女性の一人旅にバスツアーはあり? 初めての一人旅で宿を選ぶポイントや計画の立て方を解説 | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

トピックス

女性の一人旅にバスツアーはあり? 初めての一人旅で宿を選ぶポイントや計画の立て方を解説

誰にも気を使わず好きなように行動でき、趣味や目的を思う存分満喫できるのが一人旅。しかし一人旅をしたことがないという人、特に女性はいろいろ不安なこともあるかもしれませんね。今回は初めて一人旅に挑戦したい人に向けて、宿予約のポイント、旅の計画の立て方、バスツアー情報についてまとめました。


初めて一人旅をするなら計画を立てよう

女性一人旅

テーマを決める

一人旅をしたいと考えているなら、まずは旅のテーマを決めるのがおすすめです。着の身着のままにその日の気分で、というのも悪くないですが、一人旅は自分のしたいことを存分に楽しめるのが魅力。

聖地巡礼やパワースポット巡り、フォトスポット巡り、宿にこもって読書三昧、女性ならスパや温泉でエステ三昧など誰かと一緒では存分にできなかったり、気を使ってしまうようなテーマの旅も実現できるんです。ぜひ、一人ならではの旅の計画を立ててみましょう。

行き先を決める

テーマを決めたら、次は行き先です。一人旅が初めてなら、まずは県内や隣県などへ行くのもおすすめです。自分の行動範囲からちょっと足を伸ばす程度なら計画も立てやすいですし、移動もラクだと思います。最近では近くのホテルに泊まってリフレッシュして非日常を楽しむ人も増えていますね。

もちろん、旅の目的によっては遠出が必要ということもあるでしょうし、思い切って今まで行ったことがないところへ行ってみるのもありです。

一人旅で宿を予約するポイント

旅館

テーマと行き先を決めたら次は宿。一人旅の快適さを最も大きく左右するといっても過言ではありません。特に一人旅が初めてという場合は、以下をポイントに選ぶとよいと思います。


大型連休などの日程は避ける

基本的にはわいわい賑やかな中で一人、というのはあまり居心地がいいとはいえないでしょう。宿の予約だけではありませんが、一人旅の日程は家族連れやグループなどが多く見られる大型連休はできれば避けたほうが無難です。

一人客歓迎の宿を探す

特に週末にありがちですが、一人旅の宿泊プランがなかったり、一人での宿泊だとかなり割高だったりという宿も少なくありませんのでよく確認しましょう。

部屋食付きの宿を選ぶ

初めての一人旅。慣れない土地で一人で外食するのはちょっと…という人は、食事付きの宿やホテルを選ぶのがよいでしょう。さらに部屋食が可能なら、他のお客さんを気にすることなくゆったりと食事ができます。

防犯面をチェック

国内旅行では防犯面に不安を感じるような宿は少ないです。しかし一人旅では不安が増すという人もいるでしょう。特に女性で安宿などに泊まる場合は、セキュリティ面も事前にしっかりとチェックしておきましょう。


旅の目的によって宿のスタイルを選ぶ

ビジネスホテル

宿には一般的なホテル、ビジネスホテル、旅館などがありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

■リゾートホテルやシティホテル

メリット
・一泊二食付きのプランがある
・滞在自体を楽しめるホテルもある

デメリット
・料金がやや高い
・一人だと割高になることが多い

■ビジネスホテル

メリット
・料金が安い
・一人でも予約しやすい
・朝食付きプランがある
・夕食や門限がないことが多いので自分のペースで行動できる

デメリット
・夕食が付けられないことが多い

■旅館

メリット
・一泊二食のプランがある
・宿によっては部屋食が可能
・滞在自体を楽しめる旅館もある

デメリット
・一人だと割高になることが多い

■民宿

メリット
・料金が安い
・一泊二食付きのプランがある
・一人でも予約がしやすい

デメリット
・トイレや風呂が共同
・アメニティがないなど、設備やサービスが十分でない場合がある

■格安宿(ドミトリー、カプセルホテル、キャビン型ホテルなど)

メリット
・格安で泊まれる
・一人でも予約がしやすい

デメリット
・プライベートなスペースがベッドに限られる、もしくは狭い
・トイレや風呂が共同
・アメニティがないなど設備やサービスが十分でない場合がある
・食事は付いていない

リーズナブルな宿について詳しくはコチラ


一人参加限定バスツアーを利用するのもおすすめ

移動も食事の手配もすべて自分一人でしなくてはいけないのが一人旅。初めてだと不安になる人もいるでしょう。また、女性一人の場合は防犯面が気になる人もいるかもしれません。そこでおすすめなのがバスツアーです。

基本的にはほとんどのバスツアーが一人で参加できます。細かなスケジュールを立てる必要がなく複数のスポットを効率良く巡れますし、食事付きのツアーが多いので手軽に旅をするにはおすすめ。また、何かわからないことや困ったことがあったときに添乗員さんがいるのも心強いです。

さらには、バスツアーの中には「一名一室同旅行代金」「他のグループとの相席なし」「女性限定」など一人参加者に配慮されたツアーや「一人参加限定」のツアーもあります。このようなツアーを利用すればより快適に一人旅ができると思います。

「女性限定一人旅」バスツアーを検索する
「一名一室同旅行代金」バスツアーを検索する


例えば、関東発ではこんなツアーがあります。

『ズワイガニ足・ブリ・甘エビなど約30種食べ放題!世界遺産「白川郷と五箇山」・飛騨高山2日間』【横浜東口・町田出発】<40名様以下/相席なし>(※2022年3月まで催行予定)

料金:24,900円〜

白川郷
白川郷

1泊2日で世界遺産の岐阜県白川郷・富山県五箇山と、岐阜県飛騨高山を訪ねるツアー。「1名1室同旅行代金」「他のグループとの相席なし」の一人参加歓迎のツアーです。

日本の原風景や古い街並みを楽しめるだけでなく、1日目の夕食ではズワイガニ足・ブリ・甘エビなど約30種バイキングで日本海の美味しいものを堪能、2日目の昼食は飛騨牛すき焼き膳の昼食と豪華な食事も魅力です。


その他にも、一人旅歓迎のさまざまなバスツアーがあります。ぜひチェックしてみてください。

「一人旅歓迎」バスツアーを検索する

※本記事は、2021/12/06に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 1月 2月
    3,000円 3,800円
    2,900円 3,500円
    2,000円 2,000円
    2,000円 2,000円
    1,900円 2,500円
    2,900円 3,600円
    4,300円 4,900円
    8,500円 8,500円
    3,000円 3,500円
    3,400円 3,500円
    2,800円 3,300円
    2,000円 2,000円
    2,000円 2,000円
    1,900円 2,500円
    3,000円 3,500円
    4,300円 5,400円
    8,500円 8,500円
    3,300円 3,500円
    その他の路線を見る

    週間ランキング1/10~1/16のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ