京成バスが東京の都心と臨海地域を結ぶ「東京BRT」のプレ運行を開始 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

ニュース

京成バスが東京の都心と臨海地域を結ぶ「東京BRT」のプレ運行を開始

京成バスは、2020年5月24日(日)から東京の都心と臨海地域を結ぶ「東京BRT」のプレ運行(一次)を開始する。

本格運行は環状第2号線本線トンネル開通(2022年度予定)後を予定しており、停留所10カ所となる予定。今回の一次プレ運行では、虎ノ門ヒルズ、新橋、晴海BRTターミナル、勝どきBRTの4カ所に停車する。運行頻度は日中1時間に4便、ピーク時は1時間に6便。運賃は220円だ。

新橋停留施設完成イメージ図
新橋停留施設完成イメージ図
単車車両
単車車両
連節車両
連節車両


【京成バス「東京BRTプレ運行」】の詳細

運行開始日

2020年5月24日(日)

運行経路

虎ノ門ヒルズ~新橋~勝どきBRT~晴海BRTターミナル
新橋~勝どきBRT~晴海BRTターミナル

運行スケジュール

時間:6時台~22時台
頻度:日中4便/時、ピーク時6便/時

運賃

220円(現金・IC同額、小児等半額)。他、BRT専用定期券の発行等を予定
※前乗り先払い

使用車両

単車車両8両(燃料電池バス5両、ディーゼルバス3両)
連節車両1両(ディーゼルハイブリットバス、7月頃の使用開始を予定)

ニュースソース

TOKYO BRT


※本記事は、2020/02/18に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 3月 4月
    590円 590円
    470円 470円
    1,500円 1,500円
    1,500円 1,500円
    1,500円 1,500円
    1,510円 1,450円
    2,000円 1,820円
    4,000円 3,000円
    2,350円 2,000円
    2,500円 2,500円
    2,000円 2,300円
    2,000円 1,690円
    1,400円 1,400円
    1,300円 1,300円
    730円 730円
    1,350円 1,050円
    1,200円 1,200円
    1,500円 1,500円
    1,300円 1,300円
    1,600円 1,000円
    1,700円 1,800円
    2,000円 1,800円
    3,180円 3,050円
    2,000円 1,800円
    1,500円 1,500円
    3,500円 2,500円
    4,500円 3,000円
    2,600円 2,600円
    3,200円 3,500円
    3,200円 3,000円
    5,000円 5,000円
    6,000円 6,000円
    6,000円 6,000円
    7,500円 7,500円
    7,040円 4,900円
    7,040円 5,600円
    7,040円 5,900円
    6,000円 5,600円
    7,900円 7,900円
    9,800円 9,800円
    その他の路線を見る

    週間ランキング3/16~3/22のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ