全部100均で揃う! 夜行バスで快適に過ごすための持ち物は? おすすめグッズ10選 | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

全部100均で揃う! 夜行バスで快適に過ごすための持ち物は? おすすめグッズ10選

長距離移動となる夜行バスの旅では、なるべく快適に過ごしたいですよね。ブランケットやスリッパを用意しているバス会社もありますが、乗客側でも事前に持ち物を準備をしておけば、ぐっと快適に過ごせます。今回は、バス旅を始めて10年になる筆者が、100均で購入できるおすすめグッズを紹介します!

ざっくり、こんな内容

  • 夜行バス旅に役立つグッズ10選
  • 全部100均で購入可能!
  • 実際の使用感も紹介

夜行バス旅を快適にするアイテムは、大まかに以下の4点を目的としたものに分けられます。 

この4点をカバーできるアイテムを紹介していきますね。


しっかり眠るためのグッズ

(1)耳栓

夜行バスではエンジン音や高速道路の走行音、周りの乗客の物音が気になる人が多いのではないでしょうか。そんなストレスを避けるためにも、耳栓はあると便利。

100均ではやわらかいフォームタイプ、ネジ状になったスプリングタイプなどの耳栓を購入できます。私は今回、初めてスプリングタイプを購入してみたのですが、フォームタイプの方が耳に密着して防音効果が高そうだと感じましたよ。

耳栓
耳栓


(2)アイマスク

消灯後にようやく寝付いたと思いきや、トイレ休憩で灯りがつき目が覚めてしまうことってありますよね。アイマスクでしっかり光をガードすれば、不意に目が覚めることは少なくなりますよ。

今回購入したアイマスクは、中にジェルパックを入れて目元を冷やすタイプの物です。あらかじめジェルを冷やしてから使用すると、夏場は特に快適です。移動中に目の疲れも取れて、一石二鳥ではないでしょうか。

アイマスク
アイマスク
中にジェルパックを入れて目元を冷やすタイプ
中にジェルパックを入れて目元を冷やすタイプ


(3)ネックピロー

就寝時には首を固定しておくのが、疲れないコツです。窓際席の場合は窓にもたれかかるという手もありますが、意外と振動を拾いやすいもの。ネックピローがあると、快適さが格段に違いますよ。

私が購入した空気を吹き込んで膨らませるタイプの枕は、膨らませるのに少々時間がかかりましたが、程よい弾力があって長距離移動にうってつけ。100円で首の疲れを防げる上に眠りやすくなることを考えると、とてもお得に感じました。

ネックピロー
ネックピロー
空気を吹き込んで膨らませるタイプ
空気を吹き込んで膨らませるタイプ


(4)使い捨てカイロ

冬場のバス旅では、扉近くや窓際席で寒さを感じる傾向にあります。寒くて眠れない…ということにならないよう、使い捨てカイロを持っていきましょう。冷えを感じた場所をすぐに温められるよう、「貼らないタイプ」のカイロがおすすめです。

使い捨てカイロ
使い捨てカイロ


翌日に疲れを残さないためのグッズ

(5)携帯用スリッパ

夜行バスの車内でずっと靴を履いたままだと、リラックスできない上に匂いの元にもなります。そこで乗車後にスリッパに履き替えると、むくみの予防にもなりますよ。

今回購入したスリッパは、ビジネスホテルによくあるタイプの薄手のスリッパで、専用袋が付いてきます。半分に折りたたんで専用袋に入れてしまえば、荷物の中でかさばることもないでしょう。

携帯用スリッパ
携帯用スリッパ
専用袋付きの薄手のスリッパ
専用袋付きの薄手のスリッパ


(6)加圧ソックス

夜行バス車内が満席だったり、周りが就寝中だったりすると体勢を変えるのにも気を使っちゃいますよね。そうなると気になるのが、翌日の足のむくみ。

私は足に疲れが残らないよう、加圧ソックスを愛用しています。適度な締め付け感があり、防寒にもなるので翌日に足の疲れを残したくない人におすすめです!

加圧ソックス
加圧ソックス


荷物を管理するためのグッズ

(7)プラスチックケース

ピアスやネックレスなどを付けたまま寝ると、壊れたり紛失したりする原因になります。そこで、小型のプラスチックケースをいくつか用意しておくと便利です。アクセサリーや小物、常備薬などを入れておけば、荷物の中でつぶれることもなく安全に保管できますよ。

プラスチックケース
プラスチックケース
アクセサリーや小物などを安全に保管
アクセサリーや小物などを安全に保管


(8)S字フック

バスの前座席に荷物用のフックを設置しているバスもありますが、リュックなどの大きい荷物だと、フックに引っ掛けられないこともありますよね。そんな時に便利なのが、大きめのS字フックです。これがあると、持ち手が大きめのバックやリュックでも、荷物をひっかけやすくなります。

これは私が海外をバス旅しているときに教わったアイデアで、床に直に荷物を置きたくない人にもおすすめです!

S字フック
S字フック


体調を崩さないためのグッズ

(9)マスク

朝起きた際に喉を痛めてしまっては、せっかくの旅行が台無し。夜行バス車内は意外と乾燥しているので、マスクでしっかり喉を守りましょう。また現在は感染対策から、マスクの着用を必須としているバス会社がほとんどです。

マスクはお化粧を落とした後や、寝顔を見られるのが恥ずかしいというときにも顔を隠せます。最近では100均にも「お化粧が落ちにくい」「保湿重視」など様々なタイプのマスクがあるので、つい迷ってしまうかも?

マスク
マスク


(10)除菌ジェル

昨今、アルコール消毒液を常備しているバスも多いと思いますが、自分でも用意しておくと安心です。ポケットやバッグに忍ばせておける小型の除菌ジェルは、1つは持っておきたいアイテム。トイレ休憩の帰りや、周りの衛生が少々気になったときにさっと使えて便利ですよ。

除菌ジェル
除菌ジェル

以上、夜行バス旅を快適にするアイテム10選をお届けしました。夜行バスでリーズナブルに移動するのであれば、お役立ちアイテムもお得に購入したいところ。是非とも出発前に、100均に立ち寄ってみてくださいね。

※本記事は、2021/09/20に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    為平千寿香

    ゲームデザイナー/ライター 女性

    東京在住のゲームデザイナー/ライター。旅好きが高じて、中国に赴任経験あり。国内外のバイクツーリングやジビエ、狩猟がマイブーム。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 10月 11月
    3,200円 3,500円
    3,000円 3,000円
    2,000円 2,000円
    2,000円 2,000円
    1,700円 1,800円
    2,300円 2,500円
    4,800円 5,900円
    13,000円 10,000円
    3,200円 3,800円
    2,800円 2,900円
    2,500円 3,000円
    2,000円 2,000円
    2,000円 2,000円
    1,700円 2,300円
    2,300円 2,500円
    4,800円 5,900円
    13,000円 9,800円
    2,700円 3,000円
    その他の路線を見る

    週間ランキング10/11~10/17のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ