北関東(茨城・栃木・群馬)で利用できるバス乗り放題フリーきっぷまとめ | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

北関東(茨城・栃木・群馬)で利用できるバス乗り放題フリーきっぷまとめ

北関東エリア(茨城・栃木・群馬)で販売されているバスの乗り放題フリーきっぷをまとめました。日光・ひたちなか・伊香保など人気観光地のフリーきっぷも紹介。お得に旅をしたい人はぜひチェックしてください。

目次

2022年3月時点で販売されているきっぷの情報です。対象路線・エリア、販売価格、販売場所は変更される可能性があるので、販売会社の公式HPで最新情報もご確認ください。

東京・神奈川のフリーきっぷは以下で紹介しています。


茨城県で利用できるバス乗り放題フリーきっぷ

茨城県ひたち海浜公園.jpg
国営ひたち海浜公園

茨城では、 国営ひたち海浜公園周辺や水戸で利用できるフリーきっぷや県内広範囲で利用できるフリーきっぷがあります。


国営ひたち海浜公園入園券付き 勝田駅~海浜公園1日フリーきっぷ

国営ひたち海浜公園入園券がセットになった茨城交通の勝田駅〜海浜公園間の路線バスが利用できるフリーきっぷです。料金はおとな1,080円。ネモフィラが見頃の期間は季節料金が適用されます(おとな1,330円)。

国営ひたち海浜公園の入園券がセットになっていない1日フリーきっぷもあります(おとな790円)。

2022年4月1日~2023年1月9日の期間は、割引料金で販売されるのでお得! 枚数限定なので、期間内であっても無くなり次第終了します。

■対象エリア・きっぷ

・茨城交通の勝田駅〜海浜公園間
・国営ひたち海浜公園入園券

■販売価格

おとな 1,080円(季節料金期間:1,330円)
シルバー(65才以上) 1,000円(季節料金期間:1,250円)

【割引料金】
おとな 680円(季節料金期間:930円)
シルバー(65才以上) 600円(季節料金期間:850円)

■販売場所

水戸駅前案内所、 勝田営業所、浜田営業所、茨大前営業所、 勝田駅東口(※臨時バス運行期間のみ)

■詳細

茨城交通


水戸漫遊1日フリーきっぷ

水戸市を観光するのに便利なフリーきっぷです。偕楽園をはじめ弘道館・茨城県立歴史館・徳川ミュージアムなど有名な観光施設を周遊できます。通常のバス運賃は水戸駅~偕楽園間で往復480円区間ですが、水戸漫遊1日フリーきっぷは400円で対象区間が乗り放題になるのでとてもお得。

偕楽園好文亭や弘道館などの入館料金が割引となる特典も付いています。

■対象路線・エリア

・茨城交通
水戸駅~偕楽園・常磐神社前~水戸駅
水戸駅~大工町三丁目
水戸駅~歴史館偕楽園入口~見川二丁目
水戸駅~水戸芸術館・志村病院前~八幡宮入口~大工町~水戸駅

・関東鉄道
水戸駅~偕楽園
水戸駅~大工町三丁目

・関鉄グリーンバス
水戸駅~偕楽園入口

■販売価格

おとな 400円 、こども 200円

■販売場所

茨城交通 水戸駅前案内所、関東鉄道 水戸駅前案内所、茨城Maasデジタルチケット

■詳細

茨城交通


水戸ホーリーホック1DAYパス乗車券

サッカー・水戸ホーリーホックのホームゲーム試合日に限り、指定区間なら何度でもバスに乗車できます。水戸駅から桜山区間は茨城交通のすべてのバスに乗車可能です。試合の前後に、偕楽園散策、市内で食事やショッピングを楽しめます。

水戸駅~ケーズデンキスタジアム間は、通常往復1,020円。フリーきっぷは900円なので、公共交通機関でホームゲームを見に行くならぜひ利用したいフリーきっぷです。

■対象路線・エリア

ケーズデンキスタジアム水戸線(市立競技場線):水戸駅~桜山~市立競技場間
その他のバス路線:水戸駅~桜山間

■販売価格

おとな 900円、こども 450円

■販売場所

茨城交通 水戸駅前案内所(水戸駅北口バス停7番のりば前)

■詳細

茨城交通


循環バス「海遊号」1日フリー乗車券

大洗エリアの循環バス「海遊号」が1日乗り降り自由になります。アクアワールド大洗、幕末と明治の博物館、大洗磯前神社などを経由するので、大洗観光に便利です。また、大洗わくわく科学館、アクアワールド大洗、大洗マリンタワー、幕末と明治の博物館の入館料が割引になる特典も付いています。

海遊号の運賃はおとな100円、フリーきっぷは200円と格安。観光の際はぜひ利用したいですね。

■対象路線・エリア

循環バス「海遊号」

■販売価格

おとな 200円、こども 100円

■販売場所

バス車内、茨城交通那珂湊営業所

■詳細

大洗町


関東鉄道グループ IC 1日乗車券

土日祝日に関東鉄道グループの一般路線バスが乗り放題となるICフリーきっぷです。Suica・PASMOで販売されています。茨城県内や千葉の銚子周辺などで利用できます。

■利用可能日

土日祝日及び8/13~16、12/29~1/3

■対象路線・エリア

水戸駅周辺、土浦駅周辺つくば駅周辺、荒川沖駅周辺、牛久駅周辺、龍ケ崎市駅周辺、取手駅周辺、守谷駅周辺、鹿島神宮駅周辺、銚子駅周辺などの関東鉄道グループ(関東鉄道・関鉄グリーンバス・関鉄パープルバス・関鉄観光バス)の一般路線バス全路線。

※以下の路線は対象外
高速バス路線、コミュニティバス、地域間広域バス、筑波山シャトルバス「つくばセンター~沼田・筑波山神社入口・つつじヶ丘線」、「荒川沖駅東口~あみプレミアムアウトレット線」、茨城県庁シャトルバス「水戸駅南口~県庁バスターミナル線」

※JRバス関東と共同運行している「ひたち野うしく駅~つくばセンター線」及び「土浦西口~阿見坂下間」については、関東鉄道グループ便のみ対象

■販売価格

おとな 710円、こども 360円
※こども用のIC1日乗車券はこども用Suica・PASMOでのみ発売

■利用方法

(1)Suica・PASMOを用意しバス乗車の際に乗車リーダーへタッチ
(2)降車の際に乗務員へ「IC 1日乗車券」購入の旨を伝える。乗務員が操作後、降車リーダーへタッチするとIC 1日乗車券の運賃額が引かれ、カード内に「1日乗車券」が記録される
※残高不足の場合は、車内でチャージ可
(3)購入後はバスに乗車する際、通常の乗降と同様にカードリーダーへタッチして利用する

■詳細

関東鉄道


全国から茨城県へ行く高速バス

全国から茨城へ直行できる高速バスは、以下をご覧ください。
千葉、東京、大阪、京都からは直行バスがあり、その他のエリアからは乗り換えてアクセスできます。



栃木県で利用できるバス乗り放題フリーきっぷ

日光.jpg
日光 神橋

栃木では、東武グループが発売する日光周辺で利用できる鉄道&バス乗り放題のフリーきっぷが充実しています。東武ワールドスクウェアや温浴施設の入場券などがセットになったお得なフリーパスもあります。


東武バスの日光フリーきっぷ

フリーパス区間内なら東武バスが何回でも乗り降り自由になるフリーきっぷがあります。有効期間は購入当日を含む2日間。エリア別に「湯元温泉フリーパス」「中禅寺温泉フリーパス」「霧降高原フリーパス」「霧降の滝フリーパス」の4種類があります。

■対象路線・エリア

湯元温泉フリーパス:日光駅~中禅寺温泉・華厳の滝・湯元温泉
中禅寺温泉フリーパス:日光駅~華厳の滝・中禅寺温泉
霧降高原フリーパス:日光駅~霧降の滝・霧降高原
霧降の滝フリーパス:日光駅~霧降の滝

■販売価格

湯元温泉フリーパス:おとな 3,300円、こども 1,650円
中禅寺温泉フリーパス:おとな 2,200円、こども 1,100円
霧降高原フリーパス:おとな 1,200円、こども 600円
霧降の滝フリーパス:おとな 600円、こども 300円

■販売場所

東武日光駅ツーリストセンター、JR日光駅みどりの窓口

■詳細

東武バス


世界遺産めぐり手形

東武バスの日光エリアの世界遺産めぐり循環バスのコース内および、JR日光駅~東武日光駅~西参道入口~蓮華石間が1日に何回でも乗り降り自由になるフリーきっぷです。

■対象路線・エリア

・世界遺産めぐり循環バスのコース内および
・JR日光駅~東武日光駅~西参道入口~蓮華石間

■販売価格

おとな 600円、こども 300円

■販売場所

東武日光駅ツーリストセンター、JR日光駅みどりの窓口

■詳細

東武バス


まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパス

日光・鬼怒川エリアの鉄道、バスが乗り降り自由になるフリーきっぷです。鉄道は、浅草などの発駅~下今市間往復乗車券(特急券はなし)、下今市~東武日光・湯西川温泉間、バスは鬼怒川温泉・川治温泉・湯西川温泉までのバスも利用できます。

有効期間が4日間と長いので、数日間の滞在もOK。鬼怒川温泉や川治温泉、湯西川温泉に宿泊する場合もおすすめです。

■対象路線・エリア

鉄道:浅草などの発駅~下今市間往復乗車券(※特急券はなし)、下今市~東武日光・湯西川温泉間
バス:東武日光駅~湯元温泉・光徳温泉・大笹牧場(冬季は霧降の滝)、東武日光駅~清滝・奥細尾間、中禅寺温泉~立木観音前~半月山(期間運行)、世界遺産めぐりバス、鬼怒川温泉駅線(土・日・祝日のみ運行)、鬼怒川温泉駅~東武ワールドスクウェア園内~日光江戸村~鬼怒川温泉間【循環】、鬼怒川温泉駅~仲町~鬼怒川公園、鬼怒川温泉駅~川治温泉~湯西川温泉、日光・鬼怒川エクスプレス(要事前予約)

■販売価格(浅草発)

4月~11月利用 おとな 6,260円
12月~3月利用 おとな 5,740円

■販売場所

東武線の対象駅窓口、東武線主要駅の定期券発売機能付自動券売機、浅草駅旅行センター、東武トップツアーズなど各支店

■詳細

東武鉄道

また、日光か鬼怒川のどちらかのエリアのみで利用可能なフリーパスもあります。

・まるごと日光 東武フリーパス
対象鉄道:浅草などの発駅~下今市間往復乗車券(※特急券はなし)、下今市~東武日光間
対象バス:東武日光駅~湯元温泉・光徳温泉・大笹牧場(冬季は霧降の滝)間、東武日光駅~清滝・奥細尾間、中禅寺温泉~立木観音前~半月山間(期間運行)、世界遺産めぐりバス
有効期間:4日間
料金:4月~11月利用4,610円、12月~3月利用4,220円(浅草発)

・まるごと鬼怒川 東武フリーパス
対象鉄道:浅草などの発駅~下今市間往復乗車券(※特急券はなし)、下今市~湯西川温泉間
対象バス:鬼怒川温泉駅~東武ワールドスクウェア園内~日光江戸村~鬼怒川温泉駅間【循環】、鬼怒川温泉駅~仲町~鬼怒川公園間、鬼怒川温泉駅~川治温泉~湯西川温泉間
有効期間:4日間
料金:4月~11月利用4,820円、12月~3月利用4,450円(浅草発)

東武ワールドスクウェアクーポン

鉄道・バスのフリーきっぷに東武ワールドスクウェアの入園券と日帰り温泉入浴券が付いたお得なクーポンです。

■対象エリア・きっぷ

・東武鉄道:発駅~下今市間往復乗車券、下今市~新藤原間
・東武バス:鬼怒川温泉駅~東武ワールドスクウェア間
・東武ワールドスクウェア入園券
・鬼怒川温泉地区施設利用券(日帰り入浴券または園内利用券を東武ワールドスクウェアチケット売り場で引き換え)
※日帰り入浴券は引き換え後4日間有効

■販売価格

おとな 5,150円 、こども 2,560円(浅草発)

■販売場所

東武線の対象駅窓口、浅草駅旅行センター

■詳細

東武鉄道

全国から栃木県へ行く高速バス

全国から栃木へ直行できる高速バスは、以下をご覧ください。
東京、埼玉、福島、大阪、京都、愛知からは直行バスがあり、その他のエリアからは乗り換えてアクセスできます。



群馬県で利用できるバス乗り放題フリーきっぷ

伊香保温泉街.jpg
伊香保温泉街

群馬では伊香保や水沢周辺で利用できるバスのフリーきっぷがあります。


水沢伊香保温泉フリーパス

高崎駅~水沢~伊香保間バスの片道に有効なきっぷ。高崎駅→水沢→伊香保ルートか伊香保→水沢→高崎駅ルートかどちらか1つのルートに限り有効で、逆戻りをしなければ何度でも乗り降り自由。高崎~伊香保間の運賃は1,170円なので、ルート間で途中下車して水沢うどんの名店や観光地を訪れたいときなどに利用すると良いでしょう。

■対象路線・エリア

・高崎駅→水沢→伊香保ルート
・伊香保→水沢→高崎駅ルート
※どちらか一方のみ有効

■販売価格

おとな1,250円、こども 630円

■販売場所

群馬バスの総合バスセンター(箕郷営業所)、榛名営業所、高崎駅前案内所(高崎駅バス総合案内所)

■詳細

乗合バスご案内サイト/群馬バス

榛名伊香保温泉フリーパス

前項の水沢伊香保温泉フリーパスと同じく、片道ルートのみに有効で途中下車OKなきっぷです。高崎駅→榛名湖→伊香保ルートか伊香保→榛名湖→高崎駅ルートのどちらか1つのルートに限り有効です。

■対象路線・エリア

・高崎駅→榛名湖→伊香保ルート
・伊香保→榛名湖→高崎駅ルート
※どちらか一方のみ有効

■販売価格

おとな 1,750円、こども 880円

■販売場所

群馬バスの総合バスセンター(箕郷営業所)、榛名営業所、高崎駅前案内所(高崎駅バス総合案内所)

■詳細

乗合バスご案内サイト/群馬バス


榛名伊香保水沢周遊フリー

水沢伊香保温泉フリーパス榛名伊香保温泉フリーパスがセットになったのが榛名伊香保水沢周遊フリー。料金が少しお得になります。

■対象路線・エリア

榛名伊香保温泉フリーパスと水沢伊香保温泉フリーパスのそれぞれ片道区間

■販売価格

おとな 2,800円、こども 1,400円

■販売場所

群馬バスの総合バスセンター(箕郷営業所)、榛名営業所、高崎駅前案内所(高崎駅バス総合案内所)

■詳細

乗合バスご案内サイト/群馬バス


渋川・水沢フリーパス

渋川・水沢間の片道ルートのみに有効で途中下車OKなきっぷです。

■対象路線・エリア

・渋川→水沢ルート
・水沢→渋川ルート
※どちらか一方のみ有効

■販売価格

おとな 730円、こども 370円

■販売場所

群馬バスの総合バスセンター(箕郷営業所)、榛名営業所、高崎駅前案内所(高崎駅バス総合案内所)

■詳細

乗合バスご案内サイト/群馬バス


全国から群馬県へ行く高速バス

全国から群馬へ直行できる高速バスは、以下をご覧ください。
東京、埼玉、神奈川、大阪、京都、愛知からは直行バスがあり、その他のエリアからは乗り換えてアクセスできます。


電車では移動が不便なエリアをお得に巡れるフリーきっぷは旅の強い味方になりますね。
ぜひ旅行先で活用してみてください。


※本記事は、2022/03/29に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 5月 6月
    2,300円 2,700円
    2,200円 2,700円
    1,900円 2,000円
    2,000円 2,800円
    2,000円 2,200円
    2,700円 3,600円
    3,800円 4,400円
    7,800円 8,000円
    2,300円 2,900円
    3,100円 4,200円
    2,100円 2,600円
    1,900円 2,000円
    2,000円 2,800円
    1,900円 2,200円
    2,600円 3,600円
    3,700円 4,400円
    7,800円 8,000円
    3,200円 3,900円
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/9~5/15のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ