【東北・北海道新幹線編】新幹線のチケット予約が割引・格安になる方法8つ | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

【東北・北海道新幹線編】新幹線のチケット予約が割引・格安になる方法8つ

多くの人は新幹線のチケット購入時に駅の窓口や券売機を利用しているのではないでしょうか。しかし、インターネット予約や旅行会社のホテルとのセットプランなど、事前にチケットを予約することで新幹線に格安・割引で乗車する方法は少なくありません。今回は東北・北海道新幹線をお得に利用する方法を紹介!

東北新幹線.jpg


東北・北海道新幹線の割引方法8選

東北新幹線や北海道新幹線の通常料金の目安は以下の通り。

移動区間 普通車指定席の料金
東京~仙台 11,410円
東京~新函館北斗 23,430円

※通常期の料金。閑散期は-200円、繁忙期は+200円

しかし、次のような様々な割引を使うと、季節によっては最大でなんと半額になることもあります。次章でそれぞれの割引について解説していきます。

割引 利用可能な新幹線(区間)
1:「新幹線eチケットサービス」での事前予約 JR東日本の管轄区間の新幹線
2:新幹線W(ダブル)きっぷ(2枚つづり) JR東日本の管轄区間の新幹線
3:回数券 JR東日本の管轄区間の新幹線
4:新幹線ホテルパックプラン 旅行会社による
5:往復割引 片道601km以上の区間
6:学生割引 片道101km以上の区間
7:株主優待券 JR東日本の管轄区間
8:金券ショップ 店舗による


ちなみに安さを最優先したいときは、高速バスという移動手段もあります。高速バスは安いだけでなく、寝ている間に移動できるという利点もあります。

移動区間 最安値(2020年2月)
東京~仙台 2,120円
東京~福島 2,600円
東京~青森 3,400円

また時期や出発時間によって大きく料金は変わりますが、羽田空港~函館空港間の飛行機は最安おおよそ13,290円~と安いです。

※バス比較なび・格安移動、2020年2月調べ


北海道・東北方面の高速バス・夜行バス、飛行機



1:えきねっとトクだ値(「新幹線eチケットサービス」での事前予約)

JR東日本の指定券予約や旅の情報検索や新幹線チケットの予約購入ができる「えきねっと」。チケットレスサービス「新幹線eチケットサービス」を利用すると、通常よりお得な料金で新幹線チケットを予約・購入ができます。

例えば、東北新幹線なら、通常最大15%割引。乗車日の13日前の午前1時40分までの申込みで適用される「お先にトクだ値」ならさらに割引率が高く最大35%割引になります。

また、時期によっては、乗車日20日前の午前1時40分までの申込みで運賃・料金が約50%割引になる「お先にトクだ値スペシャル」を利用できることもあります。

※2020年3月の「新幹線eチケットサービス」開始に伴い、「お先にトクだ値」は「新幹線eチケットサービス」利用時のみの適用に変更となりました

※いずれも一部列車を除く。対象路線や席数に限りあり


■東京から仙台や函館に移動する場合には、こんなにお得!

東京~仙台(片道の「乗車券+指定席特急券」)の料金
通常 11,410円
トクだ値 9,420円(約15%割引)
お先にトクだ値 7,200円(約35%割引)
お先にトクだ値スペシャル 5,540円(約50%割引)
東京~新函館北斗(片道の「乗車券+指定席特急券」)の料金
通常 23,430円
トクだ値 22,250円(5%割引)
お先にトクだ値 17,560円(25%割引)
お先にトクだ値スペシャル 11,710円(50%割引)

※すべて通常期の料金

「トクだ値」の各種割引を受けるには、「えきねっと」での会員登録後に、サイト内からチケットレスで新幹線に乗れる「新幹線eチケットサービス」で予約するだけです。利用路線の選択画面に対象路線があるときは「トクだ値」のマークが出ています。

えきねっとの会員登録自体は無料です。サイト内から座席指定ができたり、予約後もサイト内で乗車日や座席の変更ができたり(一部条件あり)ととても便利。また、予約ごとにポイントが貯まる、駅レンタカーの割引が受けられるなどの特典もあります。未登録の人は登録しておいて損はないサービスです!


2:新幹線Wきっぷ(2枚つづり)

東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線の普通車自由席が利用できる2枚つづりの回数券。往復利用だけでなく、グループでの片道利用もできます。有効期間は1カ月間あるので用途に合わせて使い分けできるのも便利。ただし、東京~東北間のきっぷはなく、東北圏内間のきっぷがほとんどです。東京から出向き、東北圏内で2~3カ所立ち寄りたいときなどに利用するといいかもしれませんね。

購入はJR東日本の主な駅のみどりの窓口、びゅうプラザおよび主な旅行会社へ(一部取扱いしていない箇所もあります)。

■郡山から仙台へ移動する場合には、こんなにお得!

仙台~郡山(「乗車券+自由席特急券」)の料金
通常 片道4,950円
新幹線Wきっぷ(2枚つづり) 7,940円(1枚あたり3,970円)

※通常期の料金

JR東日本 新幹線Wきっぷ(2枚つづり)



3:回数券

新幹線の乗車券と指定席特急券がセットになった6枚つづりの回数券もお得です。有効期限は3カ月。往復利用はもちろん、家族・グループ旅行におすすめです。座席予約もできるので安心。

購入はJR東日本およびJR北海道の主な駅のみどりの窓口、びゅうプラザ、提携販売センターおよび主な旅行会社へ(一部取扱いしていない箇所もあります)。4/27~5/6、8/10~19、12/28~1/6の期間は利用できないので注意。

■東京~仙台間を移動する場合は、こんなにお得!

東京~仙台(「乗車券+指定席特急券」の価格)
通常 片道11,410円
回数券(6枚つづり) 65,700円(1枚あたり10,950円)

※通常期の料金

JR東日本 新幹線回数券(普通車)(6枚つづり)



4:新幹線ホテルパックプラン

新幹線とホテルがセットになったプランを利用すれば、トータルの旅費をお得にできます。プランは旅行会社によってさまざまですが、全国の主要都市なら、必ずといってよいほどパックプランで宿泊できるホテルがあります。1泊2日で5,000円〜10,000円ほど安くなるパックが多いようです。

詳しい予約方法や割引シミュレーションはこちらの記事も参考にしてみてください。


5:往復割引

新幹線で片道601km以上移動するなら、往復チケットの購入がおすすめ。行きと帰りでそれぞれ運賃が10%お得になる往復割引が適用されます。ただし、通常運賃のみの割引で、新幹線の特急料金には適用されませんのでご注意ください。

■東京~新函館北斗間を移動する場合は、こんなにお得!

例えば東京~新函館北斗間は862.5kmなので、往復割引が適用され、乗車券は運賃24,200円(往復)が、21,780円になります。これに特急料金の22,660円(指定席/往復)がかかります。

東京~新函館北斗間(往復の「乗車券+指定席特急券」)の料金
通常 46,860円
往復割引 44,440円

※通常期の料金

JR東日本 往復割引乗車券

6:学生割引

中学・高校・大学・専修・各種学校に通う学生・生徒は、利用区間が片道101km以上で運賃が20%引きとなります。ただし、特急料金には適用されないため、新幹線を利用する場合の実質的な割引率は12〜13%程度です。

特急券を学生割引で購入するためには、学校に「学生・生徒旅客運賃割引証(通称:学割証)」を発行してもらわなくてはいけません。発行してもらった学割証に必要事項を記入したうえで、駅窓口や旅行会社に提出してください。

学割証の提示が必要なため、学生割引で乗車券や特急券を購入する際は、必ず駅の窓口か旅行会社に出向かなければいけません。つまり、インターネットでの購入はできないということです。

片道601km以上かつ往復で利用する場合は、往復割引と併用できるのでさらにお得になります。

JR東日本 学生割引乗車券

7:株主優待券

JR東日本の株主優待券を持っている場合は、管轄区間内の乗車券・特急券を割引で利用できます。割引券1枚の利用で20%割引になります。2枚まで同時に利用でき、その場合は40%の割引が可能です。

JR東日本 株主優待割引券

8:金券ショップ

鉄道会社の回数券が金券ショップに出回っていることがあります。お店にもよりますが、新幹線の回数券などは、おおむね5〜7%ほど安く売られているようです。


まとめ

通常料金よりお得に東北・北海道新幹線を利用する方法は、思ったよりも多くありました。また、えきねっとトクだ値やホテルパックプランなどは大幅に安くなることもあり、目的に合うようであれば利用しない手はないでしょう。


もっと安く移動したいなら高速バスがダンゼンおすすめ!

とにかく安い交通手段を探している方は、高速バスの利用を検討してみるのもいいでしょう。曜日や時期、バスのグレードによって料金は異なりますが、おおむね新幹線よりもリーズナブルに移動できます。寝ている間に移動できる夜行バスもあるので便利ですよ。

移動区間 最安値(2020年2月)
東京~仙台 2,000円
東京~福島 2,200円
東京~青森 3,600円

※バス比較なび2020年2月調べ

函館へはLCCを利用するのも安く移動する方法です。ただし料金は時期や出発時間によって大きく変わることや、空港から駅までの移動の料金も発生することも忘れずに。えきねっとの割引が適用されれば、新幹線でもかなり割引になるので、よく比較して予約しましょう。

また、高速バスor新幹線で青森(もしくは新青森)へ行きフェリーで函館に行く方法は、移動中も旅を楽しみたいという人には人気ですよ。

東京~函館間(片道)
移動手段 料金(2020年2月)
LCC 13,290円~25,390円
高速バス(東京~青森)+フェリー 3,600円+2,460円=6,060円
新幹線(東京~新青森/通常期の割引なし料金)
+フェリー
17,670円+2,460円=20,130円
新幹線(東京~新青森/通常期のお先にトクだ値)
+フェリー
13,090円+2,460円=15,550円

※格安移動・バス比較なび・えきねっと2020年2月調べ

北海道・東北方面の高速バス・夜行バス、飛行機


※本記事は、2020/02/16に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 3月 4月
    250円 250円
    2,780円 2,780円
    3,350円 3,510円
    880円 880円
    その他の路線を見る

    週間ランキング3/16~3/22のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ