ラベンダーの絶景を見に行こう! 関東・北海道発のラベンダー畑に行けるバスツアーを紹介。一緒に巡れる観光スポット情報も | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

バスツアー

ラベンダーの絶景を見に行こう! 関東・北海道発のラベンダー畑に行けるバスツアーを紹介。一緒に巡れる観光スポット情報も

初夏に見頃を迎える花の1つがラベンダー。見た目だけでなく、さわやかな香りにも癒されるハーブです。今回は、そんなラベンダーを楽しめる関東近郊と北海道のフラワー園やハーブ園を紹介します。バスツアーで巡れる周辺スポットもまとめました。

バスツアーに参加される際は、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえてご検討ください。
ツアー会社では車内換気などの感染対策を実施し、ツアー参加者へのマスク着用やアルコール消毒などの呼びかけがなされています。

感染対策への取り組みやキャンセル方法については、以下もご覧ください。
1人2席利用可でのびのび乗車できるツアーもあり! バスツアーの新型コロナウイルス感染予防対策まとめ バスツアーをキャンセルしたいときの手続き方法とキャンセル料金まとめ

目次


ラベンダーの見頃は?

4670807_s.jpg

ラベンダーは蒸し暑さが苦手。北海道・富良野が日本のラベンダー発祥の地となったのは、気候が適していたことも大きいでしょう。北海道だけでなく、関東にも多くのラベンダー畑があります。多いのは河口湖周辺です。

ラベンダーの開花時期は5~8月頃。地域や品種によっても異なりますが、関東近郊では6~7月頃、北海道では7月中旬~下旬頃にベストシーズンを迎えます。


ハーブ庭園旅日記 富士河口湖庭園(山梨県・河口湖)

河口湖ラベンダー.jpg

富士山のふもとにあり、約200種類のハーブと花で彩られた庭園。春には桜やツツジ、初夏にはラベンダー、秋には紅葉、冬には大温室で育成されるハーブと花が楽しめます。

ラベンダーが鑑賞できるのは、7月初旬〜中旬頃です。富士山や河口湖、庭園を一望できる展望施設があり、ハーブティやスイーツ、軽食を提供するカフェなども備えています。

「ハーブ庭園旅日記 富士河口湖庭園」へ行くバスツアー



大石公園(山梨県・河口湖)

大石公園.jpg

河口湖の北岸にある大石公園。南岸にある八木崎公園と並び、ラベンダーと富士山の景色を望める公園として知られています。

4月下旬~5月上旬には芝桜、6月下旬~7月中旬にはラベンダー、秋にはコキアの紅葉などが鑑賞できる花々の絶景スポットです。

「大石公園」へ行くバスツアー


河口湖のバスツアーで行ける観光スポット

東京発の河口湖行きバスツアーで行ける観光スポットを紹介します。

シャトー勝沼
勝沼最古のワイナリー。製造工場や樽で熟成されるワインの見学ツアーあり。直売店にて10種類以上のワインの試飲もできます。

花の都公園
富士山のふもと、標高1,000mの高原にある広大な植物園。春には一面に咲き誇るネモフィラ畑と富士山を一望できます。季節ごとに花が咲き変わる花畑エリアの他に、親子で楽しめる水遊具広場や富士山の溶岩樹型体験ゾーン、明神の滝、岩清水の滝、熱帯植物や季節の花を1年中楽しめる全天候型温室を備えています。

山梨FUJIフルーツパーク
いちご狩りやメロン狩りなどさまざまなフルーツ狩りが楽しめる果樹園。バスツアーでもフルーツ狩り・食べ放題に参加できます。

富士山世界遺産センター
富士山をさまざまな角度から紹介する施設。展示棟には、タイムラプスの映像を見ながら富士登山を疑似体験できる全長193mのらせんスロープや、富士山の歴史や成り立ちがわかる展示が複数あります。企画展では、富士山にまつわる芸術作品などの展示も。

鳴沢氷穴
河口湖から車で20~30分ほどの場所にある溶岩洞穴。青木ヶ原樹海の東の入口に位置し、年間を通して観光客が訪れる富士五湖周辺の人気観光スポットです。総延長は153m。
氷柱や天井部分の溶岩鍾乳石など、溶岩洞穴の特徴的な部分が多く見られます。

山中湖
富士山の東側にある湖。河口湖のほうがメジャーですが、静かな環境で富士山や自然の景色を満喫したい人には山中湖も人気です。

桔梗屋アウトレット(桔梗信玄餅工場テーマパーク)
桔梗信玄餅工場テーマパークは、工場見学ができるだけでなく、桔梗屋信玄餅の詰め放題や桔梗屋のお菓子がアウトレット価格で購入できる工房やカフェを併設しています。桔梗屋信玄餅の詰め放題は人気が高く、山梨へ行くバスツアーでも多く開催されています。

ハイジの村
『アルプスの少女ハイジ』をイメージした花のテーマパーク。バスツアーでは、チーズフォンデュなど本格的なスイス料理や地元野菜を中心にしたサラダバー、ご当地グルメほうとうなどが楽しめる同施設レストランのランチビュッフェが含まれるツアーもあります。



たんばらラベンダーパーク(群馬県・玉原高原)

たんばらラベンダーパーク.jpg

群馬県沼田市の玉原(たんばら)高原にある「たんばらラベンダーパーク」。標高1,300mにあり、夏には関東最大・5万株のラベンダーが咲き誇ります。見頃は7~8月。

首都圏より平均気温-10度の避暑地で、ラベンダーのシーズンにあわせてバスツアーが開催されています。スキー場として営業しているためリフトがあり、春夏は新緑や花畑を見ながら空中散歩が楽しめます。

たんばらラベンダーパークでは、ラベンダーのオリジナルメニューも頂けます。特に大人気なのはラベンダーソフトクリーム。見た目はもちろん、爽やかなラベンダーの香りも楽しめます。その他「ラベンダースコーン」などのスイーツもあり、味覚でもラベンダーを満喫できます。

たんばらラベンダーパーク.jpg
スコーン.jpg

たんばらラベンダーパークへ行くバスツアー



群馬のバスツアーで行ける観光スポット

東京発の群馬行きバスツアーで行ける観光スポットを紹介します。

ロックハート城
日本で初めてヨーロッパの城館を移築・復元した「大理石村ロックハート城」。6年かけてスコットランドの古城が移築されました。ドレスを着て記念撮影もできるスポット。

沼田町並み散策
国の登録有形文化財「旧土岐家住宅洋館」など大正ロマン香る町並みを散策できるバスツアーがあります。



フラワーランドかみふらの(北海道・富良野)

フラワーランドかみふらの ラベンダー畑.jpg

上富良野にある観光農園「フラワーランドかみふらの」。富良野周辺では最大規模の花畑で、雄大な十勝岳を背景に花々を鑑賞できます。トラクターバスでまわるフラワー​ガーデン、お土産店や展望レストラン、体験工房なども備えています。

バスツアーでは、早朝特別貸切でトラクターバスの乗車や花畑を観ながら朝食を頂けるプランも。ラベンダーの見頃は7月中旬~下旬頃です。

「フラワーランドかみふらの」へ行くバスツアー



ファーム富田(北海道・富良野)

ファーム富田.jpg

1958年にラベンダー栽培をはじめた、歴史ある観光農園。ラベンダーで知られる富良野ですが、その中でも最大級の規模で、バスツアーも最も多く開催される農園です。園内には多くの花畑があり、四季折々の花々が咲き誇ります。ラベンダー畑は3つあり、数種類のラベンダーが楽しめます。

6月下旬頃より開花し、見頃のピークは7月中旬~下旬頃。園内で販売するラベンダーソフトクリームは人気メニューのひとつ。ファーム内で蒸留しているアロマオイルなどのグッズも魅力です。

「ファーム富田」へ行くバスツアー



富良野のバスツアーで行ける観光スポット

札幌発の富良野行きバスツアーで行ける観光スポットを紹介します。

美瑛・青い池
十勝岳の火山泥流災害を防止するために美瑛川に作られた堰堤(えんてい)に、水が溜まってできた人造池。水の成分から青く見える池とまっすぐ伸びたカラマツの樹木が織りなす景色が絶景と、近年人気を集めているスポットです。

後藤純男美術館
北海道の大自然に魅せられた日本画家・後藤純男の美術館。7つの展示室に初期から晩年までの作品を展示しています。ふらの和牛・かみふらのポークなど地元産食材を使ったレストランも併設しており、このレストランのランチはバスツアーで楽しめるグルメの1つです。

美瑛・四季彩の丘
広大な花畑をはじめ、アルパカ牧場、ペンションなどがそろった美瑛のエンターテイメント・ガーデンです。丘陵風景とパッチワーク柄の花畑の競演が楽しめます。

移動もラクで複数のスポットを楽しめるのはバスツアーのメリット。
ぜひ夏の風物詩であるラベンダーで心を満たしてください。

※本記事は、2021/06/17に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 8月 9月
    2,800円 3,900円
    2,700円 3,500円
    2,000円 2,400円
    2,600円 3,000円
    1,700円 2,700円
    3,300円 3,800円
    6,000円 6,000円
    10,500円 9,000円
    2,500円 3,900円
    3,300円 3,800円
    2,400円 3,500円
    2,000円 2,400円
    2,600円 3,000円
    1,700円 2,700円
    3,200円 3,800円
    6,000円 6,000円
    10,500円 9,000円
    3,300円 3,800円
    その他の路線を見る

    週間ランキング7/26~8/1のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ