飛行機でベビーカーを預けるならカバーは必要? アクセサリーは付けたままでOK? 預ける際の注意点を解説 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

飛行機でベビーカーを預けるならカバーは必要? アクセサリーは付けたままでOK? 預ける際の注意点を解説

赤ちゃん連れで旅行をするとき便利なのがベビーカー。でも、ベビーカーは機内持込可能なのか、預入荷物になるのか疑問ですよね。今回はベビーカー持参で飛行機を利用するときの取り扱いや注意すべき点、活用したいサービスを徹底調査しました。

ざっくり、こんな記事

  • 機内持込可能な航空会社と注意点
  • ベビーカーは無料で預け入れ可能
  • 預けるときは壊れない工夫を!

ベビーカー.jpg


ベビーカーは機内持込可能?

ベビーカーを機内に持ち込むと、搭乗前や降機後すぐにベビーカーが使えたり、他の預入荷物が無ければ目的地の受け取りレーンで待つことなくサッと空港を出られるメリットがあります。

ANA・JALの場合

ANAは所定のサイズ内なら、国際線・国内線ともに機内持込が可能です。JALは国内線のみ機内に持ち込めます。国内線で持込可能なサイズは下記のとおり。専用ケースやカバーに入れた状態でのみ許可されています。

100席以上の飛行機
3辺の和が115cm以内(幅55cm X 高さ40cm X 奥行25cm以内)

100席未満の飛行機
3辺の和が100cm以内(幅45cm X 高さ35cm X 奥行20cm以内)

ただし、機内に持ち込めるのは「3辺の和が100~115cm以内」の荷物の他に、貴重品や身の回り品を入れたハンドバックなどのみ。ベビーカーを持ち込むとオムツやミルクの入ったマザーバッグや自分の旅行用品が入ったスーツケースなど大きな荷物は持ち込めなくなります。

ひとりで赤ちゃんを連れて出かけるときは、ベビーカーの機内持込は諦めた方が無難かもしれません。


LCCの場合

LCC(格安航空会社)のジェットスター・ジャパン、ピーチ、エアアジア・ジャパン、春秋航空日本でも、ベビーカーの機内持込は可能です。

サイズの規定は、どの会社も3辺の合計が115cm以内です。保護カバーやバッグに梱包されている状態で持ち込むようにしてください。

LCCの場合も、ベビーカーを持ち込むと身の回り品以外は持ち込めなくなるので、おとなひとりで赤ちゃん連れの旅行をするときは、預入荷物にする方がオススメです。


搭乗口まではベビーカーの貸出がある場合も

一般航空会社・LCCともに、ベビーカーを機内に持ち込んだとしても座席上部の収納棚に入れるため、機内で使用することはできません。

JALとANAではベビーカーをカウンターで預けた後、搭乗口まで利用できるベビーカーの無料貸出サービスを行なっています。そちらを活用すれば機内に持ち込まなくても移動がスムーズですよ。

ただし、ベビーカーの貸出台数に制限があるので、利用する際は早めに申し込むようにしてください。


ベビーカーを預ける際の注意事項

嬉しいことに、ほとんどの航空会社がベビーカーの預入を無料で受け付けています

JALやANAは専用のビニール袋を用意しているので、ベビーカーに付けている玩具やアクセサリーをはずし、畳んで袋に入れて預けます。LCCでは袋を用意していない会社もあるので、自分でベビーカー用のカバーを持参し、梱包してから預けましょう。

ベビーカー用カバー

※画像をクリックするとAmazonのページに飛びます

その際は玩具やアクセサリーなど壊れやすいものは取り外し、名札をつけておくことをオススメします。目印となる玩具やアクセサリーを取ってしまうと、自分のベビーカーがわからなくなっちゃいますよね。

そんな時に名札があると間違われずに済みます。JALやANAは紙製の名札を用意していますが、LCCの場合は名札の用意がないこともあるので、自分で持っていくようにしましょう。

上でも紹介しましたが、一部の航空会社ではカウンターで自分のベビーカーを預けた後、無料で借りられるベビーカーが用意されていますので、そちらを利用すると搭乗口まで楽に移動できます。事前予約は必要なく、当日その場で借りられます。


ベビーカーは預入荷物にした方がオススメ

おすすめ.png

小さな子どもと一緒に旅行をするとき、ベビーカーは預入手荷物として預けた方が便利です。

無料でベビーカーを借りられる場合はカウンターで預けた後、それを利用するのが良いでしょう。またANAやJALでは預けたベビーカーを到着地で優先的に返却してくれるサービスもあります。

航空会社によっては子ども向けの様々なサービスが用意されています。荷物が多くなりがちな子ども連れの旅。賢く利用して家族で楽しい旅にしてくださいね。


※本記事は、2020/05/27に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    さとちん

    フリーライター・ブロガー 女性

    出産後、子育て情報誌の編集部に9年勤め、退職後はフリーライターとして旅とグルメのジャンルを中心に取材とライティングに励む。子育てが落ち着いた5年前から一人旅に目覚め、時間を見つけては国内各地を旅行。47都道府県の制覇が目標で、2017年9月頭現在、残り13県となりました。高速バスや電車代がお得になるチケット情報に目がなく、それらを活用しながら効率よく旅することを得意としています。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 7月 8月
    2,200円 3,500円
    2,200円 3,700円
    1,800円 2,400円
    2,000円 3,150円
    2,100円 2,890円
    2,300円 3,950円
    5,000円 7,000円
    10,500円 8,800円
    2,100円 3,600円
    3,400円 5,000円
    2,100円 3,600円
    1,800円 2,400円
    2,000円 2,880円
    2,100円 3,000円
    2,300円 3,950円
    5,000円 7,000円
    9,600円 8,800円
    3,700円 5,000円
    その他の路線を見る

    週間ランキング6/22~6/28のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ