1位は『新たな豪華バスが登場! 西鉄のバスツアー「GRANDAYS」の車両紹介』バスとりっぷ週間記事ランキング 1/23~1/29 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

トピックス

1位は『新たな豪華バスが登場! 西鉄のバスツアー「GRANDAYS」の車両紹介』バスとりっぷ週間記事ランキング 1/23~1/29

高速バス・夜行バスに関する記事の週間ランキング! 1位は『新たな豪華バスが登場! ホテルのようにくつろげる上質な空間。西鉄の新バスツアーブランド「GRANDAYS」専用車を紹介!』でした。 ※2020年1月23日~1月29日公開記事が対象。順位は2020年1月31日現在。


1位 新たな豪華バスが登場! ホテルのようにくつろげる上質な空間。西鉄の新バスツアーブランド「GRANDAYS」専用車を紹介!

1位.jpg

2019(令和元)年10月に運行を開始した西日本鉄道(西鉄)の新バスツアーブランド「GRANDAYS」専用車を見てきました。気品のある外観に、地元福岡県の大川家具とドイツ製本革シートを取り入れた内装は、「走るホテル」にふさわしい豪華ラグジュアリーバス。その外観、内装、シートなどを詳しくご紹介!


2位 「キング・オブ・夜行バス」の2種類のシートを比較! 西鉄バス「はかた号」(福岡・北九州~新宿)の車両・シート・設備を解説

2位.jpg

福岡・北九州と東京(新宿)を結ぶ西日本鉄道(西鉄バス)の夜行高速バス「はかた号」。「キング・オブ・夜行バス」として知られる「はかた号」には、「ビジネスシート(3列独立シート)」「プレミアムシート(2列個室タイプ)」の2つのシートがあります。それぞれのシートの仕様や座り心地を比較します。


3位 3列シートで京都~長野間最安5,700円! アルピコ交通「アルペン長野号」昼行便高速バスで景色を眺めながらの「ひるバス」の旅

3位.jpg

長野と京都・大阪を結ぶアルピコ交通の高速バス「アルペン長野号」昼行便に乗って、景色を眺めながら昼のバスを楽しむ「ひるバス」の旅に出かけました。ゆったりのんびりと、景色を見ながら長野~京都・大阪間を移動できる高速バスの旅をご紹介します。


4位 イベントの遠征にも便利! 和歌山・大阪と横浜・東京・TDR・海浜幕張間を結ぶ「サウスウェーブ号」の快適3列独立シートで移動

4位.jpg

和歌山バスの「サウスウェーブ号」は、和歌山市と千葉県の海浜幕張間の約673kmを11時間15分程度で結びます。今回は南海和歌山市駅と京成上野駅の間を乗車しましたので、同便の車内設備などを詳しくレポートしていきます!


5位 【四国高速バス】4列・3列独立シートの高速バス車両を路線別に比較! 設備・サービスに違いはある?

5位.jpg

香川県の高松・坂出・丸亀を起点に関東・東海・関西・四国・九州方面へ高速バスを運行する四国高速バス。同社で運行する車両は、運行路線や便によって「4列シート」「3列独立シート」の2つのシートがあります。今回はそれぞれのシートの仕様や座り心地を比較。対象路線や車内の設備なども紹介します。


6位 JR四国バスの高速バス「ドリーム松山号(松山~東京・TDL)」が3/1で運行休止

JR四国バスは、松山と東京・TDLを結ぶ高速バス「ドリーム松山号」の運行を休止する。最終運行日は、上り(松山発)が2020年2月29日(土)発、下り(東京発)が3月1日(日)発。「ドリーム松山号」は1990年5月から運行を開始した。現在は1日1往復、トイレ付きの3列独立シート車両で運行している。


7位 和歌山バスの夜行バス「サウスウェーブ号」のプレミアムシートと3列独立シートを比較! 座席指定すべきシートも紹介

7位.jpg

和歌山バスの夜行バス「サウスウェーブ号」。座席配置はバス前方から後方に向かってプレミアムシートが2席、3列独立シートが17席で、最後列のみシートが4席となっています。今回は同バスのプレミアムシートと3列独立シートの違いや、車両設備について解説していきます。


8位 日産スタジアムや横浜アリーナの最寄り駅、新横浜駅周辺の高速バス乗り場をガイド! コインロッカーなど周辺施設も紹介

8位.jpg

「日産スタジアム」と「横浜アリーナ」の最寄り駅である新横浜駅。関西方面から高速バスでアクセスできて新幹線やJR在来線も発着するので、コンサートやイベントの遠征で利用する人も多い駅です。今回は新横浜駅周辺の高速バスのバス停やコンビニ、コインロッカーなどの周辺情報を紹介します。


9位 【1/31発行 年鑑バスラマ2019→2020】バス事情のハイライト! ニューフェイスやトピックス、国内外のバスカタログを掲載

9位.jpg

2020年1月31日(金)発行の「年鑑バスラマ2019→2020」では、1年間の国内バスのニューフェイスやトピックスをアルバム形式でご紹介。また、海外バス情報や最新バス機器・用品ガイド、日本の電気バスの歴史なども掲載している。

※本記事は、2020/02/01に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 最新情報は、Twitter、facebook、LINE@でも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 2月 3月
    3,600円 3,400円
    4,000円 3,400円
    2,000円 2,200円
    2,500円 2,500円
    2,300円 2,900円
    3,250円 4,200円
    5,500円 6,000円
    9,000円 9,600円
    3,100円 3,400円
    3,800円 5,200円
    3,900円 3,400円
    2,000円 2,200円
    2,400円 2,500円
    2,500円 2,900円
    3,250円 4,200円
    6,700円 7,000円
    9,500円 9,600円
    3,800円 5,200円
    その他の路線を見る

    週間ランキング2/10~2/16のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ