出張やレジャーなどでリピートする人は利用する価値あり! LCCピーチの「ピーチポイント」とは? 利用方法とメリットを紹介 | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

出張やレジャーなどでリピートする人は利用する価値あり! LCCピーチの「ピーチポイント」とは? 利用方法とメリットを紹介

LCC(格安航空会社)「ピーチ」では、キャンセル時に“ピーチポイント”で払い戻しがされます。ピーチポイントは航空券の運賃やオプション料金、それらに付随する税金や手数料の支払いに使えます。払い戻しで付与される以外に自分で購入することも可能です。ピーチポイントの利用方法やメリットをまとめました。


ピーチポイント.jpg


ピーチポイントとは?

ポイントと聞くと、購入金額や予約金額に応じて貯まるものをイメージするかもしれませんが、ピーチポイントは利用金額に応じて貯まるというものではありません。ではどのようにしてポイントを受け取るかというと、主に航空券のキャンセルの際に現金ではなくピーチポイントで払い戻しがされます。

その他に、自分で購入したり、ピーチのキャンペーンなどで手に入れられます。ギフトとしてWebサイトから第三者にポイントをプレゼントすることも可能です。

ピーチポイントの受け取りはメール。ギフトならプレゼントする方のメールアドレス、それ以外は登録しているメールアドレスにピーチポイント番号などが記載されたメールが届きます。

■ピーチポイントの購入方法

ピーチポイントはPeach WEBサイトで、3,000円、4,000円、5,000円、10,000円、15,000円、20,000円、25,000円の単位で購入できます。

支払い方法はクレジットカード、コンビニ払い、インターネットバンキング、ペイジーのいずれかです。手数料などはかかりません。ペイジーのみ金融機関によって振込手数料や時間外手数料がかかる場合があります。

ピーチポイントの利用方法

ピーチポイントは、Peach WEBサイト、空港Peachカウンター、コンタクトセンターにて、航空券の運賃、受託手荷物料金、座席指定料金、座席オプション、航空券の予約に付随する税金や手数料などに利用できます。セールでも利用可能。現金への交換はできません。

対象となるのは航空券に関する料金で、ホテルやレンタカーの予約などは対象外です。また、航空券購入時にPeach旅行保険を申し込む場合は、どの購入方法でもピーチポイントでの決済はできないので注意してください。

決済は航空券の購入時に付与されたピーチポイント番号を使用して行います。購入や払い戻しの手続き毎にポイント及びピーチポイント番号が発行されます。なので複数の番号を所持することもあります。ポイントの合算はされませんがピーチポイント番号がいくつかある場合は同時に利用ができます。

ピーチポイントを利用できるのは、ピーチポイント購入者やギフトとして受け取った人のみなので注意! ポイントが付与された後に誰かにあげることはできず、搭乗者にピーチポイントを持つ名義人が含まれていないと、ピーチポイントは利用できません。

■他の支払い方法との併用はできる?

支払金額の一部にピーチポイントを利用してから、残りをクレジットカードで決済することも可能です。ただし、クレジットカード以外の支払い方法とは併用できません。また、空港カウンターではクレジットカードとの併用もできません。支払い手数料はクレジットカード払いの料金(600円)が適用されます。

■有効期限

ピーチポイントの有効期限はポイント発行日から起算して180日間です。搭乗日ではなく決済日が180日以内であればOK。有効期限内であれば、ピーチポイントが支払金額より安い場合、差額は繰り越されます。

ピーチポイント利用時の注意点まとめ

・航空券に関する料金の支払いで利用可能(ホテルやレンタカーの予約は不可)
・Peach旅行保険を一緒に申し込む場合は、ピーチポイントを利用できない
・現金への換金は不可
・ピーチポイントが付与された後、第三者へ譲渡はできない
・搭乗者にピーチポイントを持つ名義人が含まれていないと利用できない
・ピーチポイントと併用し支払えるのはクレジットカード払いのみ


ピーチポイントのメリット

ピーチポイントはマイルのように飛行機の利用に応じて貯まるわけではなく、払い戻し時の現金の代わりに付与されたり自分で購入したりするポイントで、一見あまりメリットを感じられないのですが、航空券購入時の支払い手数料が安いというメリットがあります。

Peach WEBサイトで予約の場合、クレジットカード・Airpay・d払いなどでの決済は600円、コンビニ・ATM・ネットバンキング決済は670円の手数料がかかりますが、ピーチポイントでの決済の場合は210円(ポイント)。ピーチポイントの購入には手数料などはかかりません(ペイジーのみ金融機関により振込手数料がかかる場合あり)ので、400円以上手数料がお得になります。

また、コンタクトセンターや空港カウンターで航空券などを購入する場合は、利用できる決済方法はクレジットカードかピーチポイントのみです。銀行振込やコンビニ払いができないので、クレジットカードを持っていない人はコンタクトセンターや空港カウンターでの決済ができませんが、ピーチポイントを事前に購入しておくことで決済が可能になります。

ちなみに、航空券を購入済みで、当日空港カウンターで受託手荷のサービスやその他のオプションを追加したいという場合にも、ピーチポイントで支払い可能です。


まとめ

ピーチポイントって何だろう?と思っていました。購入手続きは簡単で支払い手数料が安くなるのがいいですね。

ピーチは大阪~九州、大阪~沖縄、東京~九州、東京~沖縄などの路線を中心に展開しています。購入したピーチポイントを1回でぴったり使いきるのは難しそうですし、クレジットカードと併用すると手数料は安くならないのが残念ですが、出張やレジャーなどでリピートする人はピーチポイントを購入しておくと便利でお得です。

※本記事は、2020/04/22に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 10月 11月
    3,200円 3,500円
    3,000円 3,000円
    2,000円 2,000円
    2,000円 2,000円
    1,700円 1,800円
    2,300円 2,500円
    4,800円 5,900円
    13,000円 10,000円
    3,200円 3,800円
    2,800円 2,900円
    2,500円 3,000円
    2,000円 2,000円
    2,000円 2,000円
    1,700円 2,300円
    2,300円 2,500円
    4,800円 5,900円
    13,000円 9,800円
    2,700円 3,000円
    その他の路線を見る

    週間ランキング10/11~10/17のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ