東京から広島への行き方を飛行機・新幹線・高速バスで比較! それぞれの料金、所要時間、メリット・デメリットを紹介 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

東京から広島への行き方を飛行機・新幹線・高速バスで比較! それぞれの料金、所要時間、メリット・デメリットを紹介

宮島や原爆ドームといった世界遺産が2つもあり、コンパクトな街並みながら見どころがたくさんの広島。東京から広島に行くとしたら、どんな移動手段があるのでしょうか。今回は飛行機・新幹線・高速バスなど3種の移動手段を比較し、移動時間や価格、乗り換え回数などの情報をお伝えします!

ざっくり、こんな内容

  • 東京から広島へのアクセス方法を紹介
  • 飛行機・新幹線・高速バスの移動時間、乗り換え、料金を比較
  • LCCで松山+フェリーで広島に向かう番外編も!


広島_01.jpg

目次


東京から広島へ飛行機での行き方

■検証ルート:東京駅→広島駅

ルート 移動手段 乗車時間 料金
東京駅→品川駅
品川→羽田空港
電車(JR山手線・京急線) 約40分 460円
羽田空港→広島空港 飛行機(ANA 普通席) 約90分 8,290円
広島空港→広島駅 バス(広島空港リムジンバス) 約45分 1,370円

      

合計飛行・乗車時間:約3時間(予想所要時間:約4時間30分~5時間)
合計運賃:10,120円

※2020年11月調べ

羽田・成田空港から広島空港までの飛行機の最安値比較「格安移動」

飛行機にいったん搭乗してしまえば、移動時間は最短であるのが魅力です。また、羽田空港からはJALやANAといった一般航空会社が、成田空港からはLCCである春秋航空が発着しており、価格や発着地に選択肢があるのもメリットの1つ。

ただし、広島空港は県中央部の山中にあり、広島市中心部まで距離があるのがデメリット。飛行機の搭乗前後で移動もあるので交通トラブルに注意し、余裕を持ったスケジュールを立てておくと良さそうです。

飛行機のメリット
・新幹線と所要時間はほぼ変わらず、料金が半額程度
・早朝出発便やLCCを利用、または早めに予約すればチケットが安価に
・移動時間は最短
・マイルが貯まる、または使える

飛行機のデメリット
・最寄り駅から空港までと、空港から目的地までの移動と料金が発生
・空港での待機時間が発生
・繁忙期や搭乗時間帯によって、値段が大きく変動


東京から広島へ新幹線での行き方

■検証ルート:東京駅→広島駅

移動手段 乗車時間 料金
東京駅→広島駅 新幹線 約4時間15分 18,380円

合計乗車時間:約4時間15分(予想所要時間:約4時間15分)
合計運賃:18,380円(通常期/自由席)

※2020年11月調べ

東京駅から広島駅までの新幹線「格安移動」

料金は高めではあるものの便数が多く、繁忙期でなければ当日でも乗車しやすい新幹線。東京駅から広島駅まで直行できる、利便性の高い移動手段です。デメリットとして、東京駅から広島駅までは約900kmあるため、4時間以上の移動時間がかかるところ。

また、姫路駅から広島駅の往復区間はトンネルが多く、景色を楽しむには不向きです。特に気圧の変化に弱い人は耳に違和感を覚えやすくなるので、注意が必要です。

新幹線のメリット
・広島駅まで乗り換えなしで行ける
・1時間に発着する便が多い(1時間に3~6便/2020年11月の土日)

新幹線のデメリット
・料金が高い
・繁忙期は早めに予約が必要
・移動に時間がかかる


東京から広島へ高速バスでの行き方

■検証ルート:東京駅~広島駅

移動手段 乗車時間 料金
東京駅鍛冶橋駐車場→広島駅 高速バス 約12時間40分 約5,000円

合計乗車時間:約12時間40分(予想所要時間:約12時間40分)
合計運賃:5,000円

※2020年11月調べ

東京駅から広島駅までの高速バス「バス比較なび」

他の移動手段と比べて格安で、現地での滞在時間を有意義に使える高速バス。移動中にしっかり眠れれば、交通費だけではなく宿泊費も浮かせられるでしょう。ただし広島行きの高速バスは乗車時間が長いことから、快適に眠り、くつろぐ為の工夫が必須になりそうです。

高速バスのメリット
・料金が格安
・寝ている間に移動できる
・乗り換えなしで広島駅まで行ける

高速バスのデメリット
・移動時間が長い
・車内で眠れる人向け


東京から広島まで3つのアクセスルートを比較

3つの行き方を比較すると以下のような結果になりました。

飛行機 新幹線 高速バス
所要時間 約4時間30分~ 約4時間15分 約12時間40分
料金 10,120円 18,380円
(通常期)
5,000円
乗換回数 3回 なし なし

※2020年11月調べ

・1番安いのは高速バス!
・所要時間が短く、本数が多く、利便性が高いのは新幹線!
・新幹線とほぼ同じ所要時間で安く行けるのは飛行機!



番外編:LCC+フェリー+JR在来線で広島入り

番外編として広島出身の私が、松山を経由してあちこち観光しながら帰省した1日のルートについてもお伝えしますね。

■検証ルート:東京駅~広島駅(松山経由)

広島までの移動途中で観光も楽しめるのがこちらのルート。
※成田早朝発の便であれば実行可能です

移動手段 乗車時間 料金
東京駅→成田空港 エアポートバス東京・成田 約62分 1,000円
成田空港→松山空港 飛行機(ジェットスター) 約110分 5,350円
松山空港→道後温泉 空港リムジンバス 約40分 620円
道後温泉→松山観光港 リムジンバス 約43分 940円
松山観光港→呉港 スーパージェット(高速船) 約55分 5,650円
呉駅→広島駅 JR快速 約33分 510円

                                 

合計乗車時間:約5時間43分(予想所要時間:観光も込みで10時間00分)
合計運賃:14,070円

※2020年11月調べ

この時私は、松山到着後に道後温泉に浸かり、道後商店街で名産の柑橘デザートを味わい、呉市の大和ミュージアムに立ち寄ってから広島市内の実家に帰省しました。

料金は新幹線未満、飛行機以上ではありますが、あちこち見て回りたい人にはおすすめです。デメリットは、観光地を回りながら高速船の発車時間も気にする必要があるので、スケジュールがタイトになりがちで体力も必要になる点ですね。

メリット
・あちこち観光ができる
・広島に何度か行ったことがある人には、斬新なルート
・様々な乗り物を楽しめる

デメリット
・乗り換えが多く、乗り換えに要する時間もかかる
・移動時間が長い
・高速船の料金が高め

以上、東京駅から広島駅までのアクセスを紹介しました。長距離の移動となりますが、意外とアクセス方法が豊かな広島。目的や予算、体力に合わせて、一番自分に合う移動手段を選んでくださいね。

※本記事は、2020/11/22に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    為平千寿香

    ゲームデザイナー/ライター 女性

    東京在住のゲームデザイナー/ライター。旅好きが高じて、中国に赴任経験あり。国内外のバイクツーリングやジビエ、狩猟がマイブーム。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 12月 1月
    3,400円 6,000円
    3,500円 6,000円
    2,500円 3,300円
    3,300円 3,400円
    3,000円 4,000円
    5,500円 5,500円
    3,500円 8,100円
    9,000円 9,000円
    9,000円 9,000円
    9,000円 9,000円
    3,000円 3,000円
    840円 840円
    1,190円 1,190円
    4,000円 4,000円
    950円 950円
    2,500円 2,500円
    6,300円 6,300円
    2,600円 2,600円
    6,800円 6,800円
    3,700円 3,700円
    その他の路線を見る

    週間ランキング11/23~11/29のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ