国内線を運航するLCCは4社 一般航空会社とLCCは何が違う? | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

サービス充実の一般航空会社と格安運賃が嬉しいLCC、どちらを選ぶ? LCCのメリット・デメリットを解説

JALやANA、スカイマークなどの一般航空会社と、ジェットスターやピーチといったLCCには、運賃やサービスに様々な違いがあります。今回は両社の違いと、LCCのメリットやデメリットについて紹介します。

LCC・航空会社の違い.jpg


一般航空会社とLCCの違いは?

一般航空会社とは、運賃にサービス料を含む従来の航空会社のことを言います。座席指定や受託手荷物、機内持ち込み手荷物などは規定内であれば追加料金が必要ありません。機内でも毛布やドリンクの提供があるなどサービスが充実しています。

一方、LCCとはLow Cost Carrier(ローコストキャリア)の略で、機内サービスの簡略化や人件費の削減、機材の運用効率を上げることで、運賃を抑えた格安航空会社のことを言います。国内線を就航するLCC は、以下の4社です。

・ジェットスター
・ピーチ・アビエーション
・エアアジア・ジャパン
・春秋航空日本

ここでざっくり、一般航空会社とLCCの違いを表にしてみました。

※一般航空会社はJALの特割、LCCはピーチ最安のシンプルピーチプランで比較
※運賃は7月の平日に東京から札幌まで移動すると仮定。JALは羽田発、ピーチは成田発

東京から北海道までの飛行機 LCCの最安値比較「格安移動」

一般航空会社 LCC
運賃 13,420円 7,420円
受託手荷物 20kgまで無料 20kgまで1,700円
座席指定 無料 490円~
フライト変更 不可 3,300円
取り消し 出発前までなら格安で可 不可
シートピッチ 約79cm 約74cm
ドリンクサービス 無料 200円~
(機内販売)

※2020年5月7日調べ

比較してみるとLCCは格安ではあるものの、多くのサービスが有料であることがわかるでしょうか。それではLCC搭乗の際のメリット、デメリットを説明します。

LCCのメリット・デメリット

LCCのメリットは、格安の運賃です。一般航空会社と比較して、LCCの運賃は半額程度になることもあります。また、各LCCのセールを狙えばもっと格安に国内移動ができることもあるので、こまめにチェックするのがおすすめです。

LCCのデメリットは、主に3点あります。
まず、機内持ち込み手荷物の制限が厳しい点です。ピーチを例に挙げると、同社の機内持ち込み手荷物は3辺の合計が115cm以内で2個まで、重量は2個の合計が7kgまでとなっています。

次に、一般航空会社では無料であるサービスが、LCCではほぼ有料となる点です。LCC各社最安のプランでは受託手荷物は有料、座席は航空会社におまかせすれば無料ですが、指定したい場合は有料です。また、座席数を増やして多くの乗客を運んでいるLCCは、シートピッチが狭めで、足元に余裕がある席を予約したい場合も有料となります。機内でのスナックや飲み物も、CAから購入する必要があります。

さらに、空港使用料を抑えるため、地域によってはLCCの発着空港が都市部から離れている点もデメリットです。成田空港や茨城空港、関西空港からLCCを利用する際には、自宅から空港までの移動時間や料金も考える必要があります。

以上、一般航空会社とLCCの違いやメリット、デメリットについて説明しました。これらの違いを知った上で、うまく利用してくださいね!



交通機関(高速バス・飛行機 LCC・新幹線 電車)の最安値運賃を検索・比較できる「格安移動」では、LCCを含む航空券をラクラク検索・料金比較可能!

便別の運賃もわかる!
便別の運賃もわかる!
さらに、旅行会社6社との料金比較も可能!
さらに、旅行会社6社との料金比較も可能!


※本記事は、2020/05/10に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    為平千寿香

    ゲームデザイナー/ライター 女性

    東京在住のゲームデザイナー/ライター。旅好きが高じて、中国に赴任経験あり。国内外のバイクツーリングやジビエ、狩猟がマイブーム。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 5月 6月
    6,000円 2,200円
    6,000円 2,200円
    4,000円 2,000円
    4,700円 2,200円
    東京 → 新潟
    --- 2,600円
    5,500円 2,700円
    7,500円 4,500円
    東京 → 福岡
    --- 9,100円
    5,000円 2,300円
    6,350円 3,800円
    5,200円 2,300円
    4,100円 2,000円
    4,700円 2,300円
    4,200円 2,600円
    6,000円 2,700円
    7,500円 4,500円
    福岡 → 東京
    --- 9,100円
    6,350円 3,800円
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/18~5/24のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ