500円(新宿発)
3日券 おとな 6,500円、こども 1,750円(新宿発)

■販売場所

小田急線各駅の窓口、小田急線各駅の自動券売機、小田急トラベル各営業所、スマートフォンアプリ「EMot(エモット)」、御殿場駅(富士山御殿場・はこね観光案内所)、三島駅(三島駅東海バス・三島観光協会案内所)、箱根登山鉄道の主な駅、箱根登山バス案内所、JTB・KNT・日本旅行など主な旅行代理店(※旅行代理店により別途取り扱い手数料がかかる場合があり)、セブン-イレブン(セブンチケット)

■詳細

小田急のお得なきっぷ



箱根バスフリー

伊豆箱根バスの小田原、熱海、湯河原の指定区間内が乗り放題になるきっぷです。箱根の移動手段といえば箱根登山鉄道のイメージが強いですが、伊豆箱根バスも主要な観光スポットを網羅しており、多くの観光施設を巡れます。

ちなみに芦ノ湖畔の箱根港へはバスでないとアクセスが難しいです。伊豆箱根バスの箱根湯本~元箱根港間は片道運賃は1,200円なので、箱根バスフリーの1日券1,700円、2日券2,000円はかなりお得! 小田原や湯河原、熱海から芦ノ湖周辺に行けます。

また、箱根バスフリーに駒ヶ岳ロープウェー、箱根十国峠ケーブルカー、箱根芦ノ湖遊覧船(双胴船)、箱根園水族館(1回)が利用できる箱根旅助け(2日券おとな3,000円)もあります。

■対象エリア

伊豆箱根バスの小田原・熱海・湯河原の指定区間

■販売価格

1日券 おとな 1,700円、こども 850円
2日券 おとな 2,000円、こども 1,000円

■販売場所

小田原駅前案内所、湯河原駅前案内所、熱海駅前案内所、元箱根案内所、箱根園案内所、JTB、日本旅行、近畿日本ツーリスト、小田急トラベル、名鉄観光サービス、東武トップツアー、ローソン・ミニストップのマルチメディア端末・マルチメディアコピー機

■詳細

伊豆箱根鉄道グループ



丹沢・大山フリーパス(Aきっぶ)

大山阿夫利神社で知られる大山をはじめ、飯山温泉、日向薬師などのエリアを周遊するのに便利なフリーきっぷ。小田急線の本厚木~渋沢間、神奈川中央交通の指定区間、大山ケーブルが乗り降り自由になります。大山ケーブルを除いたBキップ(1,560円)もあります。

■きっぷ内容

・小田急線往復乗車券(発駅~小田原駅)
・小田急線(本厚木~渋沢)、神奈川中央交通(指定区間)、大山ケーブルが乗り放題
・対象施設の入場料割引などの優待(指定エリア)

■販売価格

おとな 2,520円、こども 1,270円(新宿発)

■販売場所

小田急線各駅の窓口、小田急線各駅の自動券売機、小田急トラベル各営業所、スマートフォンアプリ「EMot(エモット)」

■詳細

小田急のお得なきっぷ



全国から神奈川へ行く高速バス

全国から神奈川へ直行できる高速バスは、以下をご覧ください。
関東や東北、近畿、四国、中国、中部などからは直行バスがあります。


お得に巡れるフリーきっぷは旅の強い味方になりますね。
ぜひ神奈川へ行く際は活用してみてください。東京のフリーきっぷは以下で紹介しています。

※本記事は、2021/12/17に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 5月 6月
    590円 590円
    460円 530円
    2,300円 2,900円
    2,200円 2,700円
    2,300円 2,900円
    1,900円 2,000円
    2,800円 2,800円
    3,700円 4,100円
    2,700円 3,000円
    3,400円 5,500円
    2,500円 ---
    1,560円 1,560円
    1,300円 1,300円
    1,150円 1,150円
    2,500円 2,500円
    2,000円 2,000円
    2,000円 2,200円
    2,600円 3,600円
    3,500円 3,900円
    3,000円 3,600円
    2,300円 2,900円
    3,400円 3,800円
    4,000円 4,800円
    4,160円 4,570円
    4,700円 5,500円
    4,700円 5,500円
    7,200円 7,200円
    6,320円 5,900円
    6,320円 6,320円
    6,820円 6,820円
    7,320円 7,100円
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/16~5/22のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ