いちご狩りバスツアーのシーズンはいつまで? いちごの品種や美味しい食べ方、おすすめツアーの一例を紹介 | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

バスツアー

いちご狩りバスツアーのシーズンはいつまで? いちごの品種や美味しい食べ方、おすすめツアーの一例を紹介

果物狩りバスツアーの中でも人気が高いいちご狩り。いちご狩りツアーがあるエリアやシーズン、いちごの品種や美味しい食べ方、おすすめバスツアーの一例などなど、いちご狩りバスツアーのあれこれを紹介。

2021年3月現在、ツアー会社では車内換気などの新型コロナウイルス感染予防対策を実施しています。ツアー参加者へのマスク着用やアルコール消毒などの呼びかけがなされています。
バスツアー催行会社の感染症対策への取り組みは、以下もご覧ください。

1人2席利用可でのびのび乗車できるツアーもあり! バスツアーの新型コロナウイルス感染予防対策まとめ



いちご狩りのベストシーズンやバスツアーがある主なエリアは?

いちご狩り

バスツアーの人気ジャンルの1つといえば、果物狩り。中でもいちご狩りは子ども連れから大人まで楽しめる定番人気のイベントです。小さな子どもも摘み取りやすいとあって家族連れで楽しむ人も多くいます。

いちごの主な産地は、関東、東海、九州など。バスツアーもそれらの地域で主に開催されています。いちご狩りのベストシーズンは1月~3月頃。バスツアーが最も多くなるのもおおよそ同じ時期ですが、12月~5月の長い期間楽しめます。

関東地方のいちご狩りバスツアーの主な行先は栃木、群馬、静岡、山梨、千葉など。テーマパークやイルミネーションスポット、温泉、アウトレットモールなどに立ち寄れる内容のツアーが多いのも特徴です。関西発は三重や滋賀、名古屋周辺発のツアーは静岡や三重、岐阜、長野などが行先です。

バスツアーでのいちご狩りは、ほとんどが30分摘み放題です(いちごの生育状態によっては、お皿に盛られた状態で提供される場合も)。

いちごの種類は様々で、黒いちごや白いちご、チーバベリー、スカイベリー、紅ほっぺ、かおり野などなど。複数の種類が摘めるいちご狩りツアーもありますよ。

子ども連れでバスツアーに参加するときは以下もチェック!



いちご狩りで食べられる品種の違いを紹介

いちごといっても様々な品種があります。バスツアーで楽しめる主ないちごの品種を紹介します。

とちおとめ

とちおとめ.jpg

いちご出荷量全国1位の栃木県でもっとも多く栽培されているのが「とちおとめ」。ジューシーで甘酸っぱい味わいが魅力のいちごです。

章姫

章姫.jpg

静岡生まれの品種。果実はやや大きめで、果肉は柔らかくジューシー。酸味は少なく甘さが楽しめるいちごです。

紅ほっぺ

紅ほっぺ

静岡生まれの紅ほっぺは「章姫」に「さちのか」という品種を交配して誕生したいちご。2002年に品種登録され、今では各地で栽培されるようになった人気品種です。果肉は比較的しっかりとした歯ごたえがあり、甘みと酸味のバランスが良いいちごです。

かおり野

かおり野.jpg

三重県で開発されたいちごで、甘い香りが印象的な品種です。果汁は多く酸味が穏やかでさっぱりとした優しい甘さ

スカイベリー

スカイベリー.jpg

とちおとめに次ぐ栃木県のオリジナル品種、スカイベリー。酸味と甘みのバランスが良く、果実が大きく果汁が口の中いっぱいに広がります。

黒いちご 真紅の美鈴

黒いちご

千葉県で育成され2015年に品種登録された真紅の美鈴。食べ頃が黒みがかった色合いであることから通称黒いちごと呼ばれています。千葉県のほかに奈良県や佐賀県などで栽培されていますが、生産量が少なく、市場にほとんど流通していない貴重な品種です。

白いちご

白いちご (2).jpg

近年にわかにブームになっている白いちご。白いちごという品種があるわけでなく、光が当たってもアントシアニンが合成されないか、されにくい性質のいちごのことをいいます。生産数が限られ高価なため、主に贈答用にされることが多いいちごですが、一部のバスツアーでは赤いいちごと一緒に食べられる「紅白いちご食べ放題」ツアーがあります。

味わいは赤いいちごとそう変わりませんが、パイナップルや桃のような香りがするのが特徴です。雪うさぎ、淡雪いちご、ホワイトベリー、初恋の香り、真珠姫、パールホワイトなど多くの品種があります。

あすかルビー

奈良県のブランドいちごである、あすかルビー。奈良生まれなので「あすか」、そして宝石のルビーのようにつやがあることから、あすかルビーという名前が付けられました。果肉は赤くて少し固め、果汁を多く含んでいます程よい酸味があるのが特徴です。

チーバベリー

千葉県で開発されたチーバベリーは、大粒で果汁がたっぷり、甘味に加えて程よい酸味がある品種です。春の観光の最盛期となる3月以降に安定して収穫できる珍しい品種です。



美味しいいちごの見分け方・食べ方

せっかくフレッシュないちごを味わえるのなら、できるだけ美味しく食べ頃のいちごを摘みたいですね。

一般的に、美味しいいちごは、ヘタ近くまで赤くなっていて表面にツヤがあります。また、つぶつぶのまわりが盛り上がっているのも熟している証です。大きいものに目が行きがちですが、小さくても全体が赤くなっているいちごのほうが甘みや香りが強いです。

また、いちごは先端が甘くなっているのため、食べるときはヘタがついているほうから食べるのがおすすめですよ。



いちご狩りが楽しめるバスツアー

いちご狩り

いちご狩りは、冬から春にかけてバスツアーが多く開催されています。その一例を紹介します。


■東京発

千葉で大人気の地魚寿司&海鮮丼&デザート食べ放題と幻の黒いちご・白いちご・チーバベリー等の食べ比べ&房総いちご狩り30分食べ放題♪はちみつ採取体験や地たまごの詰め放題などイベントてんこ盛り!さらに夕暮れ時の海ほたるも満喫バスツアー!

新鮮なお寿司を心ゆくまで満喫できるランチや養蜂見学、新鮮な地たまご詰め放題などと共にいちご狩りが楽しめるバスツアー。いちご狩りは、南房総の温暖な気候で育った甘いいちごを30分食べ放題! いちごは、章姫・紅ほっぺ・やよい姫から当日一番発育がいいものを農園の方がセレクトしてくれます。

また、幻のプレミアムいちご「黒いちご」「白いちご」「チーバベリー」の食べ比べも楽しめます。


■神奈川発

いちご狩り食べ放題や豪華和牛2種食べ比べ御膳&いちごのデザートプレート付ランチ!さらにコバルトブルーの神秘的な湧水見学&御殿場プレミアムアウトレットも立ち寄る春の訪れを感じる爽やか伊豆散歩日帰りツアー!!

伊豆フルーツパークでいちご狩りができるバスツアー。三嶋大社や明太子の工場見学、アウトレットでショッピングなども楽しめます。松阪牛の釜飯と愛鷹牛の野菜鍋のランチ付きです。

ツアーで食べられるいちごの品種は、紅ほっぺ・章姫・かおり野などから当日一番発育のいいものを園内スタッフが選んでくれます。


■愛知発

南信州であま~いイチゴ狩り食べ放題 標高約1,400m!天空の楽園・ヘブンスそのはら星空ナイトツアー

長野県飯田市にある名勝天竜峡でのいちご狩りが楽しめるバスツアー。雄大な景色を楽しめる天龍峡大橋の散歩や、長野県阿智村にある富士見台高原ロープーウェイ「ヘブンスそのはら」での星空ナイトツアー付きです。


■大阪発

まだまだ楽しめる!なばなの里イルミネーションとベゴニアガーデン&いちご狩り&伊賀牛焼肉ランチのキラキラもりもりバスツアー♪

三重県名張市の青蓮寺湖観光村でいちご食べ放題を満喫できるバスツアー。ランチは生産直売精肉店の伊賀牛を堪能! さらに、なばなの里&ベゴニアガーデンで国内最大級のイルミネーション鑑賞も楽しめます。

いちご狩りができる品種は「章姫」「よつぼし」「紅ほっぺ」「かおり野」が用意され、当日の天候や成育状態によって選ばれます。


■福岡発

土・日・祝日限定!あまーいいちご狩り食べ放題 「黒川温泉」たっぷり約3時間滞在

うきは市の「よかもんいちご」でいちご狩りができるバスツアー。いちご狩りの後は、熊本阿蘇の名湯黒川温泉で約3時間ゆっくりと滞在できます。


いちご狩りができるバスツアーの体験レポートはこちら

果物狩りができるのは、果物ごとに時期限定。気になる方は、ぜひツアーをチェックしてみてください。

※本記事は、2021/03/24に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 5月 6月
    2,400円 2,900円
    2,300円 2,700円
    2,000円 2,100円
    2,000円 3,000円
    1,700円 2,700円
    2,900円 3,000円
    4,700円 6,000円
    東京 → 福岡
    --- 9,000円
    2,600円 2,900円
    3,000円 3,500円
    2,500円 2,700円
    2,000円 2,000円
    2,000円 3,000円
    1,700円 2,700円
    2,900円 3,050円
    4,700円 6,000円
    福岡 → 東京
    --- 9,000円
    3,300円 3,500円
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/10~5/16のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ