北海道はバスの乗り放題フリーきっぷが充実! お得に旅できる函館・札幌・小樽・網走・釧路・根室などのフリーきっぷまとめ | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

北海道はバスの乗り放題フリーきっぷが充実! お得に旅できる函館・札幌・小樽・網走・釧路・根室などのフリーきっぷまとめ

雄大な自然が織りなす絶景の数々や海の幸などのグルメ、日本の人気観光地として欠かせないのが北海道。そのスケールの大きさから鉄道だけの移動が難しいエリアも多く、旅行の際はバスを活用する人も多いでしょう。今回は北海道内のバスが乗り放題になるフリーきっぷをまとめました。


小樽.jpg


北海道のバス乗り放題フリーきっぷ一覧

以下の路線バスなどで利用できる18のフリーきっぷを紹介していきます。
2021年7月時点で販売されているきっぷの情報です。対象路線・エリア、販売価格、販売場所は変更される可能性があるので、販売会社の公式HPで最新情報もご確認ください。

道央(札幌・小樽・定山渓など)

きっぷ名 対象エリア
1日乗りほーだいきっぷ 江別、札幌、小樽
さっぽろうぉ~く1日乗車券 札幌
じょうてつバス 温泉日帰りパック券 札幌~定山渓・小金湯・豊平峡
おたる市内線バス一日乗車券 小樽
ぐらんぶる・しりべしフリーきっぷ 小樽~札幌間、積丹半島、
ニセコ、長万部、島牧など

道東(釧路・帯広・十勝など)

きっぷ名 対象エリア
1日フリー乗車券/くしろバス・阿寒バス 釧路
釧路・根室・羅臼 4/7daysフリーパス 釧路・根室・羅臼
一日フリー乗車券/根室交通 根室
あばしりフリーパス 網走
おびひろ1day乗放きっぷ 帯広
ビジットトカチパス 十勝

道南(函館・北斗など)

きっぷ名 対象エリア
はこだて旅するパスポート 函館、森、北斗、
七飯、鹿部など
カンパス 函館
函館バス・市電1日乗車券 函館
江差・松前周遊フリーパス~千年北海道手形~ 函館~江差・松前

道北(旭川・留萌・北見など)

きっぷ名 対象エリア
萌えっ子フリーきっぷ           留萌
あさくるパス 旭川
北見バスフリーパスチケット
北見


1日乗りほーだいきっぷ(江別・札幌・小樽周辺)

おとな800円でジェイ・アール北海道バスの札幌圏内の路線バスが1日乗り降り自由になるフリーきっぷ。江別、札幌、小樽を含んでおり、エリアが広くお得。

例えば札幌~小樽間はJRの列車だと片道750円、往復だと1,500円です。1日乗りほーだいきっぷを使うと列車のほぼ半額で移動ができます。

■対象路線・エリア

ジェイ・アール北海道バスの札幌圏内の路線バス

■販売価格 

おとな800円、こども400円

■販売場所

小樽、札幌など各地のジェイ・アール北海道バスの窓口や深名線・日勝線を除くバス車内

■詳細

ジェイ・アール北海道バス



さっぽろうぉ~く1日乗車券

循環バスさっぽろうぉ~くや札幌市内特殊運賃区間の中央バス全路線が1日乗り放題になるフリーきっぷです。

さっぽろうぉ~くは、サッポロビール園やサッポロファクトリー、大通公園、札幌駅前などを約30分で循環しています。歩いてまわるには広い札幌の街を細かくバスで移動するのに便利なきっぷです。

■対象路線・エリア

さっぽろうぉ~く及び中央バスの札幌市内特殊運賃区間

中央バス札幌市内特殊運賃区間は以下の通りです。
【札幌中心部】
~【清田区方面】真栄4条2丁目・美しが丘3条9丁目、三里塚小学校、平岡緑中学校
~【厚別区方面】厚別北3条4丁目
~【北区方面】東茨戸2条1丁目、屯田10条3丁目、屯田9条12丁目、屯田3番西、4番第8横線
~【手稲区方面】新川営業所・手稲高校・前田森林公園
~【東区方面】市界
~【南区方面】真駒内花園

■販売価格 

1日乗車券:おとな1,000円、こども500円
2日乗車券:おとな1,700円、こども850円

■販売場所

循環88サッポロビール園ファクトリー線(さっぽろうぉ~く) のバス車内
札幌、札幌駅前、麻生、福住、大谷地の各ターミナル窓口

■詳細

北海道中央バス



じょうてつバス 温泉日帰りパック券(札幌~定山渓・小金湯・豊平峡)

定山渓・小金湯・豊平峡のいずれか1カ所の温泉施設利用と、札幌~定山渓・小金湯・豊平峡間をつなぐカッパライナーなど、じょうてつバスの路線バスが対象のフリーきっぷです。

例えば、札幌~定山渓間を往復すると1,580円(片道790円)、対象施設の1つ、定山渓万世閣ホテルミリオーネの日帰り入浴が1,500円、合計3,080円です。同券はおとな2,200円なので、札幌から往復し入浴利用するだけで元が取れます。

また、定山渓・小金湯・豊平峡間の周辺には、ワイナリーや史跡などのスポットもあるので、同券を利用し立ち寄ることも可能です。札幌から定山渓・小金湯・豊平峡へ足を伸ばすときにはぜひ利用したいきっぷです。

■対象路線・エリア

じょうてつバスの路線バスやかっぱライナー号

■販売価格

おとな2,200円、こども1,100円

■販売場所

一部の路線を除くバス車内、じょうてつバス営業所(川沿営業所、藻岩営業所、川沿サービスセンター、定山渓案内所、札幌駅案内所)、北海道さっぽろ観光案内所 、北海道ツーリスト・インフォメーションセンター札幌狸小路 、札幌ツーリストインフォメーションセンター

■詳細

じょうてつバス



おたる市内線バス一日乗車券

小樽市内の中央バス路線バス(均一区間内)が1日乗り放題になるフリーきっぷです。天狗山ロープウェイ線やおたる水族館線など観光に便利なバスも対象です。

■対象路線・エリア

小樽市内の中央バス路線バス(均一区間内)
※2021年7月現在、おたる散策バスは運休中

■販売価格

おとな800円、こども400円

■販売場所

おたる散策バスのバス車内(※2021年7月現在は運休中)、小樽駅前ターミナル、運河プラザ、小樽運河ターミナル(小樽バイン)、小樽市内のホテル(オーセントホテル小樽)

■詳細

北海道中央バス


ぐらんぶる・しりべしフリーきっぷ

中央バス・ニセコバスの後志管内路線が2日間乗り放題になるフリーきっぷです。2021年度の発売期間は4月17日(土)~10月16日(土)まで

積丹半島、ニセコ、長万部町や島牧村などのエリアと小樽ターミナルや札幌ターミナルも対象です。路線バスの他に、札幌~小樽間の都市間バスが中央バス運行便に限り利用できます。ニセコや積丹半島の雄大な自然を楽しみたいという人にぴったりです。

■対象路線・エリア

中央バス・ニセコバスの後志管内路線バス、中央バスが運行する札幌~小樽間の都市間バス

■販売価格

札幌発着4,600円(こども2,300円)
小樽発着3,800円(こども1,900円)

■販売場所

札幌ターミナル、札幌駅前ターミナル、小樽ターミナル

■詳細

北海道中央バス


1日フリー乗車券/くしろバス・阿寒バス(釧路)

土日祝日限定でくしろバス・阿寒バスが1日乗り放題にになるフリーきっぷ。都市間バス、定期観光バス、空港バスを除く、旧釧路市(旧阿寒町・旧音別町を除く)、釧路町内の路線バスが600円で1日乗り放題になります。

■対象路線・エリア

くしろバス及び阿寒バスの路線バス(都市間バス、定期観光バス、空港バスを除く旧釧路市、釧路町内)

■販売価格 

600円

■販売場所

路線バス車内、釧路駅前バスターミナル

■詳細

阿寒バス



釧路・根室・羅臼 4/7daysフリーパス

釧路・根室・中標津・羅臼エリアの、くしろバス、根室交通、阿寒バスの路線バスが無料になるフリーパスです。中標津(なかしべつ)空港や釧路空港から各バスターミナルへのバス路線も対象。

有効期間は、7日間のうち、4日間利用できるようになっており、1日目移動→2日目(移動なし)→4日目移動…といった使い方ができるので便利。各エリアをゆっくりと満喫できるのがうれしいですね。

価格は9,000円。釧路~根室間を往復するだけでも、バスでは4,380円、電車では5,720円することを考えるととてもお得です。また、対象区間ではありませんが、根室交通運行の根室駅前~納沙布岬間や、くしろバス運行の釧路~霧多布間などの割引もあります。北海道東部を旅するにはとてもお得なきっぷです。

■対象路線・エリア

釧路・根室・中標津・羅臼エリアのくしろバス、根室交通、阿寒バス

■販売価格 

おとな9,000円、こども4,500円
7日間のうち4日間が乗り放題

■販売場所

釧路空港阿寒バス案内所、釧路駅前バスターミナル内阿寒バス案内所、根室駅前バスターミナル内根室交通案内所、阿寒バス中標津営業所、阿寒バス羅臼営業所、中標津空港
※阿寒バスHPからも購入可能

■詳細

阿寒バス


一日フリー乗車券/根室交通

根室交通の花咲線、納沙布線、厚床線・公住循環線・西浜線が利用できるフリーきっぷです。納沙布岬、明治公園、風蓮湖、温根沼、春国岱(しゅんくにたい)など根室の名所をまわれます。

■対象路線・エリア

根室交通の路線バス(花咲線、納沙布線、厚床線、公住循環線、西浜線)

■販売価格 

おとな2,080円、こども・障がい者1,040円

■販売場所

根室駅前ターミナル窓口、有磯営業所窓口

■詳細

根室バス



あばしりフリーパス

網走バスの主な路線が乗り降り自由になるフリーパスです。女満別空港や網走バスターミナル、網走駅などはもちろん、網走刑務所、サンゴ草、天都山、オホーツク流氷館、小清水原生花園、北方民族博物館、フラワーガーデン「はな・てんと」などの観光スポットをすべてカバーしています。

ちなみに女満別空港から刑務所前までは女満別空港線バスで790円。2日券3日券ともに1日1,000円利用すれば元が取れます。また、施設や飲食店で割引が受けられる特典も付いています。

■対象路線・エリア

・女満別空港線(女満別空港~網走・おーろらターミナル)
・観光施設めぐり線(おーろらターミナル・網走~北方民族博物館・はな・てんと)
・小清水線(網走~北浜・白鳥公園入口・小清水原生花園~浜小清水駅前)
・常呂線(網走~サンゴ草入り口)
・市内線(全線)

■販売価格

2日乗車券:2,000円
3日乗車券:3,000円

■販売場所

女満別空港観光案内所、網走駅観光案内所、道の駅「流氷街道網走」観光案内所、東横イン網走駅前、オホーツク合同庁舎内売店、網走市役所売店、網走バスターミナル

■詳細

網走バス



おびひろ1day乗放きっぷ

帯広市内区域の十勝バス全路線が乗り降り自由になるフリーきっぷです。帯広は農業や酪農が盛んで、グルメや牧場や工房などのスイーツを楽しめるのも魅力。フリーきっぷを利用して市内のスイーツ巡りや鉄道の施設巡りなどを満喫できます。

■対象路線・エリア

帯広市内区域の十勝バス全路線

■販売価格

おとな900円、こども450円

■販売場所

帯広駅バスターミナル、十勝バス窓口

■詳細

十勝バス



ビジットトカチパス

北海道拓殖バス、十勝バスが乗り放題になります。ばんえい競馬場、十勝川温泉、然別湖、ぬかびら源泉郷、旧国鉄幸福駅・愛国駅など十勝の魅力を満喫できます。帯広空港連絡バスも対象です。

■対象路線・エリア

北海道拓殖バス、十勝バスの十勝管内全路線(帯広空港連絡バス含む)

■販売価格

1日券:おとな1,500円、小学生750円
2日券:おとな2,500円、小学生1,250円

■販売場所

帯広駅バスターミナル(北海道拓殖バス窓口、十勝バス窓口)、とかち帯広空港案内所(十勝バス窓口)

■詳細

北海道拓殖バス


はこだて旅するパスポート

函館エリアのJR列車と函館バス、函館市電、道南いさりび鉄道線が乗り放題になるお得なフリーきっぷです。対象エリアは、函館市内だけでなく、森町、北斗市、七飯町、鹿部町の一部も対象になっているので、幅広く移動できるのが特徴。

函館市電、道南いさりび鉄道線は全線乗り放題。JRは、函館本線森~函館間(渡島砂原経由を含む)が対象で、快速を含む普通列車の普通車両自由席が乗り降り自由となります。

函館バスは、函館市内・北斗市内・七飯町・鹿部町などの路線が乗り降り自由です。

その他に、津軽海峡フェリー(大間・青森航路)の運賃・料金が2割引、対象の観光施設での特典が受けられるなどのメリットがあります。

■対象路線・エリア

・函館市電、道南いさりび鉄道線:全線
・JR:函館本線森~函館間(渡島砂原経由を含む)
・函館バス:函館市内・北斗市内・七飯町・鹿部町全線、砂原線(森駅前~砂原東3丁目)、 濁川線、函館~知内線(バスセンター~木古内駅前)、快速松前号(函館駅~木古内駅前)

■販売価格

1日券:おとな2,690円、こども1,340円
2日券:おとな3,650円、こども1,810円

■販売場所

函館駅・五稜郭駅・桔梗駅(日・祝休み)・七飯駅・大沼駅・大沼公園駅・森駅・八雲駅・長万部駅・奥津軽いまべつ駅・木古内駅・新函館北斗駅のみどりの窓口
※北海道旅客鉄道HPからも購入可能

■詳細

北海道旅客鉄道



カンパス(函館)

指定エリア内の函館バスが1日乗り放題となるフリーきっぷです。対象路線の範囲は、東がトラピスチヌ修道院や函館空港、西が五稜郭タワーや津軽海峡フェリーや函館山、南は津軽海峡沿線、北は函館蔦屋書店や山の手団地あたりです。

函館バスは初乗りが210円、例えば、函館駅前から函館山山頂までを往復するだけで800円かかる(片道400円)ので、市内の観光地をあちこちまわるには、お得なフリーきっぷです。

■対象路線・エリア

以下を含む指定エリアの函館バス
・函館登山バス
・五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス
・元町・ベイエリア周遊号
・空港循環バス(とびっこ)など

■販売価格 

おとな800円、こども400円

■販売場所

函館バス車内、函館バスの一部営業所、函館駅前バス案内所、函館駅前観光案内所、函館駅周辺ホテルのフロント、コンビニエンスストアなど

■詳細

函館バス



函館バス・市電1日乗車券

函館バスの対象路線と函館市電全線が乗り放題になるフリーきっぷです。対象のバス路線は、前項で紹介しているカンパスと同じ。東がトラピスチヌ修道院や函館空港、西が五稜郭タワーや津軽海峡フェリー、函館山、南は津軽海峡沿線、北は函館蔦屋書店や山の手団地あたりです。

1日乗車券はおとな1,000円。カンパスにプラス200円で市電も乗り降り自由になるのはお得。また、カンパスは1日券のみですが、こちらのフリーきっぷは2日券(1,700円)もあるので、旅行などで2日利用する場合にもおすすめです。

■対象路線・エリア

・函館市電:全線
・指定エリアの函館バス:函館登山バス、五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス、元町・ベイエリア周遊号、空港循環バス(とびっこ)など

■販売価格 

1日券:おとな1,000円、こども500円
2日券:おとな1,700円、こども850円

■販売場所

市電・函館バスの車内、函館市駅前観光案内所、函館駅周辺ホテルのフロントなど

■詳細

函館バス



江差・松前周遊フリーパス~千年北海道手形~

函館~道南西部エリアの函館バスの路線バスが乗り放題になります。フリーパスは2日券で3,000円、3日券で4,000円。

函館→松前→江差→函館、と松前半島をバスで周遊するだけでも5,830円かかるので、同フリーパスを使えば交通費を抑えられます。江差・松前方面の観光に便利なきっぷです。道南いさりび鉄道や奥尻行きフェリー料金も割引になる特典付き。

■対象路線・エリア

函館~江差間、江差~原口間、乙部~江差間、函館~松前間、江差~木古内間、原口~松前間の路線

■販売価格

2日券:3,000円、こども1,500円
3日券:4,000円、こども2,000円

■販売場所

函館駅前バス案内所、北斗市観光交流センター観光案内所、木古内駅前 道の駅みそぎの郷きこない、江差町観光情報総合案内所

■詳細

旬感・千年北海道


萌えっ子フリーきっぷ(留萌)

沿岸バスが運行する、留萌市を中心としたエリアの指定バス路線が乗り放題となるフリーきっぷです。羽幌沿海フェリーの普通旅客運賃が1割引きになる特典もあります。

■対象路線・エリア

・増毛方面:留萌別苅(増毛)線、別苅雄冬線
・羽幌・豊富方面:豊富羽幌線、幌延留萌線、快速幌延留萌線、初山別留萌線、羽幌留萌線、豊富幌延線
・古丹別方面:上平古丹別線、羽幌古丹別線

■販売価格

1日券:2,700円
2日券:3,900円

■販売場所

沿岸バス留萌駅前待合室、沿岸バス本社バスターミナル、沿岸バス羽幌バスターミナル、沿岸バス遠別営業所、沿岸バス豊富営業所、増毛駅前観光案内所、沿岸バス留萌営業所、お勝手屋 萌(もえ)、留萌合同庁舎 売店、豊富町観光情報センター、ジェイ・アール北海道バスチケットセンターAPIA店、道北バス旭川駅前営業所、宗谷バス稚内駅前バスターミナル

■詳細

沿岸バス



あさくるパス(旭川)

旭川市内の観光スポットを旭川電気軌道・道北バスの路線バスで巡れる共通乗り放題チケットです。乗車券提示で特典が受けられるスポットもあります。

旭川市旭山動物園、上野ファーム、北海道旭川美術館、旭川市科学館 サイパル、あさひかわラーメン村など旭川の観光スポットを巡れます。

■対象路線・エリア

旭川市行政区域内の旭川電気軌道・道北バスの路線バス(空港バスは除く)

■販売価格

1日券:おとな1,200円、こども600円
2日券:おとな1,800円、こども900円 

■販売場所

旭川観光物産情報センター、旭川電気軌道総合案内所、道北バス旭川駅前営業所、シティホテル懇話会加盟の各ホテル

■詳細

旭川電気軌道



北見バスフリーパスチケット

北見バスの路線バスが乗り放題になるフリーきっぷです。北見市内をはじめ、北見~女満別空港間・陸別間・北見留辺蘂間・常呂間・津別間、温根湯遠軽~紋別間などが対象です。女満別空港~北見間を往復するだけで2,000円かかるので、北見を訪れる際にはとてもお得なきっぷです。

■対象路線・エリア

北見バスの対象バス(都市間バス、わっかバス、スクールバス便を除く)

■販売価格

1日券:2,000円

■販売場所

北見バスターミナル、北見観光案内所

■詳細

北海道北見バス


北海道内の都市間高速バス路線

フリーきっぷでは都市間バスが対象外になっていることが多いですが、長距離を移動するなら都市間バスが便利です。北海道には、道内を移動できる都市間バスの路線がたくさんあります。

札幌発の都市間高速バス路線

北海道内発の都市間高速バス路線


移動距離が長距離になることが多い北海道。たくさんのバスのフリーきっぷや都市間バス路線があり心強いですね。旅行する際は上手に活用してください。


※本記事は、2021/07/13に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 7月 8月
    250円 250円
    3,100円 3,100円
    3,750円 3,750円
    970円 970円
    その他の路線を見る

    週間ランキング7/12~7/18のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ